サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 建物の一部のみに住宅診断(ホームインスペクション)できるか

建物の一部のみに住宅診断(ホームインスペクション)できるか


建物の不具合を心配して、住宅診断(ホームインスペクション)を検討している人からのよくある質問・要望のなかで、以下のようなものがあります。

  • 基礎だけ見てほしい
  • 床下だけ調査してほしい
  • 外壁だけ診断してもらえますか?

つまり、住宅の一部分についてのみ調査を希望しているわけです。建物全体を調査した場合、その所在地や面積、オプションなどにもよりますが、5万円程度以上の料金がかかるものですが、少しでも安くするために建物前提を診断せず部分的な調査を希望しているものです。

建物の一部に住宅診断(ホームインスペクション)

建物の一部分のみに限定した住宅診断(ホームインスペクション)は危険

「基礎だけ見てもらえればいいので」などと希望されるのですが、建物の一部分のみに限定した住宅診断(ホームインスペクション)は、危険なので推奨できません。「基礎だけ見ても適切に判断できないことがあるので、関連ある範囲や建物全体を点検する方がよい」と説明しても話を聞いてもらえず、怒られることもありますが、大事なことなのでここで説明しておきます。

診断結果は総合的な観点が必要

建物を調査・診断するうえで、非常に大事な基礎的な事項として診断結果は総合的な観点から検討して導き出すべきだという考えがあります。建物の一部に現れた症状のみを見て安易に判断せず、他にも関連のありそうな症状が出ていないか、何か他の兆候が見られないか確認したうえで、その建物の抱える問題点の有無やその内容を検討すべきなのです。

事例:基礎のひび割れと傾き

総合的な観点が必要だといえる事例を1つ紹介します。

「基礎にひび割れがあるので見てもらいたい」という相談は多いですが、このときに相談者が見ている箇所は基礎の外側(建物外部)であることが一般的です。基礎は基本構造部分ですから、ひび割れがあれば気になるのも当然でしょう。

このときに基礎の外側だけを住宅診断(ホームインスペクション)の対象として、ひび割れだけをみて「構造部分に達していないひび割れで、ヘアークラックというものだから大丈夫」という結果を出したケースがありました(他社さんの調査結果です)。

しかし、床下へ潜って調査したところ、外にひび割れのあった箇所の床下側にはもっと大きなひび割れが入っていることが確認されました。床下側から見る基礎は、コンクリートが露出しており主要構造部にひび割れが生じていることがわかったのです。

さらに、1階と2階で床の傾きが確認されました。それほど大きな傾きではないのですが、新築してから1年も経過していない時期なので、傾きが進行中の可能性も考えられます。そこで、次に地盤調査報告書を確認したところ、軟弱地盤であることがわかりましたが地盤補強がなされていません。設計者の判断で不要と判断したようですが、補強しないと心配される調査結果だと判断しました。

基礎外側のひび割れが軽微なものであったものの、築年数が新しく、まだ症状が出てきている途中だったのです。

ひび割れや傾き、染みなどは1つの症状でしかありません。人間でいえば、熱があるとか体がだるいと言った症状だと同じで、それだけでは適切な診断結果を出せないことがあるのはわかりますね。他にも異変がないか問診したり、ときには検査したりして診断結果を出すものです。

住宅でも同じように、他にどのような症状があるのかないのかを確認しないことには、適切な診断結果を導き出せないことは多いです。建物の異変・症状というものは、一般の人が気づきづらいものもあるため、建物全体点を点検することが大事なのです。

高額なインスペクション

部分的な調査をきっかけに高額な住宅診断(ホームインスペクション)へ

部分的な調査・診断では、適切に判断できないことがあることを説明しても、「他社は一部分のみの調査もしているではないか」と言われることもあります。確かにそういう業者を見かけることもあります。なぜ、そういう業者が存在するのかも説明しておきましょう。

部分的な診断(インスペクション)が不適切なのは専門家なら知っている

前述したように、部分的な調査・診断では適切に判断できないことがあることは、住宅診断(ホームインスペクション)の基礎的な知識ですから、部分的な診断(インスペクション)を行っている業者もこのことはよく知っているはずです。

建築現場関係の仕事の経験が何年もある人ならば、部分的な診断のリスクを想像できるでしょうし、住宅診断(ホームインスペクション)を業務としている専門家なら必ず知っているのです。

但し、詳細に調査するまでもなく、主要構造部に関わるような心配はないというケースもありますから、それだけを判断する目的ならば部分的な調査もありかもしれません。ただ、そういったものは写真だけ見ればわかることも多いです。

最初は安くても後から高額請求がくる

部分的な調査を実施して、詳細な調査が必要と判断されれば、結局、その後の調査費用の負担が生じます。最初の部分的な調査だけでは判断できないので、次回は全体を調査すべきだという結果が出れば依頼せざるをえないですね。

最初に格安で部分的に確認してもらうと、その業者に継続的に調査依頼するケースが多いため、その後の調査費用が割高になることも多いです。酷い金額を請求されているケースもあります。

住宅診断(ホームインスペクション)の依頼に際しては、部分的な調査ではなく、建物全体を診てもらうことを前提として考えたほうがよいでしょう。

欠陥住宅の被害にあわないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル