サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 新築住宅の引渡し後の不具合への対応方法と流れ、注意点

新築住宅の引渡し後の不具合への対応方法と流れ、注意点


新築住宅(建売)を購入したり、注文建築で新築したりして、完成物件の引渡しを受けた後に、その購入者(もしくは施主)から建物の不具合(施工ミスなど)について相談をお受けすることが数多くあります。引渡しの後に引越しされて入居済みの方からも同様に相談が多いです。引渡し前の方は「新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)」をご覧ください。

引渡し後に不具合が見つかった時の対処法・流れ・注意点

せっかくの新築住宅で、引渡し後(入居後を含む)に施工ミスなどの不具合があれば残念な気持ちになることもあるでしょう。また、売主や施工会社がきちんと対応してくれるのか不安になることもあるでしょう。

引渡し後の不具合

引渡し後に不具合などが見つかった場合は、まず売主(または施工会社)へその不具合の内容を伝えて現地へ確認しにきてもらうようにしましょう。多くの新築業者は早期に不具合を確認しにきてくれるはずです。このとき、後々のために該当箇所・症状を写真撮影しておくと後に役立つことがあります。

売主等が現地確認に来た際に、問題のある症状であるか、そうでないか説明を受けて(説明は後日になることもある)、問題あることであれば早めに補修工事をしていただくようにしましょう。その不具合の内容にもよりますが、ひどいときには工事期間が長引いたり、一度退去してから補修工事して頂いたりすることもあります。補修工事が終われば、必ず補修後の確認を行って問題が解決しているかどうか判断してください。

ちょっとした不具合で補修工事が簡単なものであれば、それほど心配ないかもしれませんが、工事規模が大きなものであったり、売主や施工会社をあまり信頼できずに補修の必要性や補修内容に疑問を抱いたりする方も多いです。そのような場合には、一度、第三者の専門家に建物を点検してもらうと良いでしょう。自分たちが気づいていない不具合が見つかることもあります。

新築住宅の引渡し前に専門家の立会い検査を依頼していない方なら

一般的には、新築住宅を購入した場合、引渡しを受ける前に建物に問題がないか、施工不良が無いかといった点を確認する機会(内覧会や竣工検査などという)が設けられます。しかし、その機会を売主側から案内してもらえず、建物について細かなチェックをすることもなく、引渡しを受けてしまった方は、引渡し後や引越し後であっても、できる限り早期に点検しておくことをお奨め致します。

引渡し前に内覧会があった方でも、細かく見ていない方や専門家に立会い検査をしてもらっていない方も、第三者にチェックしてもらうことを考えてください。

新築して間もない時期であれば、施工不良を指摘して補修してもらえることが一般的です(但し、キズや汚れ、買主が壊したもの等は除く)。対応してもらえなくなる前に、早めの住宅点検をお考えください。

住宅の不具合が心配なら


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル