サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 住宅・不動産業界の知人のアドバイス

住宅・不動産業界の知人のアドバイス


住宅購入者の方のなかには、住宅・不動産業界に勤める友人や知人がいて、その方にアドバイスをもらうこともあります。なかには、運良く身内が業界関係者ということもあります。大きな買い物をする上で、たいへん心強い存在となりますね。

しかし、この知人や身内である業界関係者のアドバイスが、逆効果となるケースも少なくありません。住宅や不動産、または建築と一言で言っても業界は広く、それぞれの専門分野だけではわからないことが多いものです。

様々な住宅検査やアドバイスなどのサービスを行う弊社でも、一人で全てのアドバイスやサポートができるものではありません。

良かれと思ってアドバイスしてくれた内容であっても、それが事実と異なることもあれば、間違った方向へと導くこともあるものです。

「友人がハウスメーカーに勤めていて、『○○の検査(よく業者側が利用する検査)は、うちの現場の職人も嫌がるぐらい厳しい検査をする』って言っていたから大丈夫です」

と仰る方がいらっしゃいました。これと同じお話を何度も伺ったことがあります。しかし、そのうちの一人の方は、実際に工事が始まると不具合が発生した為、途中から弊社に依頼されたのですが、既に見えない箇所に不安が残ってしまったのです。

これと似た事例は多いのですが、お客様のご友人が仰ることを弊社も間違いとは言いにくく、こちらとしても辛いところです。もちろん、その友人に悪意はなく、単なる無知だったわけなのですが、それを信用した人にとっては大変ですね。

本当に信用できる人というのは、自分自身の専門分野以外は、「わからない」「専門外だ」とはっきり言える人です。営業担当者で建築現場に詳しい人は大変少ないですし、現場の人でも担当の工事種別が違えば専門外です。

「父が大工ですが、大工工事以外は自信がないと言っているので、検査して欲しい」

と仰られる方もいらっしゃいます。この父こそ信頼できる人だと感じます。

もう1つ、知人・友人との間で問題となる事例をご紹介します。

住宅の新築やリフォーム工事を知人や友人に依頼される方もいらっしゃいます。もしくは、近所の知り合いに依頼されることもあります。

こういった場合、取引の進め方に問題があったり工事に不具合があったりしたときに、「知人・友人なのでクレームや補修要求を言いにくい」と仰る方が非常に多いです。今までに何度、同じお話を伺ったかわかりません。

この知人・友人が善意であるだけでなく、知識的にも技術的にも信頼できる人(または会社)でない限り、むしろ全く知らない会社に依頼した方が良い結果を生みやすいのではないかと感じています。

善意だけでは、良い家造りはできません。

たとえ知人・友人と言えども、しっかり相手を見極める必要があります。悪意でなくともトラブルになれば、しこりが残り、人間関係まで悪化してしまうものです。

住宅購入で失敗・後悔しないために


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル