サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 住宅購入の申し込みと注意点

住宅購入の申し込みと注意点


住宅購入の申し込みと注意点

住宅購入に「仮契約」はない

購入する物件を絞れば、売主に対して申し込みの意思表示をします。これが住宅購入の「申し込み」です。その「申し込み」の次が「契約」です。よく、弊社にお問合せされるお客様が「今、仮契約中です」と仰ることがありますが、住宅の売買において「仮契約」というものはありません。ですから、「仮契約」だと思っているものが「申し込み」であるか「契約」であるかをよく確認しておく必要があります。

書面の冒頭に「売買契約書」と書いているようであれば、それは「申し込み」や「仮契約」ではなく、「契約」ということになります。ここでは、住宅購入の「申し込み」と「契約」の違いについて正しく理解しておきましょう。

「申し込み」とは、「その物件を買う」という意思表示です。売主に対して購入する意志を伝える作業です。原則、最初に申し込みした人が、その物件を購入する第1番目の優先順位を得ることになります。

「申し込み」は、書面で行うことが多いですが、口頭で済ませてしまうケースもあるようです。購入金額などの条件をはっきりさせ、意志を明確にする為にも書面で行う方が良いでしょう。通常、不動産会社が申込書を用意しています。この申込書は不動産会社にとって呼称が異なります。購入申込書、買付証明書などと呼ぶこともあります。

住宅購入の「申し込み金」の金額は?

申込金はいくらか

また、申し込みに際しては申込金を支払うこともよくあります。不動産会社やその取引によっては、申込金が不要であることも多いですし、必要であっても金額に定めはありません。この申込金の一般的な金額の範囲は、「0円~10万円程度」です。

稀に、20万円や30万円を請求されるケースもありますし、なかには50万円などという高額を請求する不動産会社もありました。あまりに高額なケースは、その不動産会社を信頼してよいか?という疑問がわいてきます。慎重に対応されることをお奨め致します。

この「申し込み」には、法的な拘束力がありませんので、もし、その後に契約しなかったとしても、原則、申込金は返金されます。稀に、「契約しなければ、申込金を返金しません」という不動産会社がありますが、強い態度で臨むようにしましょう。

ただ、「契約しなくてもペナルティーがないなら気軽に申し込もう」という発想はよくないですね。真剣に購入しようと決めてから、申し込みすると良いでしょう。これはマナーの問題だと言えますね。購入前に第三者の住宅診断(ホームインスペクション)を利用する方は、この申し込みの前か申し込み後、契約前に利用されるとよいでしょう。

「契約」に関しては、住宅購入の売買契約と注意点をご覧ください。

住宅購入で失敗・後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点