サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント


よく利用して頂く第三者のホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)サービスの1つに、住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)があります。一戸建て住宅の着工から完成するまでの間に、一級建築士が何度も何度も検査に入るサービスです。

この建築中の住宅検査(ホームインスペクション)は、工事が始まった後に初めてアネストに問合せされ、工事の途中から依頼される方も多いです。本当は着工前からご依頼頂くのがよいですが。

工事が始まっている現場では、どんどん工程が進んでいきます。今の時代、住宅の工事の進行は非常に早く、2カ月あれば完成してしまうことも多いです。着工後の住宅の検査を依頼される場合、できる限り早めに動いて頂く必要があります。

工事が進んでいくと隠れて見えない箇所が増えていくために、急ぎの対応が必要なわけですが、重要な検査項目で隠れる前に見ておきたい工程がどの工程であるか知っておいてください。

基礎コンクリートの打設前(基礎配筋検査)

重要な工程の1つに、基礎の配筋工事があります。基礎が大事であるのは誰でも想像できるかもしれませんが、基礎の工事にもいろいろあり、そのうちコンクリートを打設する前にこそ検査(インスペクション)しておきたいものです。

基礎配筋検査

基礎配筋は、鉄筋と鉄筋の間隔やかぶり厚さの確保、鉄筋の定着など多くの重要な項目をチェックしなければなりません。建売住宅の売主や注文建築の建築会社が依頼している検査機関の検査(建築確認に基づく検査や性能表示制度の検査、瑕疵保険の検査を含む)では、この大事な基礎配筋も一部を簡単に確認する程度であり、細かくは見てくれていません。

アネストが検査に入ったときに、これらの検査で合格した現場であるにも関わらず、指摘事項がいくつもあがることはよくあることです。

この基礎配筋はコンクリートを打設してしまうと見えなくなるため、ぜひ打設前の検査を利用して頂きたいです。

1階の床張り前(床下や土台の検査)

次に1階の床材を設置する前に検査を入れたいものです。床材を設置してしまうと、床下を確認しづらくなります。完成後の内覧会立会い・同行サービスをご利用頂く際に床下の詳細調査(オプション)を付けて頂くと床下内部の検査も行いますが、床張り前であればオプション料金なしで確認できるうえ、このタイミングの方が広範囲に確認可能です。

土台の検査

また、アンカーボルトの施工ミスが発見される場合がありますが、少しでも早いタイミングでこのような施工ミスを見つけた方が補修等の対応もしやすいものです。

1階の床張り工事は一般的には上棟する前に実施されるため、基礎コンクリートの打設が終わっている住宅であれば、早期に実施しなければなりません。

外壁面の断熱材の施工前(構造躯体と金物の検査)

建物について心配される場合、構造躯体が大事であるのは当然のことです。構造躯体は基礎もそうですが、柱や梁、筋交いなどもそうです。この構造躯体の検査では、できれば金物の設置個所や取り付け状態も確認すべきものです。

構造躯体の検査

ただ、外壁面の断熱材が施工されていくと、金物が見づらくなっていきます。金物の検査を十分にするためにも断熱材の施工前に確認しましょう。

壁下地材の施工前(外壁断熱材の検査)

最後に、外壁面の断熱材の検査です。室内側の壁面に下地材(ボード)を設置していくと、壁の内部が見えなくなります。柱や梁といった構造材が見えなくなるのはもちろんですが、断熱材も確認できなくなります。ちなみに、床下や屋根裏の断熱材は後からでも確認できます。

断熱材の検査

外壁の内部には断熱材が施工されるはずですから、室内壁の下地材施工前に検査を入れるようにしましょう。断熱材は住宅の施工過程のなかでも最も施工ミスが起こりやすく、その建物の断熱性能にも大きく影響することですから、下地材の施工前に見ておきたいところです。

建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で工事が進んで隠れてしまう前にチェックしておくべき箇所、検査のタイミングを4点あげました。いずれも重要な工程ですから、検査を依頼する場合は慎重に検討してください。

新築住宅の建築で後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル