中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)

住宅診断(ホームインスペクション)年間2000件超えの実績住宅診断(ホームインスペクション)年間2000件超えの実績


HOME >> 一戸建て >> 中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)

中古一戸建て住宅診断
(ホームインスペクション)

中古一戸建て

中古一戸建て住宅の購入前に第三者の一級建築士が行う住宅診断(ホームインスペクション)サービスです(ご自宅の診断も可)。

建物の劣化状態や不具合を確認し、購入判断や補修すべき箇所の確認などに活用することができます。


中古一戸建て住宅診断の対象・リスク

アネストの中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)サービスの対象物件や中古住宅購入のリスク、住宅診断のメリットについて紹介します。新築の住宅診断(ホームインスペクション)はこちらです。


中古一戸建て住宅診断の対象

住宅診断
  • 住宅診断(ホームインスペクション)は購入前の利用がオススメ
  • 但し、契約後でも対応可能(居住中のご自宅の住宅点検はこちら
  • 建売住宅・注文建築、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造のいずれの中古物件にも対応
  • 中古住宅を購入検討中だが建物の状態が心配な方
  • 補修が必要な箇所を知りたい方
  • 購入後のリフォームの参考にしたい方

中古住宅の購入時のリスク

床下調査
  • 築年数の割に建物の劣化状態がひど、高い買い物をしてしまう
  • 外観の見た目以上に著しい劣化がある
  • 新築時の施工ミス・欠陥工事があり補修に大きな費用がかかる
  • 購入直後に想定外の補修費用の負担が生じる
  • 売主が黙っていた欠陥・不具合があった
  • 不動産会社の提携・紹介業者による診断で問題を隠ぺいされる
中古住宅は個々に劣化状況や施工精度に差があり、それが建物の寿命に大きく関係します。経過年数に応じた建物なのかどうかが、購入の為の大事な判断材料ですので、住宅診断(ホームインスペクション)で判断したいものです。

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)のメリット

ホームインスペクションの記録
  • 一般消費者に代わって、専門家の視点で診断してくれる
  • 入居後の想定外の補修費用の発生を可能な限り抑えられる
  • その中古一戸建て住宅のメリット・デメリットを知った上で購入判断できる
  • 一級建築士のチェックのおかげで入居後、安心して住むことができる
  • リフォーム(補修)すべき箇所がわかる
  • 希望のリフォームが可能かわかる
売主インスペクションの問題とリスク売主インスペクションの問題とリスク

標準診断と簡易診断の比較・料金・報告書

調査範囲の異なる以下の2つの診断があり、お選び頂くことができます。
  標準診断 簡易診断
調査範囲 目視できる箇所
(簡易診断の内容を全て含む)
耐力上主要な部分
雨漏りの防止に関する部分
給排水に関する部分
利用判断のポイント 購入後のリフォーム・補修に役立つため、買主に推奨。 売主が売却時の販促用に利用することが多い。買主も瑕疵保険加入だけが目的なら良いが購入判断材料としては不足。
基本料金 65,000円(税別) 50,000円(税別)
他社比較 弊社オリジナル(推奨) 同業他社の多くは簡易診断に相当
報告書 無償(写真付き詳細報告書)
他社より詳しい報告書がアネストの特徴!
購入後のメンテナンス等に役立つ
標準診断のサンプル簡易診断のサンプル
床下の詳細調査 オプション対応可
30,000円(税別)
(北海道・東北・北陸・中国・四国・九州は20,000円)
屋根裏の詳細調査 オプション対応可
25,000円(税別)
(北海道・東北・北陸・中国・四国・九州は20,000円)
耐震診断 オプション対応可(木造に限る)
耐震診断 20,000円(税別)
耐震基準適合証明書(住宅ローン控除対応) 20,000円(税別)
宅建業法の建物状況調査 無償(宅建業法改正に対応)
中古住宅建物保証
(かし保険付き)
検査 無償(事前に要申込)
保証料 55,500円(税別)~
※既存住宅かし保険付き(住宅ローン控除対応)
フラット35の適合検査 検査 無償(事前に要申込)
適合証明書 20,000円(税別)
売主インスペクション 無償(※注目)
売主が実施済みのインスペクションの報告書をチェック
外構調査 無償 対象外
境界越境の確認 無償 対象外
地盤調査報告書の確認 無償 対象外
リフォーム・リノベーション相談 無償 対象外
アフターサービス 無償 無償

売主が実施済の住宅診断(=建物状況調査)への注意点

  • 買主から仲介業者へインスペクション利用を申し出ると、「売主が利用していて問題なかった」と説明を受けることがありますが、事実と異なる調査結果や表現をしていることがあるので注意してください。
  • 売主が実施済のホームインスペクションの多くは、建物状況調査と言うもので上の簡易住宅診断に相当しますが、買主の判断材料としては不足するものです。
  • 更に、詳細な報告書がなく買主には調査結果の詳細を理解したり、購入判断や購入後の補修工事に役立てることが困難なことが多いです。
  • 売主による調査結果がある場合、必ず契約前に調査報告書を受領して詳細を確認してください。その報告書を送付して頂ければ、弊社の住宅診断の依頼者は無償チェック致します。
  • 売主と買主の立場の違い、目的の違い(利害の対立)を考慮して、買主は自ら住宅診断を利用してください。
売主と買主の調査範囲の相違売主と買主の調査範囲の相違 売主・不動産会社 主導のインスペクションのリスクと問題点売主・不動産会社 主導のインスペクションのリスクと問題点

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の調査範囲

アネストの中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)で調査する範囲を屋外・屋内・設備にわけて紹介します。
屋外の調査

【屋外部分】

  • 基礎、外壁、軒裏、雨樋、バルコニーが調査対象となります。
  • 屋根へは上らないため、屋根については地上やバルコニーから目視できる範囲における確認となります。
  • 建物外部の調査範囲は、地上・バルコニーから目視確認できる範囲が対象です(足場や梯子を使用致しません)。
  • 外構はオプション対応ですが、現在は無料キャンペーン中のため、診断時に外構部分が存在する場合に限り自動的に調査対象となります。
天井裏の調査

【屋内部分】

  • 各スペース(居室・リビング・洗面室等の全て)の床・壁・天井・建具、床下、屋根裏が調査対象となります。
  • 基本サービスでは、床下及び屋根裏は点検口からのぞいて目視できる範囲が対象です(点検口が無い場合は対象外)。床下、屋根裏の内部へ進入調査をご希望の場合はオプションをご利用ください。
  • 家具・電化製品・その他荷物等がある場合、弊社で移動させませんので、診断時の現状のままで確認できる範囲が対象となります。
タイル調査

【設備】

  • 診断時に水道・電気が使用できる場合、確認可能な範囲で設備も調査対象となります。使用できない場合、その関連項目は対象外となります。
  • ガス設備は調査対象外です。
※上の範囲でも診断時に確認できない箇所は対象外となります。
※上の範囲でも診断時に撤去済または未完成の箇所は対象外となります。
※細かな傷・汚れは調査の対象外となります。
※売主又は居住者等が確認を拒否する箇所がある場合、その箇所は対象外となります。

住宅診断の具体的な調査項目は
報告書サンプルで確認可能

スタッフからの一言
現地での中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の流れを写真付でご説明しますので、ご確認ください。また、実際のインスペクションで見つかった指摘内容は住宅診断(ホームインスペクション)の指摘事例をご覧ください。

中古一戸建て住宅診断(インスペクション)で使用する調査器具の一例

住宅診断の調査機器

上の水平器(オートレーザータイプ)、水準器、打診棒等の器具を用いて調査を行います


売主や仲介業者に遠慮する、又は調査拒否された方へ

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)は、以下の様々なタイミングで利用可能です。

  1. 契約前(推奨!
  2. 契約後、引渡し前
  3. 契約後、且つ引渡し後、入居前
  4. 入居後(入居後は住宅の点検・建物調査(居住中の一戸建て))にて対応
社長からの一言
契約前や引渡し前では、売主や仲介業者に遠慮する、もしくは仲介業者等に拒否された為に、契約後や引渡し後に住宅診断を希望される方もいらっしゃいます。もちろん、この場合も対応は可能ですが、建物に大きな瑕疵・不具合があった時に購入を中止できる「契約前」の住宅診断をお奨め致します。
社長からの一言
どうしても契約前の住宅診断が難しい場合には、必ず上の2か3のタイミングでご利用ください。基本的には、優先順位は1から4の順番です。
詳しくはこちら:契約不適合責任と中古住宅診断(ホームインスペクション)
スタッフからの一言
中古物件では不動産会社が拒否することはおかしなことです。ホームインスペクションの義務化(告知と紹介・斡旋)を読むとご理解頂けます。

耐震診断のお得なセット割引

住宅診断(ホームインスペクション)と耐震診断のお得なセット割引を利用可能です(木造住宅に限る)。耐震診断は耐震性を知る上で大事なものですから、検討するとよいでしょう。築20年以上の木造なら、結果次第で住宅ローン控除も受けられます。

耐震診断のお得なセット割引耐震診断のお得なセット割引

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)を利用されたお客様の声


中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)でよくある質問(FAQ)

社長からの一言
中古物件の住宅診断は、売主が居住中でも対応可能です。中古物件の場合、6~7割程度は居住中に建物調査しております。どうしても売主に気を遣う場合は知人の建築士として伺うことも可能ですので仰ってください。
社長からの一言
不動産業者が提携先の診断業者を紹介したり、社内や関連会社の者が住宅診断をすると仰ることがありますが、利害関係があるために買主が購入に消極的となる調査結果を適切に報告していない事例があります。住宅診断は買主が入れることに意味があるのです。(詳しくは利害関係者への依頼で失敗
スタッフからの一言
売主が居住中の中古住宅である場合、購入前に利用した後、引渡し後などに2回目の調査を割引料金で依頼することも可能です。中古一戸建て住宅診断(再調査割引プラン)

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)のオプションと所要時間

住宅の点検・建物調査(一戸建て)に付けられるオプションと調査にかかる所要時間のご案内です。

オプション

調査の所要時間

所要時間は、建物面積(大きさ)・指摘箇所の数と内容・売主側の対応・お客様のご質問量などの状況により小さくない差異があります。平均的な所要時間は、基本サービスのみご利用の場合で1.5~2.5時間、床下および屋根裏の詳細調査(オプション)をご利用の場合で合計3.5時間程度です。


中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の支払方法・必要書類など

■代金 ページ上に記載
■追加料金 エリア及び建物面積(150平米超)によっては追加料金が生じます。水回り設備の数が多い住宅も追加料金が生じます。
■支払い方法等 支払時期:後払い
(詳細は支払方法・支払時期・キャンセル料について
■必要書類 □書類A:調査日より前に送付して頂く書類
  • 住宅地図(必須:所在地がわかるもの)
  • 各階平面図(必須:無い場合は簡易な間取り図でもよい)
  • 立面図
□書類B:調査日より前もしくは当日に準備して頂く書類
  • 敷地配置図
  • 地盤調査報告書
  • 地盤改良工事の施工報告書(地盤改良している場合のみ)
  • 確認申請書・確認済証・検査済証(▲)
  • ▲の3点のいずれも無い場合は確認台帳記載事項証明
※必須以外のものも可能ならご準備ください。
■売主等への説明 不動産会社等に弊社サービス利用を説明するための資料をご自由にご利用ください。
業者向け資料(ココを右クリックして「対象をファイルに保存」)
■申込日 空き状況にもよりますが、前日のお申し込みでも対応可能です。但し、ご予約が一杯の場合はお断りさせて頂く場合がございますので、お早めにお申し込みください。

住宅診断(ホームインスペクション)の対応エリア


お申込み方法とサービスの流れ

1. お見積り・予約状況の確認及びその他のお問合せ
お問合せは「お問合せフォーム」「お電話(0120-346-679)」「LINE(スマホ)」。

LINEでお問合せ

2. お申込み
お申込みは「お申込みフォーム」から
3. 弊社より「受付メール」を送信
4. お客様より当社へ必要書類を送付
5. 担当者よりお客様へ連絡
(待合せ場所・時間の確認)
6. 当日に現地にて住宅診断を実施
※調査後、10日以内に代金のお支払い
7. 報告書を送付
(原則、調査日より5日以内に発送)
8. 質疑応答
9. アフターサービス
・入居前後や入居後などにご不明な点がございましたら、ご相談ください。
アフターサービスのご案内はこちら
住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み


  • お問合わせ
  • お申込み
  • 0120346679
  • LINEでお問合せ
  • 会社概要

メディア出演・実績

メディア出演・実績

出版実績

出版実績
お問合せ・お申込み
LINE問合せ