サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 建売住宅・注文住宅の坪単価の相場と価格比較するときの注意点

建売住宅・注文住宅の坪単価の相場と価格比較するときの注意点


建売住宅を購入するときでも注文住宅を新築するときでも、建物の坪単価への関心は高いです。検討している物件の坪単価やハウスメーカー、工務店が提示する住宅の坪単価を比較検討するとき、坪単価の相場や平均的な単価が気になる人は多いでしょう。

建売住宅・注文住宅の坪単価の相場と価格比較するときの注意点

新築住宅の建物の坪単価について、計算方法や相場、注意点などについて解説します。

坪単価の意味とその計算方法

建物の坪単価とは、その建物を提供する価格の1坪あたりの価格のことです。建売住宅であれば、販売価格のうち建物価格を建物の坪数(建物の面積)で割ったものであり、注文住宅であれば建築費用を建物の坪数で割ったものです。

建売住宅の坪単価

たとえば、以下の条件の建売住宅の坪単価を求めてみましょう。

  • 販売価格 4,450万円(土地の価格:2,800万円、建物の価格:1,650万円)
  • 土地面積 35坪
  • 建物面積 30坪

この場合の建物の坪単価は、「1,650万円÷30坪=55万円」となります。
ちなみに、土地の坪単価は、「2,800万円÷35坪=80万円」となります。

但し、実際に建売住宅の広告などを見てみると販売価格は載っているものの、土地と建物の価格、つまり内訳が載っていないこともあります。その場合、建物価格の坪単価の計算ができないのかと言えばそうではありません。消費税から坪単価を計算する方法があります。

消費税は土地には課税されず、建物にのみ課税されます。これを知っておけば、消費税の金額から建物価格を逆算することができます。以下のケースで計算してみましょう。

  • 販売価格 4,350万円(消費税100万円含む)
  • 土地面積 30坪
  • 建物面積 25坪

この場合、消費税から建物価格を逆算する計算式は、まず次の式で建物価格を求めます。
「100万円÷8%=1,250万円(建物価格)」

そして、次に以下のように坪単価を求めます。
「1,250万円÷25坪=50万円(坪単価)」となります。

ちなみに、販売価格(4,350万円)から建物価格(1,250万円)と建物の消費税(100万円)を引いた価格が土地価格(3,000万円)ですから、土地の坪単価は100万円となります。

坪単価の計算

注文住宅の坪単価

注文住宅の場合は、建築費用を建物の坪数(面積)で割ればよいので計算しやすいですね。

  • 建築費用 1,950万円
  • 建物面積 30坪

上記の例で計算するならば、建物の坪単価は、「1,950万円÷30坪=65万円」となります。

坪単価の計算については、注意点も多いですが、それはこのコラムの後半でお伝えします。

新築住宅の坪単価の相場

新築住宅を購入しようとされている方から、購入予定物件の価格が高すぎないか質問を受けることがありますが、アネストでは価格の査定など価格に関する相談を行っておりません。土地価格は、地域・土地の形状・道路条件・面積などの諸条件によって、相場がある程度わかりやすいものですから、同じ地域で多くの物件情報を見ていくことである程度は感覚がつかめるかもしれません。

しかし、建物価格の相場はあまり単純に評価できるものではありません。ハウスメーカーや工務店によって、建物のグレードが異なりますし、同じハウスメーカーであってもグレードをいくつも分けていることもあれば、個別の希望(設備や形状など)によっても大きく異なることも多いです。

とはいえ、各社が提示する価格帯は凡その範囲があります。坪単価別に高価格帯・中価格帯・低価格帯でわけてみましょう(具体的な社名の掲載は控えています)。

高価格帯のハウスメーカーの坪単価

高価格帯と言えるのは、坪単価70万円程度以上です。大手ハウスメーカーの多くはここに該当します。なかには坪単価が90万円を超える見積りとなることもありますので、資金にゆとりのある人や土地を所有していて土地購入費用が必要ない人が選択することが多いです。

中価格帯のハウスメーカー・工務店の坪単価

中価格帯と言えるのは、坪単価45万円~70万円の住宅です。地元密着型の工務店は、この価格帯の住宅を提供することが多いですが、建売住宅でも45万円~60万円程度の価格で提供することが多いです。

低価格帯のハウスメーカー・工務店の坪単価

低価格帯の坪単価は、45万円未満です。しかし、住宅建物の低価格化が進んでいるため、40~45万円ぐらいの住宅は非常に多くなっており、低価格という印象をもたない業界人も増えているでしょう。建売住宅は、低価格を最大のアピールポイントとしている物件も多く、その場合は低価格帯の住宅に該当するでしょう。

また、ローコスト住宅路線を強調するハウスメーカーの注文住宅でも、45万円未満であることもあります。注文建築でも低価格で取得できるようになったことは選択肢が増えていいことだと言えます。

坪単価を比較するときの注意点

建売住宅・注文住宅の坪単価を比較するときの注意点

建売住宅でも注文住宅でも、他の物件やハウスメーカー、工務店と比較検討するときに、坪単価を単純計算してその単価で比べてもあまり意味はありません。この比較だけであれば、住宅購入・取得に失敗することでしょう。

坪単価や総額費用を見るときに注意すべきこととしては、以下のようなものがあります。

  • 低価格の坪単価で釣って追加費用の請求をする
  • 設備・内装のグレード(グレードアップで坪単価があがる)
  • 含まれる工事内容の相違に注意
  • 施工床面積と建物延床面積の使い分けで誤魔化す
  • アフターサービスや保証期間の相違に注意

これらを順番に見ていきましょう。

低価格の坪単価で釣って追加費用の請求をする

注文住宅でマイホームを新築する場合、広告やWEBサイトに大きく強調して表示されている坪単価を目にすることでしょう。「坪単価 35万円」と書いておれば、これは安いですね。

しかし、広告などに表示されている坪単価は建物のプランが真四角で仕様・設備のグレードが最も低いということが多く、現実に発注を依頼する住宅ではそのような価格から大きく離れたものになることが多いです。なかには、必要なはずの設備が含まれていない価格を提示していることもあります。

低価格の表示は、新規顧客からの問い合わせを得るためのエサのようなものであることを理解しておきましょう。工事請負契約を結ぶ前に、実際の価格がどれぐらいのものになるか見積り書で確認できますが、坪単価を計算すると全く違ったものになると思っておきましょう。

設備・内装のグレード(グレードアップで坪単価があがる)

建売住宅でも注文住宅であっても、建物価格を比較するのであれば、契約に含まれている設備や内装、外装のグレードの違いを確認しておきましょう。クロスが異なるだけでも、クロスの使用面積が大きければ、価格に影響がありますし、設備の相違は1つの設備だけで数十万円の違いを生むこともあります。

同程度のグレードでなければ、建物価格の比較検討は難しいものです。

含まれる工事内容の相違に注意

契約対象となっている工事項目や含まれる設備の有無についても確認が必要です。影響の大きな項目の1つは外構工事です。最近の建売住宅であれば、隣地との境界を2~3段積みコンクリートブロックとフェンスということが多いですが、そういった仕様を確認すると同時に契約対象となっているのか確認しましょう。

植栽が何も含まれない住宅と植栽を含む住宅という違いもありますし、門扉の有無で違いがあることもあります。また、一般的に必要だと考えられる網戸やトイレの換気扇が標準仕様になっていない建売住宅もありますから、安いと思って購入したものの、購入後に必要なものを取り付けていけば何も安くなかったということもあります。

施工床面積と延床面積の使い分けで誤魔化す

建物の坪単価を比較するときに、一般消費者が陥りやすいワナとしては、建物の床面積の種類による誤解があります。

坪単価を計算するときには、建物価格を建物面積で割ることで算出しますが、同じ建物であっても建物面積の表示が異なることがあります。それが、施工床面積と延床面積の違いです。

延床面積はバルコニーや建物の軒の部分を含まないことがあります(条件による)が、施工床面積はこれらを含んだ本当の面積です。全く同じプランの住宅であっても、延床面積で表示するか施工床面積で表示するかによって面積が異なることがあり、面積が異なれば、坪単価の計算結果も異なってくるのです。

A社を施工床面積で計算し、B社を延床面積で計算して比較してしまっている人もいるため、注意してください。ハウスメーカーが坪単価を安く見せようとして、意図的に表示していることもありますから、誤魔化されないようにしましょう。

アフターサービスや保証期間の相違に注意

価格を比較するときは、ハード面だけではなく、ソフト面も比較して選択したいものです。アフターサービスや保証期間の違いが会社によって異なりますから、各社の条件をよく理解して検討しましょう。

10年保証を謳っている会社は、法律で定められた最低限度の保証しかしていないということでもありますから、このことも知っておきましょう。低価格を売りにしている会社では、多くの場合、これに該当しています。

新築住宅の購入で後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル