サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> ホームインスペクション(住宅診断)の流れ

ホームインスペクション(住宅診断)の流れ


住宅購入や購入後・引渡し前などに第三者のホームインスペクション(住宅診断)を依頼するとき、はじめての利用であるためにどのように話を進めていけばよいのか迷うことがあるでしょう。家を買うことは何度もないですから、ホームインスペクションを利用することも何度もあるわけではありません。

ホームインスペクション(住宅診断)の流れ

ここでは、慣れないホームインスペクションを依頼する流れを依頼するまでや依頼した後のこと、そして現地で実際に調査するときの流れも含めて解説します。依頼前はもちろんですが、取引を進めていくなかでわからなくなったときに読んでも役立つでしょう。

1.ホームインスペクション(住宅診断)を依頼・利用する流れ

最初に紹介するのは、ホームインスペクション(住宅診断)を依頼する前後の流れです。詳細を理解するため、少し細かく説明しますので、依頼するまでと依頼した後にわけて解説しています。

1-1.ホームインスペクションを依頼するまでの流れ

ホームインスペクション(住宅診断)のことを考え始めてから、依頼するまでの流れから説明します。順序通りにリスト化すると以下の流れになります。

  1. ホームインスペクション業者のピックアップ
  2. ホームインスペクション業者へ費用や空き状況を問合せ
  3. ホームインスペクション業者を絞る
  4. 絞った業者・売主等と日程調整
  5. ホームインスペクションを申し込み
  6. 必要書類を送付
  7. 待ち合わせ場所の確認
  8. ホームインスペクションを実行

以上のなかで、いくつか補足があるので解説しておきます。

●業者選び

ホームインスペクション業者のピックアップについては、1社に絞らず2~3社ほど検討した方がよいでしょう。

複数の業者に問い合わせて見積り金額や希望日の空き状況を確認するのと同時に、必ずどのような報告書が提出されるのかサンプルで確認しておきましょう。通常ならば、報告書のサンプルは各社のHPに掲示されているはずです。掲示されていない場合は、提示するようお願いしてください。

後に証拠として残る大事な報告書ですから、よく吟味しなければなりません。購入後や入居後のトラブルの差異にもこの報告書の内容が命運を握ることも少なくありませんので重視しましょう。

注意点は安い価格設定にしていて、後からリフォーム工事等の影響をしてくる業者が増えていることです。不要な工事を営業することが多発しているのですが、そういった工事を受注するために問題ないことを問題ある症状だと大げさに説明したり、虚偽の説明をしたりすることがあります。

見極めの仕方は、リフォーム工事をしている会社かどうか、そういった会社を紹介しようとする会社かどうかです。「何か見つかったときに、補修もしてもらえるか?または補修する業者を紹介してもらえるか?」と質問し、「Yes」と回答されたときには、このリスクがあるとわかります。

逆に、本当は補修等の対応が必要な症状なのに、それをきちんと報告してくれない業者もあります。それは、購入してもらうことが目的になっているので、売りたい人、つまり不動産業者や売主が紹介する業者に多いです。不動産業者や売主が事前に実施済みのホームインスペクションもこの種のものが多いです。

ホームインスペクション業者選びは簡単ではないですが、工事や販売を目的としていない会社であるかどうか見極めることが重要なポイントになります。

●日程調整

通常、正式な申し込みは日時が決まるまで受付してもらえません。日程未定で受付しても日時調整できなければ意味がないからです。日程調整は、依頼者とホームインスペクション業者だけではなく、売主や不動産業者とも調整が必要です。

●必要書類

必要とされる書類・資料は、ホームインスペクション業者によって多少の相違はありますが、基本的には間取り図があれば診断自体は実施可能なはずです。但し、同時に耐震診断を依頼する場合などは他にも必要なものがあるので、HPで確認するか直接質問してみるとよいでしょう。

当日、現場へ持参するよりも前もって送付しておき、間取りプランを確認しておいてもらった方が現場でスムーズに対応してもらえます。

●待ち合わせ場所

担当のホームインスペクター(アネストなら一級建築士が必ず担当する)とは、現場前で待ち合わせすることが一般的です。事前に業者に確認しておいた方がよいでしょう。アネストは、担当者から前もって依頼者へ連絡して待ち合わせ場所や時間を確認しあうので、待ち合わせで困ることもありません。

依頼後の流れ

1-2.ホームインスペクションを依頼した後の流れ

次に、現場でホームインスペクション(住宅診断)を実施した後の流れを説明します。実施すれば終わりではないですから、後の流れも把握しておきましょう。

  1. 調査結果(報告書)を受領
  2. 料金の支払い
  3. 質疑応答
  4. アフターサービス

以上が現場で調査を完了した後の流れですが、これについても補足説明しておきます。

●調査結果(報告書)

ホームインスペクションの当日にその場で説明を受けられることが一般的ですが、業者によっては現地説明なしで報告書を待つようにと言われることがあります。しかし、購入時に利用する場合、報告書を悠長に待っていられないことも多いですから、口頭で説明を受けられる業者を選ぶようにしましょう。

もちろん、依頼者自身が現地に立ち会うことを前提に考えることになります。

また、当日、現場で簡単なチェックシートを手渡すことで報告とするケースもありますが、詳細が不明でほとんど役立ちません。必ず、口頭できちんと説明を受けることや後日送付される詳細な報告書を重視してください。

●料金の支払い

多くの場合、料金は後払いになっています。報告書の内容を確認してから支払う方が安心でしょう。

●質疑応答

報告書を見てからホームインスペクターに質問したいことが生じることはよくあることです。また、対象物件を購入して入居した後に気になることがあれば、それについて質問・相談したいこともあります。そういったことにきちんと回答やアドバイスしてもらえる業者ならば、積極的に質問するとよいでしょう。

もちろん、アネストでは、こういったフォローは無償で対応しています。このときにも、詳細な報告書がないとわかりづらいことが多いので、最初の業者選びでは報告書の質を重視しなければなりません。よく比較しましょう。

ホームインスペクション現場の流れ

2.ホームインスペクション(住宅診断)の当日の流れ

最後にホームインスペクション(住宅診断)を行う当日の現場における流れを説明します。初めての利用であれば、現場でどのように進めていくのかイメージすることは難しいですから、ここを読んで頭のなかで少しシミュレーションしておくと当日を安心して迎えられるでしょう。

  1. 待ち合わせ場所で集合とご挨拶
  2. 当日の流れを説明・質疑応答
  3. 建物外部から調査開始
  4. 建物内部を調査開始
  5. 床下・屋根裏の調査を開始
  6. 調査結果を説明
  7. 質疑応答
  8. 解散

以上が当日の一般的な流れです。調査の順序は状況によって多少は前後することがありますが、基本的にこのような流れになることが多いです。この当日の流れについても補足しておきます。

●設備機器等の使用・取扱い説明

新築住宅の場合は、売主や建築業者から設備機器等の使用・取扱い説明が調査開始前や調査完了後に入ることがあります。売主等が、調査の冒頭から立ち会う場合は最初に行うこともありますが、途中から合流するパターンの場合には最後に行うことが多いです。

しかし、この説明は既に契約済みの物件の場合に限られ、契約前に行うホームインスペクションの際は行われることはほとんどありません。契約後、引渡し前のタイミングで改めて説明があることでしょう。

●当日の流れ・進め方の説明

担当するホームインスペクターから、調査の進め方について簡単に説明があります。とはいえ、現場の状況は流動的な部分もあるため、説明通りに進まないこともあります。たとえば、立ち会っている不動産業者や売主からの要望等によっては、それに配慮して調査の順序を変えるといったこともあります。

特に、売主が居住中である中古住宅では、売主やご家族の都合で先に調査を終えてほしい部屋があることもあります。臨機応変に対処すべき時があることも理解しておきましょう。

●調査の順序

一般的には建物の外部から調査を始めることが多いです。外部の基礎や外壁などを調査してから、室内の調査へ移っていきます。アネストでは、外部調査の際に外構(塀やフェンスなど)も調査対象に含めているサービスが多いため、外部調査の時間が少し長くかかります(購入後、外構が問題になって売主とトラブルになることが多いため外構も調査した方がよい)。

●調査結果の説明と質疑応答

調査結果は、一通りの調査を終えたところで説明をするものですが、実際に対象物を見ながら説明を聞いた方が依頼者にとってわかりやすいため、調査途中でいろいろな説明をすることも多いです。ですから、ある程度はホームインスペクターと一緒に見て回る方とメリットがあるので、そのように考えておくことをお奨めします。

但し、最後にまとめて説明を受けることもできますから、これに固執する必要はありません。できれば、調査時間中は一緒にずっと立ち会うことが好ましいですが、どうしても用事があって途中で抜けたいときなどは事前に相談するとよいでしょう。

そして、説明を聞き終えた後は積極的にわからないことを質問してください。ホームインスペクターが丁寧に答えてくれるはずです。

ホームインスペクション(住宅診断)の流れについて、依頼する前と依頼した後、そして調査当日に分けて解説してきましたたが、概ねのイメージは掴めたでしょうか。これでもわからない点があれば、ホームインスペクション業者に気軽に質問するとよいでしょう。

住宅購入で失敗・後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル