サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 住宅選びと点検口

住宅選びと点検口


新築住宅でも中古住宅でも、住宅の見学をする際に必ず確認して欲しいのは点検口の有無です。
点検口は、その名の通り「点検」が主な目的です。

住宅に何か問題が生じたとき、例えば水漏れや雨漏り、建物の傾きなどがあれば、
点検口から床下や屋根裏の状態を確認しなければなりません。

床下や屋根裏に異常を感じた際に点検できる住宅とできない住宅、、、

どちらが良いかは明白ですね。

点検口

新築住宅の場合で建物が既に完成している(つまり建売住宅)であれば、
物件見学時に点検口の有無を確認することができます。中古住宅でも同じですね。

屋根裏であれば、押入れ等の収納の天井に点検口があることが多いですが、
廊下などにあることもあります。点検口としてはないが、収納の天井板が
簡単にはずれて屋根裏を確認できることもあります。

床下であれば、洗面室にあることも多いですが、場所はいろいろです。
台所の床下収納庫が点検口の代わりになっていることも多いですね。

わからない場合には、売主や仲介業者(不動産会社)に質問すると良いでしょう。

新築住宅でありながら、点検口がないようであれば、
そこに住む人への配慮の足りない住宅と言えます。

配慮不足の設計者や分譲業者が建てた家、、、
少し慎重に検討した方が良いと言えそうです。

点検口(天井裏)

中古住宅の場合、建物の築年数が古い家ほど点検口がない確率が高いようです。
稀に、1階の和室の畳下の板をはずして確認できることもありますが。

点検口は、もしもの際の対応に必要なものであり、
常日頃から住宅の点検をする際にも必要なものです。
ちなみに、第三者に住宅診断(ホームインスペクション)を依頼すれば、点検口から確認します。

以前に、雨漏りが疑われるので屋根裏を確認したいが、
点検口がないので天井の一部を解体しないといけないことがありました。
費用もかかることなので、見積りをとって予算を検討して、、、
などとしている間にも台風が来て被害が拡大し、、、

やはり点検口は大事ですね。

また、点検口から構造体をチェックすることもできますし、
断熱材をチェックすることもできます。
その住宅の基本となる本当に大事な部分をチェックできるのですから、
ぜひ、購入前に確認すべきですね。

新築住宅であっても、中古住宅であっても、
必ず点検口の有無を確認し、実際に異常がないかチェックしておきましょう。

住宅購入で失敗・後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点