サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 既存住宅瑕疵保険付き物件の住宅診断(インスペクション)の必要性

既存住宅瑕疵保険付き物件の住宅診断(インスペクション)の必要性


中古住宅の購入を検討している人が、不動産ポータルサイトや不動産会社のサイトで物件場を見ていると、既存住宅瑕疵保険付きと記載された物件情報を目にすることがあります。今後はますます増えていくことでしょう。

既存住宅瑕疵保険付き物件の住宅診断(インスペクション)の必要性

最近では、中古住宅購入時に住宅診断(ホームインスペクション)を利用する人が多くなりましたが、既存住宅瑕疵保険付き物件ならば、住宅診断(ホームインスペクション)を利用する必要がないのかと相談を受けることもありますので、この2つの違いや買主がとるべき方法を解説します。

既存住宅瑕疵保険付きの物件

最初に、既存住宅瑕疵保険について理解しておく必要がありますね。これについて説明しておきましょう。

既存住宅瑕疵保険とは?

既存住宅瑕疵保険とは、保険をかけている中古住宅を売買した後に、保険対象となる瑕疵が見つかった場合には、補修費用等の費用について保険金が出るというもので、雨漏りや主要構造部の瑕疵などが保険対象の瑕疵とされています。

買主が補修費用を負担しなくてよいわけですから、買主にとってはメリットです。

この保険は、住宅検査会社等が検査した上で保証(不動産会社が保証することもある)し、それに対して国土交通省の指定を受けた保険法人が保険を付ける仕組みになっています。雨漏り等の問題が発生したときには、この保険法人から保険金が支払われる形です。

既存住宅瑕疵保険付きの物件とは?

不動産ポータルサイトなどで見かける既存住宅瑕疵保険付きの物件とは、この瑕疵保険が既に付いている物件ですから、保険に加入するために必要な検査等の手続きを改めてする必要がないものです。

既存住宅瑕疵保険は、検査で合格して保険料を支払ったものに付保されるものですから既に保険の検査に合格しているのは安心感があるのではないでしょうか。また、既に保険が付いているのであれば、その検査料や保険料の負担を買主が負わなくてよいケースが多く、これもメリットだと言えます。

保険と住宅診断は異なる

既存住宅瑕疵保険と住宅診断(ホームインスペクション)は一緒ではない

既存住宅瑕疵保険に加入するためには、その対象住宅を検査して合格しなければなりません。現場で検査が必要なのですが、どのような物件でも保険を付けていては保険制度が破たんしてしまいますから当然ですね。

この保険に加入するために必要な検査と購入時などに利用されている住宅診断(ホームインスペクション)は全く同じものとは限りません。保険に加入するための検査のことを住宅診断(ホームインスペクション)と呼んでいるケースもありますが、全く違ったものであることが多いことを理解しておきましょう。

それではどういった違いがあるのか以降で説明します。

調査範囲が異なる

既存住宅瑕疵保険の検査では、保険の対象となる項目のみが検査対象となります。つまり、雨漏りや主要構造部に関する項目ということです(特約によっては追加項目も生じる)。

保険とは無関係の住宅診断(ホームインスペクション)では、保険加入を目的としているわけではなく、買主が購入した後に補修すべき点などがないか、長持ちさせるためにすべきことがないかといったことをアドバイスすることを目的としているため、保険対象の項目以外も細かく診断しています。

基本的には、目視できる範囲は全て診断対象とする点において保険とは大きな違いがあります。

保険範囲外に問題が多い

建物は瑕疵保険の対象項目以外にも問題が多いものです。

たとえば、指摘が多いものとしては断熱材です。断熱材は、その住宅で快適に暮らしていくために、また省エネルギー性能を高めるために必要な大事なものですが、これは保険とは関係がないために、住宅診断(ホームインスペクション)を利用しないと見てもられません。

他にも結露の問題があります。これを解決せず放置していると将来的には構造的な問題を引き起こすこともあります。しかも保険の期間が切れた後に問題化するリスクもあります。

また、保険の対象項目であっても保険の基準に合格であるかどうかのみを確認しているため、不合格であれば買主は大変失望してしまいます。しかし、実際には保険に不合格であっても大きな問題ではないケースは多く、不具合の程度の説明や対処方法のアドバイスが非常に重要です。

しかし、そういったことは保険の検査ではないため、住宅診断(ホームインスペクション)の利用も推奨されます。

瑕疵保険と住宅診断の両方を利用がオススメ

既存住宅瑕疵保険は審査が厳しいため、保険が付かないことも多いですが、保険が付いているからといってそれほど安心できるわけでもありません。その理由は、前述のように対象項目以外の問題もよくあるからです。

そこで理想とされるのは、既存住宅瑕疵保険が付いている物件であり、且つ住宅診断(ホームインスペクション)によってアドバイスを受けられる物件であることです。それぞれに違ったメリットがあるものですから、その両方を利用しておくことが望ましいと言えます。

既存住宅瑕疵保険付きの物件を買うときには、契約前に住宅診断(ホームインスペクション)を利用を考えると良いでしょう。

また、この2つには重なる調査項目もありますから、既存住宅瑕疵保険が付いていない物件を買うならば、同時利用することで料金を抑えることもできます。アネストでは、この2点(既存住宅瑕疵保険と住宅診断)の同時実施に対応しているので依頼前に相談してください。

保険と住宅診断を効率的に利用するなら


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点