契約前の注意点(建売住宅の第三者検査の許可)

住宅購入・建築の基礎知識


HOME >> 住宅購入の基礎知識 >> 契約前の注意点(建売住宅の第三者検査の許可)

契約前の注意点(建売住宅の第三者検査の許可)

Last Updated on 2021-9-16

新築一戸建て住宅を購入すれば、完成直後や引渡し前に第三者の住宅検査を利用する方は多いです。理想は、契約前に検査しておくことですが、未完成物件を購入したときなどの竣工検査(完成時の検査)はどうしても契約後になってしまいます。

この竣工検査は、今では内覧会と呼ばれることが多く、通常は売主から買主へ内覧会の日時を案内して、実施することになります。売主から案内が無い場合には、買主から売主へ積極的に内覧会(=竣工検査)を行うように要望しなければなりません。

ところで、この内覧会には第三者の専門家を同行することが多いわけですが、この第三者の同行を拒否するような悪質な業者が稀に確認されています。専門家に診られてはマズイことがあるのでしょうか、、、

買主が購入した住宅に対して自らの意思で第三者を同行するのは、本来、自由ではありますが、互いの関係を悪くするのも良くありません。通常は、買主が強い気持ちを持って売主と交渉するのですが、関係を心配して遠慮される方もいらっしゃいます。

この時点で本来の信頼関係は破たんしているのですが、、、

とにかく、こういったことを未然に防ぐためにも、契約前に売主へ対して、

「内覧会(=竣工検査)に第三者を同行しても良いか?」

と確認しておきましょう。

ここで拒否するようであれば、建物の品質に自信を持っていない可能性があります。

「以前に、第三者に多くの施工不良を指摘されて対応がたいへんだったために、検査を拒否している」

という業者が確認されています。もちろん、こういった理由で検査拒否をするということは、その後も心配されるわけですから、そのような業者の住宅を購入すべきかどうか再考した方がよいかもしれません。

建売住宅の購入で後悔しないために

Tags:

アネスト
会社概要
お問い合わせ


住宅購入の基礎知識

ホームインスペクション(住宅診断)対応エリア

  • お問い合わせ
  • お申し込み
  • 会社概要
メディア出演・実績
メディア出演・実績
出版実績
出版実績
求人情報求人情報
株式会社アネストブレーントラスト
  • 0120-346-679
  • 営業時間
  • アフターサービスのご案内
  • お問い合わせ
  • お申し込み
ホームインスペクション(住宅診断)株式会社アネストブレーントラスト
お問合せ・申し込み