サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化

既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化


ホームインスペクションは中古でも新築でも普及している

今の時代、住宅の購入時にホームインスペクション(住宅診断)を利用する方は一般化しており、新築建売住宅の購入前や建築中に契約した新築住宅の完成後・引渡し前のときに買主がインスペクションを取り入れるようになりました。住宅購入が一生に何度もない大きなイベントであり、数千万円もの金額を投じて行うリスクを伴う行為であるだけに、自然な時代の流れだと言えます。

ホームインスペクション(住宅診断)を利用するということは、何も新築住宅に限ったことではありません。中古住宅の購入時にも多く利用されております。ちなみに、中古住宅は既存住宅とも言い換えられますが、既存住宅のインスペクションの普及は今後も加速していくでしょう。

ホームインスペクションは国交省も注目

国交省も2013年6月に「既存住宅インスペクション・ガイドライン」をとりまとめました。

国交省のHPには、「消費者が中古住宅の取引時点の物件の状態・品質を把握できるようにするため、第三者が客観的に住宅の検査・調査を行うインスペクションにつき、検査・調査を行う者の技術的能力の確保や検査・調査の項目・方法等のあり方について検討を行い、今般「既存住宅インスペクション・ガイドライン」をとりまとめました。」とあります。

既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)は、国も注目し適切な普及を後押ししている状況です。

中古住宅を購入される方の多くは、「建物はまだ長く居住できるだろうか」「買ってすぐに大きな欠陥(瑕疵)が見つかって多額の補修費用がかからないだろうか」などと建物に対する不安を持っています。

そして、長く既存住宅(中古住宅)のホームインスペクションをしてきた経験から、住宅によって建物の状態が大きく異なることをアネストはよく知っているので、購入時のインスペクションの重要性や有効性をよくわかっています。購入する住宅によって、失敗もありうることをわかっているのです。

これから中古住宅を購入される方は、できれば契約される前に、既に契約した方や入居された方はなるべく早いタイミングでホームインスペクション(住宅診断)の利用を検討されることをお奨め致します。

ホームインスペクション業者は自分で探すべき

新築でも中古でも言えることですが、実際にホームインスペクション(住宅診断)を利用する方が注意しなければならないのは、買主の立場にたったインスペクションを利用するということです。このサービスが普及するに従い、不動産業者などが販売促進のためにインスペクションを取り入れることが増えてきました。

買う人のためのインスペクションが売るためのインスペクションになってしまっていることも増えているということです。売るためのインスペクションは、買主に適切に伝えるべき情報を伝えなかったり、施工不具合や問題ある劣化事象などの説明の仕方で表現を抑えてあまり問題ないかのように印象付けたりすることがあります。これでは、何のためのホームインスペクション(住宅診断)であるかわかりません。

ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時は、不動産業者の関連会社や紹介などではなく、ご自身で提供事業者を探すべきでしょう。アネストのホームインスペクション(住宅診断)は買う人の立場で行うサービスです。建物の保証も希望するなら、中古住宅建物保証(既存住宅かし保険付き)も検討するとよいでしょう。

中古住宅の購入で後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点