サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> リフォームの追加・変更工事によるトラブルと注意点

リフォームの追加・変更工事によるトラブルと注意点


Pocket

中古住宅を購入した後や居住している自宅が古くなってきたときには、リフォームを検討し始めることもありますが、リフォームでは様々なトラブルが全国で数多く生じています。

そのトラブルの1つに、工事開始後に施主が希望した追加工事やプランを変更する工事が原因となっているものがあります。リフォーム工事中に行う追加や変更工事の希望にはリスクが伴いますから、施主は慎重に検討しなければなりません。

リフォームの追加・変更工事によるトラブルと注意点

追加や変更工事によるトラブルを回避してリフォームを成功させるため、よくあるトラブル事例を示したうえで、失敗しないための注意点について解説します。

リフォーム工事開始後の追加・変更工事に関するトラブル事例

リフォーム工事を始めてから施主が、追加やプランの変更工事をしたときに起こりうるトラブルの事例を紹介します。ここであげるような問題に遭遇しないようにしたいものです。

工事完了後に想定以上の追加費用を請求された

元のリフォーム契約(工事請負契約)では、工事費用が580万円でした。工事が始まって完成が近づいてから、壁の位置を変更するよう依頼して変更工事をしてもらったところ、50万円もの追加費用を請求された。数万円でできると考えていたが、壁の下地材・クロス・巾木のほかに床や天井まで工事が必要だったため、大工の手当てなども含めて想定以上の費用がかかるとの説明であった。

別の事例でも、コンセントの位置をいくつか追加するよう希望して追加工事をしてもらったところ、数千円程度の追加費用だと思っていたら、5万~10万円も請求されたというケースもあります。希望する位置がコンセントを設置しづらい場所であったために壁・天井の一部で工事が生じたとのことです。

割高な見積りを提示された

追加やプランの変更工事を着工後に依頼して見積書を提示してもらったところ、思ったより見積もり金額が高かったため、値引き交渉をしたが拒否された。最初に契約する前は値引きしてもらえたのに、追加や変更工事では強気な態度であったという事例は多いです。

リフォーム業者にしてみれば、既に契約が成立しているため、追加で依頼されることについては他社と比較されることもほとんどなく、強気な態度に出やすいという事情があります。

追加工事のために不具合が生じた

工事中の現場を見学していたときに、その場の思いつきで一部のプランを変更するよう大工などの職人に依頼する人がいます。大工などの職人は良かれと思って施主の希望に応じることがありますが、後からこれが問題となることもあるのです。

たとえば、図面上の寸法では大丈夫だろうと思って洗面室の収納棚の壁の位置を少しだけずらしてもらったケースがあります。収納を少しでも大きくとりたかったから変更を希望したようなのですが、これにより隣に設置する洗面台の位置がわずかにずれました。

そのずれた洗面台が棚とは逆側にある扉の建具枠に干渉してしまうことが洗面台の取り付け時にわかったのです。ほんのわずかなことなのですが、建具枠に重なっている部分は不恰好です。

この類のトラブルは日常的によく生じていることですから、注意したいですね。

リフォームの追加・変更工事で失敗しないための注意点

前述したようなトラブルにあわないようにするためには、どうすればよいのでしょうか。リフォームの追加工事やプランの変更で失敗しないための注意点を解説します。

できる限り追加・変更工事を避ける

失敗して後悔しないための原則は、とにかく工事開始後の追加や変更を生じさせないようにすることです。これが最も優先すべき対策であることを理解し、リフォーム業者と契約する前に工事内容をきちんと整理しておきましょう。

リフォーム業者の営業マンからは、「契約してからでも(工事が始まってからでも)追加できることは、できるだけ対応しますよ」と言われることもありますが、だからといって気軽に契約してしまうと前述のようなトラブルに遭遇しやすくなってしまいます。

追加工事、変更工事そのものを避けることが大事だと認識しておいてください。

必ず、見積書をとる

どうしても工事が始まってから追加や変更したいことができた場合、必ず、その工事の見積りを書面(見積書)で提示してもらい、金額を確認してから発注するようにしましょう。これによって、想定以上に高い請求を後からされることはなくなります(このトラブルは非常に多いです)。

また、見積り金額を口頭のみで確認することにも注意が必要です。聞いていた金額と請求された金額が異なるとの相談を受けたことが何度もありますが、聞いていた金額が本当かどうか確認することもできません。

現場で職人に直接、指示しない

追加や変更工事の内容は、施主が建築現場を見学しているときに思いつくことが多いものです。そこで、その場にいる職人に「こうしてほしい」と言ってしまう人がよくいるのですが、これが問題を引き起こすことになるので注意が必要です。

その程度の変更に追加費用がかかると思っていなかったのに、後から請求されることもあれば、その変更のおかげで他の工事等に悪影響が出てしまうこともあります。しかも、その要望を施主がしたのだから施主の責任だと言われてしまうこともあります。

思いつきによって現場でどんどん指示してしまうことは、現場の混乱を招くこともありますから、そのような行為はやめておきましょう。

追加や変更工事に対する設計者の意見を聞く

追加やプランの変更は、その箇所や周辺に影響を与えることもありますから、ちょっとしたことだからと思って自分で勝手に判断しないことが重要です。細かなことでも、設計者に相談して追加や変更による悪影響がないか、工事費の金額がいくらになるかといったことを確認しながら、慎重に進めていくように注意しましょう。

リフォーム工事中に追加や変更を希望すること自体が悪いことというわけではありません。ただ、それにはリスクが伴うことを理解して、リスク回避のために適切に進めていかなければならないということなのです。

Pocket


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点