サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 住宅の水漏れへの対応方法と漏水調査のポイント

住宅の水漏れへの対応方法と漏水調査のポイント


日々の暮らしの中で住まいの水漏れトラブルに巻き込まれる可能性は誰にでもあるものです。洗面台やキッチンの給水管のパッキンの緩みや劣化を原因に生じる軽微な水漏れもあれば、配管の接続不良などを原因に生じる著しい漏水被害(床下に大量の水が溜まってしまうほどの大きなトラブル)まで様々です。

自宅で水漏れしているのではないかと感じたときや、一度も点検をしたことない人は、水漏れ有無の点検をしてみましょう。また、水漏れしていたときには、その適切な対処方法をここで確認しておきましょう。

床下水漏れ

水漏れに気づくきっかけと種類

住まいの水漏れは、すぐに気づかないことも非常に多いです。なかには、何年も気づかずにいただろうケースも確認されています。気づくきっかけとはどのようなものでしょうか。

水漏れに気づくきっかけ

アネストでは、これまでに様々な水漏れトラブルの調査(漏水調査)を経験してきました。依頼者からは、「何か強い湿気を感じるので床下点検口を開けてみたら、水が溜まっていた」と聞くことが何度もありました。また、「水道料金が高いと思っていたら水漏れしていた」というお話もあります。

わかりやすいのは、上階から下階への水漏れです。2階にある浴室の下付近の1階天井に染みが見つかったというケースでは、真上の配管が怪しいのではないかと誰もが考えますね。

水漏れの種類

漏水調査を依頼する人の話を聞いていると様々なケースを水漏れと考えていることがわかります。給排水管からの漏水(設備漏水)雨漏り、さらには結露もそうです。結露は正確には水漏れとは言わないですが、同じように水分の被害です。

今回はこのうち「給排水管からの漏水(設備漏水)」のことを書いていますが、設備漏水にもいろいろなケースがあります。給水管からの漏水や排水管からの漏水です。なかには汚水管の漏水もあり、衛生面でも心配されますね。換気ダクトの接続不良を原因として、湯気の被害が大きいこともあります(これは実は非常に多い)。

新築住宅でも水漏れトラブルは多い

水漏れは、何らかの設備の劣化によって生じるものと考えている人もいますが、実は新築工事やリフォーム工事の直後に生じるトラブルが非常に多いです。「新築住宅なのに水漏れするなんて」と絶句する人もいますが、施工ミスによって生じる漏水は本当に多いですから引渡し前にできる範囲で確認しておきましょう。

給排水管は壁内部と床下に配置されますが、壁内部は工事完了後に確認することはほぼできません。ですから、せめて床下の配管はチェックしておくべきです。

水漏れの調査(漏水調査)の流れと方法

実際に水漏れ被害にあったとき、被害者(=所有者・居住者)はどのように対処すればよいのでしょうか。ここでは、対処方法や注意点を紹介します。

原因追及だけはなく被害範囲の確認が大事

水漏れトラブルが起こったとき、アネストに問合せしてこられて「建築業者の説明だけでは心配なので、第三者に検査してほしい」という人は非常に多いです。確かに、利害関係のある建築業者の説明を鵜呑みにしたくない気持ちは理解できますし、実際に誤った説明をするケースがいくつも確認されています。

建築業者主導で水漏れトラブルを解決する際、漏水の原因箇所を追求してその補修をするところまでは、どの住宅でも対応しているものですが(原因追及が間違っているケースはあるが)、逆にそれだけで作業をやめてしまっていることも多いです。

大事なことは、原因追及だけではなく、被害範囲を確認することです。

たとえば、2階浴室の階下の天井(1階の天井)に水染みが出てきて、調査した結果、排水管の継ぎ目から漏水していたことがわかりました。その継ぎ目を補修対応し、水染みの出た階下の天井材を張り替えれば大丈夫だと判断してよいのでしょうか。

本当は、水染みの出ていない1階天井材の上を水が流れているかもしれませんし、近くにある壁内へ水が流れている可能性もあります。これまでの調査実績では、壁内をつたって床下まで水が流れていた事例もありました。

このように水が流れていった範囲をできる限り確認したいものです。

できれば隠ぺい部分も確認しよう

上の事例では、張り替えていない天井材や壁内、床下まで心配すべきと書きましたが、そういった見えない箇所において、木部の腐食・鉄部の錆・カビなどの被害が出ていることがあるので注意すべきなのです。

どうしても建築業者としては、最小限の補修対応で済ませようとしがちです。結果的に、それで十分な対応であったというケースもありますが、不十分なケースもあります。水漏れが発生した直後であれば、建築業者が補修等の対応を負担してくれますが、トラブルから長い期間を経過してからあなたが隠れた問題に気づいても対応してくれないこともあるのです。

トラブルが表面化したとき、中途半端な対応にせず、被害範囲まできちんと確認するよう努めましょう。

水漏れトラブルに適切に対処するため


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点