サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 新築住宅の内覧会の注意点とチェックリスト

新築住宅の内覧会の注意点とチェックリスト


新築住宅の内覧会の注意点とチェックリスト

住宅の売買契約や工事請負契約をしていた人のもとへ、売主や販売会社、建築会社から内覧会の案内状が届き、それを見てから内覧会について調べてみて急に不安になったという人から相談を受けたことが何度もあります。

「内覧会のことは知らなかった」
「他人のブログを読んでみたところ、内覧会を終えてがっかりしたと書かれていた」
「ただ採寸すればよいだけだと思っていた」

これまでにこの類の話を何度も聞いてきました。住宅購入が決まった時点では、それだけ引渡し前の内覧会の重要性を認識していない人が多いのです。

今回のコラムでは、新築一戸建て・新築分譲マンションのいずれかを購入した人を対象に、内覧会に臨む前に知っておくべき基礎知識や注意点と、内覧会で実際に確認すべきチェックポイントをリスト形式で紹介します。内覧会の実施後にがっかりしたり、後悔したりしないようにここで学んでおきましょう。

新築住宅の内覧会の基礎知識

最初に、内覧会とはどういうものか、何をする場なのか、そしてどのような流れで進んでいくものか説明します。内覧会のイロハを知っておかないと注意すべきことや対策を理解することも難しいですからね。

内覧会とは?

新築住宅の内覧会とは、購入した住宅が完成したときに、「契約通りに建てられているか」「施工ミス・不具合がないか」という2点について確認することと、住宅に付属する設備機器や材料等について使用方法の説明(取扱い上の注意点の説明も)を受けることが主な目的です。

前者の「契約通りに建てられているか」「施工ミス・不具合がないか」という2点の確認は非常に重要なものです。この内覧会で契約との相違点や施工ミス・不具合について指摘し、是正・補修してもらっておかないと、気付かずに引渡しを受けた後では対応してもらえないこともあるので要注意です。

内覧会は、買主にとって引渡し前に実施する完成検査という意味が強いのです。売主や建築業者によっては、内覧会ではなく、買主の完成検査や施主による竣工検査などと呼んでいることもありますが、本来はこちらの言葉の方が適しているでしょう。

注文住宅の場合、建築業者や設計者が同業他社や一般ユーザー向けに行う内覧会というものがあります。これは、新規顧客獲得などを目的としたものであり、このコラムで取り上げている内覧会とは別の意味ですから混同しないでください。

内覧会で指摘をあげる様子

戸建てもマンションも内覧会がある

内覧会を行うのは、一戸建て住宅も分譲マンションも同じです。一戸建ては、建売でも注文建築でも内覧会を行うものです。建売だから内覧会を実施しないなどということは、本来ならないはずです。

分譲マンションでは、完成時期が近づくと売主や販売会社から買主に対して内覧会の案内状を一斉送付します。注文建築や建売住宅では、案内状を送付することはあまりなく、担当者から電話やメールで内覧会実施日について日程調整の連絡があるでしょう。

内覧会当日を迎えるまでの流れ

住宅を購入してから(契約してから)内覧会の当日を迎えるまでの流れについて理解しておきましょう。

  1. 売買契約を締結(または工事請負契約を締結)
  2. 売主や建築業者から買主や施主に内覧会の日程に関して連絡が入る
  3. 内覧会の日程が決定
  4. 内覧会への立会い・同行業者に依頼する
  5. 建物が完成
  6. 内覧会を実施

以上が、契約後、内覧会の当日を迎えるまでの基本的な流れです。

「4.内覧会への立会い・同行業者に依頼する」は任意ですから、必要ない人は無視してください。また、契約した時点で建物が完成しているならば、「5.建物が完成」はないですね。

既に契約が済んでいて建物の完成日が近いはずなのに、まだ内覧会の日程について連絡がないならば、あなたから積極的に聞いてみるとよいでしょう。建売住宅の購入に際しては、直前まで案内してこない担当者もいますが、急な日程では対応が難しい場合もありますね。

内覧会当日の流れ

次に、内覧会の当日の流れについても抑えておきましょう。

  1. 約束の時間に物件前で集合
  2. 売主・建築業者から内覧の進め方等について説明
  3. 住宅や設備機器等の取扱い説明等を実施
  4. 完成検査(施工ミス等のチェック)
  5. 指摘事項を売主・建築業者へ伝達
  6. 補修後の再確認日を調整
  7. 解散

以上が当日の流れです。但し、当日の流れは売主や建築業者によって相違することも少なくありませんから、必ずこの通りに進めるとは限りません。

たとえば、「3.住宅や設備機器等の取扱い説明等を実施」を最後に実施するケースもあれば、別の日に実施するケースもありますし、「5.指摘事項を売主・建築業者へ伝達」は「4.完成検査(施工ミス等のチェック)」と並行して進めることも多いです。また、「6.補修後の再確認日を調整」は翌日以降に行うこともあります。

マンションの内覧会では、受付カウンターが用意されていて、最初にそこで受付を済ませることが多いです。その後、共用部等の説明を受けてから、購入した住戸(専有部)に移動して内覧が始まるという流れです。ここからは、「3.住宅や設備機器等の取扱い説明等を実施」以降の流れですが、「5.指摘事項を売主・建築業者へ伝達」は住戸内で行うこともあれば、受付カウンターへ戻って行うこともあります。

現場によって異なることを理解しておき、柔軟に対応できる心構えが必要です。

内覧会チェック

内覧会の注意点と対策

内覧会に関する基礎知識を身につけたところで、注意点と対策についてアドバイスを読んでおいてください。内覧会で失敗、後悔しないためにはここからが大事なことです。

当日に用意しておきたい持ち物

内覧会の当日、買主が用意しておきたい持ち物は以下のものです。

  • メジャー
  • スリッパ
  • デジタルカメラ
  • メモ帳・筆記用具
  • チェックシート・チェックリスト

以上のものは必須ですね。

メジャーは、内覧会の際に家具やカーテンのためにいろいろな箇所を採寸したい人にとっては必須です。また、現地で契約したプランと相違点があるのではないかと感じたときにメジャーで計測する可能性もあります。

スリッパは、売主や建築業者が用意していることもありますが、用意が無いことも多いので自ら準備しておいた方が無難です。内覧会の時点では床が綺麗に清掃されておらず、靴下が真っ黒になることもありますし、寒い季節ならスリッパなしでは足が冷たくて耐えられず、内覧どころではなくなります。

デジタルカメラは、スマホのカメラで代用してもよいでしょう。使わないことも多いですが、指摘箇所を記録しておき、補修後の再チェックの際に場所の確認や症状の確認に役立たせることができます。当日、間取り図に指摘箇所を書きこんでいくことが多いですが、それだけでは後から忘れてしまうことも多いのです。

メモ帳や筆記用具は、指摘事項や気づいたこと、後で確認しておきたいと思ったことなどを書き留めておくために使います。指摘事項を記録するために、売主側がペンを用意していることが多いですが、家族それぞれが持っていた方が都合がよいです。

チェックシート・チェックリストは、何を見るべきか現場で確認するために必要です。はじめての内覧会では舞い上がってしまって、予定していたことを確認できなかったという経験者は多いです。漏れなく落ち着いて確認するために、リスト形式にしたものを持参した方がよいです。

施工ミス・不具合を確認するために役立つチェックリストは後述しますが、それ以外に、注文しておいたオプション設備や内装材のカラーなども、契約通りに設置・使用されているか確認する必要がありますから、あなたのオリジナルチェックリストも必要です。

上の項目にはあげておりませんが、小さなお子さんを同行するのであれば、寒さ対策は考えておいてください。内覧会の間、ずっと抱いているわけにいかないかもしれないですが、当然ベッドも何もない状況ですから対策が必要です。床にそのまま置いておくわけにもいきません。

内覧会は2人以上で

内覧会に一人で臨む人がいます。夫婦のいずれかが仕事で対応できないケースや独身でマンションを購入したケースなどです。

しかし、慣れない内覧会に一人だけで臨むことはあまりオススメできません。売主や建築業者などがいる現場で、1人だけであれば、プレッシャーを感じてゆっくり見ることもできないでしょう。家族や親しい友人などに依頼して同行してもらうことをオススメします。

また、小さなお子さんを同行することもあまりオススメできません。指摘事項を示すテープを現場で貼っていくことが多いですが、お子さんがはずしてしまって指摘箇所がわからなくなることもありましたし、走り回っているうちに付けたキズなのか、建築業者が付けていたキズなのかわからないものが出てくることもありました。

内覧会は2人以上で参加すべきですが、お子さんの同行については考えてみてください。

内覧会の人数

所要時間の上限に惑わされない

内覧会の所要時間について売主や販売会社などから、時間の上限を通知されることがあります。たとえば、30分以内に見てくださいといった具合です。

建物の大きさ(面積)にもよりますが、施工ミス・不具合の確認等を30分だけで終えることは不可能です。目立つキズや汚れを見るだけで終わってしまうことでしょう。専門家を同行して診てもらうと2時間程度の時間がかかるものですから、これくらいの時間は必要だと思っておいた方がよいです。

時間の上限を指定されたとしても、「大事な機会なので、ゆっくり時間をかけて確認したい。」とはっきり意思表示してください。

内覧会は引渡しの10日以上前を推奨

内覧会当日の流れを紹介するなかで、「補修後の再確認日を調整」と書きました。解散する前に、補修後の確認日を決めておくことが多いのですが、つまり補修工事が入るということです。

指摘事項が全く何もない内覧会というのは稀ですから、基本的には何か指摘が生じて補修を求めることになると考えておくべきです。その補修工事に要する期間は、指摘した内容や建築業者が職人を手配する段取りなどに影響を受けますが、多くの場合、10日間ほどあれば対応できるはずです。

ただ、分譲マンションなどのようにまとまった戸数がある場合は、順番に補修していくこともありますから、もっと日数が必要な場合もあります。

状況に応じてゆとりあるスケジュールを組む必要がありますが、内覧会と引渡し日は10日以上あけることをオススメします。

売主から内覧会を案内されないことがある

一般的には、売主や建築業者から買主に対して内覧会の開催時期について案内があります。しかし、実はこれは必ず案内されるとは限りません。

特に小規模な売主から建売住宅を購入した人は注意してください。買主が検査するための内覧会を開催しようともしない業者があるからです。完成日や引渡し日が近いのに内覧会の案内や説明がないときは、自分から売主に聞いてください。ここで遠慮することは禁物です。

指摘事項

内覧会で便利なチェックリスト(調査項目)

内覧会の当日にあると便利なチェックリストを紹介します。これを活用して、内覧会でのチェックに役立ててください。

内覧会は完成状態で実施されますから、隠れて見えない箇所があります。それはやむを得ないことです。当日、確認できる範囲について全てチェックするつもりで臨むとよいでしょう。

室内であれば、各部屋で床・壁・天井の仕上がり具合をじっくり見ていき、サッシ・建具・設備は全て動作状況をチェックします。戸建て住宅なら床下や小屋裏の中も確認すべきですが、これは一般の人には危険なのでオススメしません。

具体的なチェックリストは、項目が非常に多いので別のページにまとめたもの(以下のリンク先)をご覧ください。なお、マンションの場合は以下ページのなかの「屋外部分」は該当しません。

住宅診断(ホームインスペクション)の具体的な調査項目

上のページの調査項目、つまりチェックポイントは実際に専門家も診ている項目ですからよい参考になるはずです。

専門家の調査

まとめ

戸建てやマンションの内覧会の重要性や何をすべきであるか、どういった項目をチェックすべきかについて解説してきました。また、所要時間のこと、当日の人数のことなどの注意点もあげてきました。ここで書いていることだけでも多くのことがありますが、いずれも大事なことですから慎重に対応しましょう。

また、施工ミス・不具合をチェックするという点については、専門家の力を借りる方法もあります。一級建築士に同行を依頼して、内覧会に立会ってもらうことも考えましょう。特に、一戸建て住宅においては専門家のチェック(内覧会立会い・同行(竣工検査・完成検査))は心強いでしょう。

専門家に同行を依頼するなら


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点