サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)

住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)


住宅を購入するときには、施工品質(新築の場合)や劣化状態(中古の場合)など建物についていろいろな心配をし、第三者のホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)を利用するなどするものですが、購入後には特に建物について何も考えなくなる人も多いです。

新築住宅であっても中古住宅であっても、購入後のメンテナンスの仕方次第で建物の長持ち度が大きく異なることを知り、たまには点検することが必要です。

住宅の10年保証と10年点検

購入した住宅に長く住まうならば、よい状態で長持ちさせるためにも、購入すれば終わりではなく点検・修繕といったことを考えるようにしましょう。

一般的に、住宅の点検は5年や10年ごとに実施すべきだと言われています。住宅を長期間、良好に保つための基準をクリアして認定を受ける長期優良住宅でも少なくとも10年ごとに点検する必要があるとされています。【参照:長期優良住宅の定期点検(5年・10年など)

最低でも10年ごとの点検が必要ですが、できれば5年ごとに住宅点検を実施するように心がけましょう。

新築住宅を購入したときの10年保証と点検

新築住宅を購入した場合、10年間の保証があります(10年保証と呼ばれることが多い)。これは売主もしくは施工者に対して義務付けられた最低限度の保証期間です。ハウスメーカーや工務店によっては、10年を超える保証を付けていることもあります。

この10年保証の期間が切れる前は、住宅点検をする1つの機会となっており、第三者の専門家にホームインスペクション(住宅の点検・建物調査)してもらう人が増えています。保証対象となる範囲(主要な構造部分や雨漏りに関する部分)において瑕疵があるならば、売主等へ補修等を請求することができるからです。

仮に保証対象外の範囲において問題があった場合には、早期に自ら補修等をすることで住宅の寿命を保つことができるため、保証対象範囲に限らず建物全体を点検してもらうことが一般的です。

また、新築の場合、売主や工務店、ハウスメーカーによる定期点検があることが多いです。新築後、半年・1年・2年・5年・10年などの時期を決めて点検を行うもので、見つかった不具合などの問題について内容によっては売主等の負担で補修対応したり、買主(購入者)の負担で対応したりします。

売主等による住宅点検の場合、どうしても利害関係が強いため、第三者の点検を利用するという方法も検討する価値があります。本来ならば売主負担で補修すべきことを負担したくないために、見つけた問題点を適切に報告しなかったり、売主等に責任がないように報告内容を曲げてしまったりする事例が確認されています。

ときには、問題ないことを問題ある事象のように説明して買主(購入者)に対して補修費用を請求して不当に利益を上げる事例もあります。これから新築があまり売れなくなっていく(人口減の影響が大きい)ことから、利益を求めるあまり同様の事例は急速に増えていくでしょう。

とはいえ、半年・1年・2年・5年・10年の住宅点検すべてにおいて第三者に診てもらう必要はありません。新築で購入したときに(引渡しを受けるとき)に第三者に診てもらってない人であれば、遅くとも2年以内に点検してもらい、大きな問題がなければ10年経過前に再度点検してもらうとよいでしょう。

新築で購入したときに(引渡しを受けるとき)に第三者に診てもらっているならば、5年か10年で診てもらうとよいでしょう。

中古住宅を購入したときの点検

中古住宅を購入した人も当然ながら住宅の点検を考えなければなりません。購入時に第三者のホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)を利用していないならば、できる限り早期に依頼した方がよいでしょう。重大な瑕疵、著しい劣化に気づかずに暮らしている可能性もあります。

住宅の瑕疵や著しい劣化への対処は、人の体と同じで、「早期発見・早期対処」が望ましいです。発見や対処が遅れるほどに、劣化や腐朽が進行し被害範囲も拡大していきます。早期に補修していれば10~20万円で済んだはずの補修工事なのに、対応が遅れたために200~300万円もかかるということもありうるのです。

補修等の工事が複雑で困難なものとなれば、費用負担だけの問題でもなくなってきます。

最初に住宅点検をした後は、5年か10年ごとに点検することを心がけましょう。

住宅の第三者による点検で安心を


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル