サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 既存住宅かし保険付き中古住宅ならホームインスペクションは不要か?

既存住宅かし保険付き中古住宅ならホームインスペクションは不要か?


中古住宅を購入しようとしたとき、その物件の売主が売却に際して既存住宅売買かし保険の検査を実施済みで保険に加入できる状況であることがあります。これは、瑕疵保険付き物件などとして売りに出ている物件のことです。

既存住宅かし保険付き中古住宅ならホームインスペクションは不要か?

買主にしてみれば、自分で当該保険の検査をする必要がないことからメリットがありますし、保険がついている安心感もあります。ただ、ここで1つ疑問に思うこともあるようで、何度も買主から相談されることがあります。

「既存住宅売買かし保険付きの物件なので、ホームインスペクション(住宅診断)する必要はないですか?」
「不動産業者から、かし保険付き物件だから住宅診断は意味がないと言われたが本当か?」

こういったご相談です。先に答えを言えば「ノー」なのですが、その理由を解説しておきます。中古住宅の買主が、不動産業者が言うままに取引を進めて後から後悔するケースが続出していますので、注意してください。ちなみに、不動産業者は悪意があって言っているとは限らず、実態を知らずに誤った説明をしていることも非常に多いです(おそらく後者の方が多い)。

既存住宅売買瑕疵保険と建物状況調査の関係

既存住宅売買かし保険付き物件ならホームインスペクション(住宅診断)が不要かどうかを知るため、最初に知っておきたいのは、既存住宅売買かし保険と建物状況調査の関係です。

建物状況調査とは、2018年4月以降に不動産業者が売主や買主に対して説明することが義務付けられたインスペクションの一種で、国交省の示す既存住宅状況調査方法基準に基づく調査のことです。

ちょっとややこしいですよね。

既存住宅瑕疵保険の検査内容は建物状況調査と同等程度

不動産業者から瑕疵保険付き物件だと説明を受けたということは、瑕疵保険の検査を実行してその基準に適合した物件ということですから、安心材料の1つになります。

この瑕疵保険の検査内容は、前述した建物状況調査の内容とほぼ一致しているものです。検査員によって、多少の差がでることはあるものの、基本的には見ている項目は同等のものです。

建物状況調査の検査内容は簡易的で買主には不足する調査内容

建物状況調査の検査内容は、国交省の示す既存住宅状況調査方法基準に基づいておりますが、この基準が対象としている調査項目・範囲は限定的です。

たとえば、快適に暮らしていくために、そしてエネルギー効率に関係ある断熱材の状況は何も見てもらえません。

床下換気口(または基礎パッキン)は床下環境、つまり将来の白蟻リスクや土台などの腐食・カビにも関係するものですが、これも見てくれていません。こういった項目は買主ならば調査してもらって、結果を把握しておきたいですが、建物状況調査(≒瑕疵保険の検査)では調査していないのです。

既存住宅瑕疵保険の対象となる事故は限定的

購入後に瑕疵が見つかって既存住宅かし保険の保険金を請求できる(正確には保証者へ保証の履行を求めるのですが、複雑になるので説明を省略します)事故は、耐力上主要な部分の瑕疵や雨漏りに限られます(特約を付ければ配管も)。

それ以外に生じる補修費用は対象になりませんから、買主は自己責任で確認しておかなければならないのです。

瑕疵保険付きでもホームインスペクションはおすすめ

既存住宅かし保険付きでもホームインスペクション(住宅診断)をオススメ

既存住宅かし保険付き中古住宅であっても、買主はホームインスペクション(住宅診断)を実施した方がよいと考えるのですが、その理由を以下にまとめます。

  • 既存住宅かし保険の検査内容は簡易的・限定的なもの
  • 既存住宅かし保険の対象ではない瑕疵・不具合も多い

不動産業者が売主や買主に斡旋するインスペクションの多くは、建物状況調査の最低ラインのみを抑えたもので、買主が求めるべき調査としては不足していることも理解して、自分で探してきた買主向けのサービスを利用するよう注意しましょう。

中古住宅の購入で後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル