サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 床下の水漏れの原因や被害と調査方法

床下の水漏れの原因や被害と調査方法


住宅の水漏れ事故については、大変多くの相談・調査依頼が寄せられますが、床下で起こる水漏れは意外なほどに多いです。新築住宅を購入してすぐに発生するケースも多く、建築するときの施工ミスや確認ミスはいつまで経っても無くなりません。

床下の水漏れの原因や被害と調査方法

また、長年住んでいた自宅や購入した中古住宅において、床下の漏水が確認されることも多いです。ある部位の劣化によって起こることがあるのですが、普段から住宅のメンテナンスが大事だということを示していると言えます。

床下の水漏れは、その被害の程度によっては、大事な基本構造部の腐食を招いて建物の寿命を縮めることもありますし、さらにひどいときには耐震性を損なうこともあるので、慎重に対応すべきことです。

床下で水漏れが起こったときの対応で失敗しないため、将来のリスクを減らすため、ここで必要な知識を得てから対処してください。

床下で水漏れが起こる原因

最初に床下で水漏れが起こる原因としてどういった事象がありうるのか把握しておきましょう。ここでよくある漏水の原因を紹介します。

床下の水漏れ

給排水設備からの水漏れ

床下で水漏れを発見したとき、多くの場合、最初に疑われる原因は給排水管の故障です。古くなって配管の継ぎ目から漏水することもありますが、新築時には継ぎ目の固定があまいこともあります。そもそも配管をつなぎ忘れていたということもあります。

配管をつなぎ忘れることなどがあるのかと驚くかもしれませんが、こういった事例は、アネストが住宅診断(ホームインスペクション)をするなかでも、毎年、何件も確認されていますので、意外と多いのです。

ここで勘の良い人なら気付いているかもしれませんが、見さえすればすぐにわかるはずの配管のつなぎ忘れが起こるということは、建築会社が完成したいときにまともに確認していない家だということです。水漏れの原因が配管のつなぎ忘れであったなら、建物全体をきちんと調査した方がよいでしょう。

基礎の配管貫通部から浸水

次に多い床下の水漏れ原因は、基礎を貫通している配管の周りから雨水が浸水するケースです。このような貫通箇所は、配管の周りに隙間ができやすいのですが、通常はシーリングを丁寧に施工して埋めてしまいます。

配管周りの隙間

しかし、この施工が雑であったり忘れられていたりすると雨が降ったときに床下へ水がまわってしまうことがあるのです。最近は、豪雨が降ることも多いですから要注意です。また、敷地内の排水が間に合わず雨水が滞留していると漏水しやすいです。

新築住宅なら引渡しを受ける前に、中古住宅なら購入時などに、配管周りをよく見ておくとよいでしょう。専門家に住宅診断(ホームインスペクション)を依頼すれば必ず見てもらえる箇所です。但し、敷地内にプールのように水が溜まるようなら、目視ではわかりづらい微細な隙間からも浸水することがあるので、たまに床下を点検するとよいでしょう。

基礎の打ち継ぎ部から浸水

ここまでにあげた2点(給排水設備と配管貫通部)ではない場合、検討すべきことの1つは基礎の打ち継ぎ部からの浸水です。

多くの基礎工事において、基礎の底の平らな部分(底盤やベースなどという)と垂直方向の立上り部分の2度にわけてコンクリートを打設しています。

基礎の打ち継ぎ部分

上の図のように、底盤と立上りの境に当たる部分(コンクリートの打ち継ぎ部分)があるわけですが、目視ではわからないレベルの隙間が生じてしまい、ここを水が通過することがあるのです。

この打ち継ぎ部分は地中にあるのですが、地中に浸透した雨水が何らかの理由でもっと下などへ流れていかず、基礎付近で滞留してしまうと浸水してしまうことがあります。

この現象で床下へ浸水してしまった場合、その期間が長いようであれば、基礎内部の鉄筋が錆びてしまい、基礎の爆裂を起こしてしまうリスクもあるので注意が必要です。床下へ潜ってみて、錆汁が確認されるようであれば、より注意が必要です。

新築時の雨水の残りや地下水(湧き水)

床下浸水は、様々な原因で起こりうることですが、ここまでに挙げた原因以外も考えられます。新築工事中に降った雨が床下に残っていて、建築会社が排水せずに放置していたケースも確認されていますし、地中からの湧き水が原因となっていたケースもあります。

特に地下水(湧き水)は厄介で、対策も簡単ではありません。給排水管設備や基礎の貫通部、打ち継ぎ部からの漏水・浸水がないようであれば、この可能性も考えてみましょう。

床下の著しい結露

実は床下でも結露することがあります。結露といえば、それほど大量の水分が出るとイメージしていない人が多いようで、いろいろな漏水原因を調べた結果、原因がわからないとして相談を受けることがあり、現場へ調査に行くと結露の可能性が高いという結果が出ることがあります。

床下の換気が不十分であれば、結露も疑ってみた方がよいでしょう。

【ご案内】
床下の水漏れなら第三者の漏水調査

床下の水漏れで想定される被害

次に、床下で水漏れが起こったときに考えられる二次被害について考えてみましょう。水分によって住宅に起こりうる問題を考えて、適切な対応を検討しなければなりません。

水漏れによる被害

木部の腐食・金属系の錆

木部が水にぬれてしまい、その含水率が極端に高くなると、腐食が進行していくことがあります。木部の著しい腐食・劣化は、構造体力に影響を及ぼすことになりかねないため水漏れが発生したときには木部の状況を確認しておきたいものです。

木部以外にも金属系の材料が錆びてしまうリスクもあります。釘などがボロボロになっている現場も見られるので要注意です。

カビの繁殖

床下で湿度が高い状態が続くと、木部にカビが発生することがあります。カビが増えていくと衛生上の問題があるので、早めに対処しておきたいものです。

二次被害としてのシロアリ

床下環境が湿潤な状態が続くとシロアリの被害にあいやすくなるため、注意が必要です。早めに乾燥させて、二次被害を防ぎたいところです。シロアリ被害も進行すると構造体力に影響を及ぼすことがあります。

床下漏水の調査方法と注意点

床下で水漏れが起こったときには、早めの対応が求められますが、どのように対応すべきわかりづらいでしょう。ここで対応方法方を解説しますので、参考にしてください。

水漏れの調査方法

水漏れの原因と一緒に被害範囲の確認をすべき

水漏れに限りませんが、建物に何か不具合が生じた場合、安易に補修作業に入らずにきちんと原因調査をしてください。建築会社がよく検討せずに、「たぶん、これが原因だろう」と容易に判断して誤った補修をしても再発します。

そして、その原因調査と一緒にしてほしいことが被害範囲の確認です。水漏れの原因を補修しただけでは不十分なこともあるからです。被害範囲を確認し、必要な補修や交換をしてください。

床下へ潜って奥まで確認する

被害範囲を確認するためには、やはり床下へ潜っていき、奥まで確認する必要があります。点検口から潜っていき、安全に移動できる範囲でどこまで濡れているのか、カビが生えていないか、錆はないか、腐食していないか、断熱材が濡れていないかなどを確認しなければなりません。

但し、床下は慣れていない人が潜ると怪我をすることもあるので、建築会社に任せるか、専門家に依頼することも検討するとよいでしょう。建築会社に任せるときでも、専門家に依頼するときでも、床下の状況がわかる写真を撮影してもらって説明を受けてください。

給排水設備のテスト

給排水配管からの漏水が疑われるときは、排水テストをするとよいでしょう。できれば、専門業者である水道業者に実施してもらうことをお勧めします。圧力をかけて水道を使用したときに漏れが確認されることがあります。

ただ、床板に漏れている量が多い場合は配管のどこかが外れていることもあり、それは床下へ潜れば確認できるでしょう。最初は外れていなくても、使用しているうちに外れてしまうこともあります。

木部の含水率の確認

木造の場合で特に気を付けたいのは、木材の含水率です。材料がどの程度の含水率となっているのか、水分計を用いて計測しておくとよいでしょう。木部が直接に水に濡れていなくても、極端に湿度が高い状況が続いていたなら、確認した方がよいです。

見た目の乾燥だけではなく、含水率が低下するまで乾燥状況を確認することをお勧めします。

補修後の再点検

床下の水漏れの原因、被害範囲を確認して補修工事を終えたら安心というわけではありません。水漏れの原因が1つとは限らないこと、そして季節(湿度)によってカビの発生ということもありうるからです。補修完了後2~3ヶ月や湿度の高い時期に再点検しておくとより安心できます。

ここまでに、床下の水漏れに関する原因や被害(二次被害も)、対応方法について紹介しました。新築住宅ならば、売主や建築会社に対応を求めることになりますが、長く住んでいて保証期間外の住宅なら自分でどこかの業者に依頼しなければなりません。

いずれにしても、適切な対応ができるよう、ここに記載されていることを参考にしつつ、各業者がきちんと対応してくれているのかチェックしてください。

水漏れへの適切な対応のため


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル