サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)

建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)


建売住宅の売主である不動産会社や注文建築を請け負うハウスメーカー、工務店などは、買主や施主に対して、「建築確認の検査が入っているので施工は安心」「瑕疵保険の住宅検査が入るので大丈夫」だと説明することが多いです。

買主が自分で第三者に住宅検査を依頼しようとすると、「当社でも第三者の検査機関を入れているから意味がない」と説明することも非常に多いです。ここで不動産会社やハウスメーカー、工務店が話す主な第三者の検査機関としては、日本住宅保証検査機構(JIO、ジオ)や住宅保証機構、ハウスプラス住宅保証などがあります。

不動産会社、ハウスメーカーの言う第三者検査機関とは?

これらが本当に第三者と言えるかどうかについては、以前から業界内でも異論がありますが、それぞれの出資者(株主)を確認すれば、状況が見えてきます(主な検査機関のみをあげています)。

第三者住宅検査機関
※2016年4月現在、各社のHPより

これを見ればわかりやすいですが、ハウスメーカーが出資した検査機関がハウスメーカーの建てる住宅を検査して、第三者と称している事実があります。また、住宅設備メーカーやガス会社にとって重要な取引先がハウスメーカーや不動産会社であることは言うまでもありません。

住宅に関わる建築、不動産関係の企業が、自分たちの建てる住宅を検査するようなシステムになっているのが現実であり、このような関係のなかで行われる住宅検査が本当に第三者の検査と言えるのでしょうか。本当に安心できるものだと言えるのでしょうか。

第三者と言いつつも住宅供給者側の住宅検査機関とも言える仕組みになっているのがわかります。

本当の第三者の住宅検査

住宅供給者側の住宅検査機関と不動産会社、ハウスメーカーの歪んだ関係

住宅供給者側の住宅検査機関は、資本関係があるとはいえ、個々に経営されている企業ですから、売上をあげ利益を出していかなければなりません。そのためには、多くの仕事が必要です。そして、その仕事を発注するのは、不動産会社やハウスメーカー、工務店です。つまり、これらの住宅検査機関にとってのお客様は消費者ではなく、不動産会社やハウスメーカーなのです。

発注者 : 不動産会社、ハウスメーカー、工務店
受注者 : 住宅検査機関

住宅検査機関は同業他社との間で激しい受注競争があります。様々な努力をして受注しているのは事実ですが、発注者(おお客様)である不動産会社やハウスメーカー、工務店から仕事をもらう立場であることから、第三者性に疑問が生じます。継続的に発注者から仕事をもらいたいため、発注者に対して弱い立場になることもあります。

次の「建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)」では、実際に住宅供給者側の住宅検査機関の検査を実施した住宅で施工ミスなどが見つかっているのかどうかお伝えします。

新築住宅の建築で後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル