住宅選びと点検口

住宅購入・建築の基礎知識


HOME >> 住宅購入の基礎知識 >> 住宅選びと点検口

住宅選びと点検口

Last Updated on 2021-9-16

住宅を購入したり、新築したりするときに、買主が必ず確認しておくべき大事なチェックポイントの1つが点検口です。購入するときにも、将来のメンテナンスのときにも大変重要な役割を果たす点検口について解説するので、購入する前に理解しておきましょう。

点検口

契約する前に点検口の有無をチェック

新築住宅でも中古住宅でも、住宅の見学をする際に必ず確認して欲しいのは点検口の有無です。点検口は、その名の通り「点検」が主な目的です。

住宅に何か問題が生じたとき、例えば水漏れや雨漏り、建物の傾きなどがあれば、点検口から床下や屋根裏の状態を確認しなければなりません。

床下や屋根裏に異常を感じた際に点検できる住宅とできない住宅、どちらが良いかは明白ですね。

対象物件が新築で建物が完成している建売住宅であれば、物件見学時に点検口の有無を見て確認することができます。これは中古住宅でも同じことですね。

屋根裏の点検口

屋根裏を確認するための点検口なら、クローゼットや押し入れといった収納の天井に設置されていることが多いですが、物件によっては廊下や居室の天井に設置されていることもあります。各スペースで天井を観察して点検口の有無を確認しましょう。

築年数が古い中古住宅の場合、点検口としては設けていないものの、収納内の天井板を手で押すと横へずらすことができて、そこから屋根裏を点検口できることもあります。押し入れの天袋の天井から確認できることもありますが、体の入れ方が難しくて大変なときもあります。

中古住宅で売主の荷物がたくさんあるときには、点検口があっても開閉したり、覗き込んだりすることが難しいこともあります。そのときは、購入後のできる限り早いタイミングで確認するようにしましょう。

床下の点検口

床下の点検口は、洗面室にあることが多いですが、物件によってはクローゼットなどの収納の床に設置されていることもあります。また、キッチンなどに床下収納庫がある場合は、その収納が点検口を兼ねていることが多いです。

床下収納の蓋をあけて、その内部の収納ボックスを取り外すと床下を点検できるわけです。対象物件が中古住宅で荷物がある場合は、売主の了解を得てから収納ボックスを外して確認するとよいでしょう。

不動産会社に聞く

点検口の有無は現地で目視確認するか、図面で確認する方法があります。新築住宅なら、平面図に点検口の位置が記載されていることが多いですが、販売資料になっている簡易な間取り図には記載されていないことが多いです。

中古住宅なら、資料で点検口の有無や位置を確認できないことは非常に多いです。

そこで、現地や図面から点検口の有無を確認できない場合には、売主や仲介業者(不動産会社)に質問すると良いでしょう。そして、実際に説明を受けたとおり、現地に点検口があるか確認してください。

中古住宅の点検口

中古住宅の場合、建物の築年数が古い家ほど点検口がない確率が高いようです。

しかし、無いと思っていたのに、実は気付かないところにあったというケースや、1階の和室の畳下の板をはずして確認できることもあります。売主から無いと聞いていたのに、住宅診断(ホームインスペクション)をしていると、点検できる箇所が見つかることもあるのです。

点検口からの床下

点検口の無い住宅に要注意

全ての住宅には当然に点検口があるものだと思われている人もいますが、現実はそうではありません。点検口のない住宅は存在していますし、新築住宅でも点検口がない住宅はあります。

冒頭で記載したように、点検口は住宅のメンテナンスや点検のために設けられるものですから、これがないということは、大事なところを点検しづらい家だということになります。

たとえば、新築住宅でありながら、点検口がないようであれば、そこに住む人への配慮の足りない住宅と言えます。

配慮不足の設計者や分譲業者が建てた家となれば、それを購入するべきかどうか、少し慎重に検討した方が良いと言えそうです。

住宅診断(ホームインスペクション)で点検口の内部を確認

点検口は、もしもの際の対応に必要なものであり、常日頃から住宅の点検をする際にも必要なものです。第三者に住宅診断(ホームインスペクション)を依頼したとき、点検口があれば、そこから床下や屋根裏の状態を確認してもらえます。

すぐに確認できないリスク

以前に、雨漏りが疑われるので屋根裏を確認したいが、点検口がないので天井の一部を解体しないといけないことがありました。費用もかかることなので、見積りをとって予算を検討しているうちに台風が来てしまい、雨漏り被害が拡大してしまったことがありました。

やはり点検口は大事ですね。

構造体や断熱材も確認できる

点検口があれば、そこから床下や屋根裏を確認することで、土台・大引きなどの床組みや柱・梁などの小屋組みを確認することができます。これらは建物の主要な構造部分であり、確認しておきたい大事な構造体です。

また、断熱材を確認することもできます。住宅の床下や屋根裏には、断熱材が施工されており(古い住宅を除く)、その施工状態や劣化状態を確認することは、その住宅の断熱性・エネルギー効率や生活するうえでの快適さをチェックすることと同じです。

屋根裏で雨漏りを確認したり、床下で漏水を確認したりすることもできますが、上のようなメリットもあるので、点検口の重要性がわかるでしょう。

新築住宅であっても、中古住宅であっても、必ず点検口の有無を確認し、実際に異常がないかチェックしておきましょう。購入前に確認することをお勧めしますが、購入済みの人なら、できるだけ早めに確認するとよいでしょう。

住宅購入で失敗・後悔しないために

Tags:

アネスト
会社概要
お問い合わせ


住宅購入の基礎知識

ホームインスペクション(住宅診断)対応エリア

  • お問い合わせ
  • お申し込み
  • 会社概要
メディア出演・実績
メディア出演・実績
出版実績
出版実績
求人情報求人情報
株式会社アネストブレーントラスト
  • 0120-346-679
  • 営業時間
  • アフターサービスのご案内
  • お問い合わせ
  • お申し込み
ホームインスペクション(住宅診断)株式会社アネストブレーントラスト
お問合せ・申し込み