サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点

リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点


昔と最近のリノベーション済み中古住宅

中古住宅を購入しようと物件を探していると「リノベーション済み物件」「リフォーム済み物件」などと書かれている広告を見ることも多いものです。中古住宅の売主は一般個人の方であることが多いですが、このようなリノベーション済みの中古住宅の売主は不動産会社であることが多いです。

リノベーション済中古住宅の注意点

 一般個人の方では、自宅をリノベーションしてから売却するだけの工事費用を捻出するのが難しいことも多いですし、リノベーションしたとしてもその工事費用を上乗せした価格で売れる保証がないため、個人でそれだけのリスクを負うことはなかなかでしないです。

不動産会社が一般個人から中古住宅を買い取って、リフォームしてから再販することはずっと以前からよくありました。しかし、昔はクロスなどの内装を貼りかえる程度の小規模なリフォームをするだけでしたが、最近ではデザイン性に優れた、かつ間取りの変更や設備の交換まで行うようなリノベーションを行った物件が増えてきています。

中古住宅を購入してから、買主が自分でリノベーションをするには、その工事費用を準備することが難しいこともあって、リノベーション済みの中古住宅を有力な選択肢となっています。これからも増えているのではないでしょうか。

注意すべきは建物の状態

しかし、リノベーション済み中古住宅には、買主にとっての大きな問題があるため、十分に注意して購入判断しなければなりません。それは、その建物の状態の確認です。

リノベーションをすることによって、建物の見た目はたいへん綺麗なものになっているでしょう。しかし、見えない部分がどのようになっているのかは考えていない方が多いようです。

たとえば、リノベーションをしていない中古住宅を購入したとして、自分でリノベーションするときをイメージしてください。工事前や工事の途中で「隠れていた箇所に雨漏り被害があって柱の一部が腐っている」と工務店から報告を受けたあなたは、「一緒にそれも補修してもらおう」と考えるでしょう。

しかし、不動産会社がリノベーションして再販する場合には、「壁を張ってしまえば見えないので、コストもかかるしそのままでもよいか」と考えることも実際にあるのです。これは、知らずに買う方にとっては怖ろしい話ですが現実に起こっていることです。

リノベーション工事中の写真を見せて頂いて確認する方法もありますが、問題のある写真をわざわざ提示してくることはないでしょう。そうなりますと、リノベーション済みの中古物件ではリスクがあるまま購入することになることを理解しておく必要があります。

ただ、床下や屋根裏などに点検口が設置されていて、そのなかを十分に確認できるのであれば、そういった確認をして購入判断の参考にする方法も有効です。リノベーション済み物件の全てが危ないということではなく、そのような物件も含まれているということです。

不動産業者に悪意がなくてもトラブルは起こる

ちなみに、売主となっている不動産会社に悪意がなくとも、リノベーション工事をした下請け業者が不動産会社にきちんと報告せずに、補修すべき点を補修せずに工事を完成させてしまっていることも多いです。不動産会社が工事を任せてしまって現場の監督を怠った結果ですが、多くの不動産会社には監督するだけの技術的な知識や経験がないため、このリスクは多くのリノベーション住宅にありうると言えるでしょう。

リノベーション済み物件を購入するのであれば、第三者の住宅診断(ホームインスペクション)を利用することも考えましょう。また、リノベーション前に物件を知って見学できるのであれば、工事前や工事中(特に解体後)に診断してもらうのも有効です。

中古住宅の購入で後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点