サイトトップ >> 第三者の一戸建て住宅検査・住宅診断等の一覧 >> 住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)

住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)

新築住宅の基礎配筋、土台から完成まで建築中に検査して欠陥住宅を未然に防ぐサービスです。工務店やハウスメーカーの施工監理(工事監理)ではない、一級建築士による第三者検査です。
建築士による建築検査
鉄筋の住宅検査
基礎・土台の建築検査
柱・金物の住宅検査
防水シートの住宅検査
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)の対象
  • 建売住宅(分譲住宅)、注文建築
  • 建築条件付き土地に新築する住宅
  • 地域の工務店、ローコスト住宅会社、大手ハウスメーカーの全て
  • 木造(壁式工法を含む)・鉄骨造・RC造・混構造・認定工法の全て
  • 一般住宅、賃貸併用住宅
  • 建築工事の開始からも途中からも検査可能
  • 完成物件の方は内覧会立会い・同行(竣工検査・完成検査)をご覧ください
新築住宅の建築時のリスク
多くの建売住宅やハウスメーカーが工事監理(施工監理)を適切に実施していないため、新築一戸建てを建築する上でのトラブルには、下記のものがあります。
  • せっかく建てた家が欠陥住宅だった
  • 欠陥・施工不良の補修を売主・施工会社に求めても対応しない
  • 当初の設計そのものに欠陥があった
  • 図面通りに建てられていなかった
  • 床下など隠れた箇所がゴミだらけだった
建築中の住宅検査は安心を得る最大のチャンス
工事開始後は各部材に隠れて目視できない部分が生じます。建築途中を検査(チェック)することが、欠陥住宅や施工不良を防ぐ為には最良のタイミングであると言えます。
新築住宅の建築前から完成までの全ての工程を検査(チェック)することが安全性の面から理想的です。なぜなら、基礎・構造など建物において最も大事な部分のチェックが可能だからです。
建築中(施工中)の住宅検査のメリット
  • 欠陥住宅などのトラブルを未然に防ぐことができる
  • 第三者の住宅検査が杜撰な工事への抑止力になる
  • 施工不良などに対して一級建築士が是正を求めてくれる
  • 一級建築士が検査することで業者の安全管理を促すことができる
  • 施工業者やハウスメーカーの説明に間違いがないか確認できる
  • 新築途中のチェックを自分でせずに専門家に任せることができる
  • 遠方での建築でも専門家に任せられるので安心できる

第三者の立場でしっかり住宅検査
住宅の建築は、元請会社(工務店等)から数多くの下請け業者へと発注される為に多くの業者によって1軒の家が建てられます。元請が例え大手企業であってもこの構図に変わりは無く、現場で作業している職人次第で、どのような建物にもなるものです。
本来は、元の工務店や売主である不動産会社などがしっかり監督しなければならないはずですが、残念ながら監督が行き届かずに施工不良、場合によっては欠陥住宅ができてしまっているのが現状です。
「住宅あんしん工程検査」は、営利に無関係な(建築仕様レベルを落としたり、手抜きすることによるメリット、デメリットがない)立場で第三者として一級建築士が建築中に検査(チェック)するサービスです。
住宅あんしん工程検査には、以下のコースがございます。ご希望の検査回数、
内容、予算等に応じてコースをお選び頂くことができます。既に建築工事が
始まっている方は、着工後の住宅検査もご覧ください。

住宅あんしん工程検査のコース比較表(木造)

重量鉄骨造鉄筋コンクリート造の方は左記をご覧ください。
検査内容 6回コース 8回コース 11回コース
サービスの事前説明
ご依頼前に無償で検査内容等をご説明致します
上記の検査回数には含まれません
初回打合せと図面確認
実施致しますが上記の検査回数には含まれません
地盤改良工事 オプション(地盤改良工事がある場合のみ)
掘り方(遣り方) - -
基礎配筋検査(底盤)
基礎配筋検査(立上り)
基礎コンクリート打設時の検査(※1 -
基礎コンクリートの仕上り・土台敷き
構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)
防水工事(外壁の防水シート等) -
断熱工事
設備配管、電気配線、基礎断熱 - -
下地材等 - -
竣工検査(内覧会立会いと同等)
補修後の確認検査 オプション
通常料金(検査料金の内訳

285,000円(税別)

373,000円(税別) 505,000円(税別)

※1:基礎コンクリート打設時の検査は工程・プラン等によっては実施しない、もしくは基礎配筋検査(立上り)と同日に実施することもございます。個々の工程に合わせて対応することとなります。
※上記の検査タイミングは一例であり、構造・工法・工程によって、より適切な検査を実施します。
※軽量鉄骨造も上記の木造と同等の内容となります(ケースによる)。
重量鉄骨造鉄筋コンクリート造の比較表もご覧ください。
※すで着工済みの場合は工事の進捗に合わせて検査回数・内容を組み立てますので、お気軽にご相談ください。
検査のタイミングは個別の内容・ご要望に応じて入れ替えすることも可能です。
内容に応じて検査回数はコース以外の回数に設定させて頂くことも可能です
のでご相談ください。
売主や施工会社が「瑕疵保険などの検査があるので大丈夫」と説明される
ことがありますが、その検査は簡易的なもので実際に施工不良を抑制する
効果は低いです。また長期優良住宅は現場検査がありませんので、施工
不良をチェックするには第三者検査が効果的です。
「新築住宅の住宅検査は不要」は本当か?

各検査コースの概要

■11回コース
初回打合せ(1回)と現場検査(11回)を行います。基本構造部分のほか、ほぼ全ての工程が含まれたコースで、最もお奨め致します。
■8回コース
初回打合せ(1回)と現場検査(8回)を行います。基本構造部分のほか、構造部分以外で建築トラブルの多い点も含まれたコースで、お奨めのコースです。
■6回コース
初回打合せ(1回)と現場検査(6回)を行います。基本構造部分に重点を置いたコース(但し断熱工事の検査を含む)で、竣工時の検査も実施致します。
【補足】
  • 地盤改良工事がある場合は、地盤改良工事の立会い検査を追加できます。また、他の検査を地盤改良工事の立会い検査に変更することもできます。
  • 原則、最初から最後まで同じ担当者が検査を行います(全体の流れ、経緯を把握することが大事なため)。但し日程調整上、やむを得ない場合は別の担当者が対応させて頂くこともございます。
  • 既に着工している場合は「着工後(建築中)の住宅検査」をご覧ください。

住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)1回コース

設計図書などの図面確認と建築中も一級建築士が1回のみの建築検査を致します。 「図面確認(1回)+現場検査(1回)」のサービスです。住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)1回検査の詳細はこちら
  • お客様のご希望のタイミングで1回のみ実施する検査です。
  • 2回目以降の検査を追加することも可能です。
  • 着工後にご依頼頂く場合で、検査回数を検討する時間がないときは、まずはこの1回検査をご依頼頂き、検査時に検査担当者とその後の検査回数・内容についてご相談させて頂くことも可能です。

建築中(施工中)の住宅検査の流れ

住宅検査の基本的な流れです。但し、工程・プラン等によって異なりますので参考としてください。また、ご利用の検査コース・検査回数によって、実施する検査が異なりますのでご予算等に応じてご検討ください。
検査前の打合せ
1.検査前の初回打合せ
お客様、施工会社、検査担当者の3者で行います。工程の確認、検査時期の伝達、担当者間の顔合わせ等を目的としております。

地盤改良工事
2.地盤改良工事の立会い検査
地盤改良工事がある場合で、希望される場合にのみ実施しております。
全ての検査コースに追加することができます。

掘り方・遣り方
3.掘り方(遣り方)
建物の配置、根伐りの深さ等の確認を行うか、もしくは砕石・転圧の状況の検査を行います。

基礎配筋(底盤)
4.基礎配筋検査(底盤の鉄筋等の検査)
基礎の底盤(ベース)部分の配筋検査です。鉄筋のピッチ、かぶり厚さ等の検査を行います。

基礎配筋(立上り)
5.基礎配筋検査(立上りの鉄筋等の検査)
基礎の立上り部分の配筋検査です。鉄筋のピッチ、かぶり厚さ等の検査を行います。
工程によってはアンカーボルトの検査も行います。

基礎コンクリート打設
6.基礎コンクリート打設の立会い検査
コンクリートの打設時に立会い、打設に問題ないか検査を行います。
工程によっては、このタイミングでアンカーボルトの検査を行います。
この検査はコンクリート打設の日時を早めにお知らせ頂く必要がございます。

基礎の型枠撤去後
7.基礎コンクリートの仕上りまたは土台敷きの検査
基礎の型枠を撤去後にコンクリートの仕上りの検査を行います。
工程によっては土台敷きのタイミングで検査を行います。

構造躯体
8.上棟後の構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)の検査
上棟して金物を取り付けた後に検査を行います。
柱・梁・筋交いや金物の取付状況が対象です。
2×4工法などの壁式工法であれば壁組の検査を行います。

防水工事
9.防水工事(外壁の透湿防水シート)の検査
防水工事の検査を行います。
外壁部分の透湿防水シートやサッシ周りの防水工事が主な対象です。

断熱材
10.断熱工事(断熱材の施工)の検査
外壁部分等の断熱材の施工の検査を行います。
一度の検査で全範囲の確認ができるわけではないため、8回コースと11回コースでは前後の検査の際にも関連箇所をできる限り確認致します。

配管
11.設備配管、電気配線、基礎断熱(ユニットバスの設置前)
配管・配線等はこのタイミング以前にも、別の検査で伺った際にも適宜確認いたしますが、ユニットバスが設置される前に検査することで大事な部分を確認できます。施工ミスの多い気流止めの確認もできます。

壁下地材
12.壁下地材
壁の下地材(ボード)工事の検査です。クロス等の仕上げ工事前に検査を行います。

内覧会
13.竣工検査(内覧会立会いと同等)
完成時点で建物全体の仕上がりを検査します。内覧会立会い・同行サービスと同等の内容で、通常は竣工検査や完成検査と呼びます。

補修後の確認
14.補修後の確認検査
竣工検査で指摘した事項の補修後の確認です。ご希望の方にオプションとして対応しておりますが、建築中に何度も検査をしている場合は重要度は高くありません。

 (ご注意点)  (サービスの対象となる方)
  • これから建築を始める新築一戸建て住宅を購入する方。(注文建築、建築条件付土地、建売住宅)
  • 欠陥や施工不良など建築上の住宅トラブルが心配な方。
  • 売主や施工会社の説明等に不信感がありご心配な方。
  • 第三者の住宅の検査が必要だと感じていた方。
売主さんや工務店さんとの今後の関係が心配なのですが?
確かにお住まいの後のアフターサービスなどを考えても良好な関係を築きたい
ですね。この点は担当の建築士も充分に配慮しています。素人ではなく専門家
(建築士)が入ることで、「無理なことを要求しない」こともあり良好な関係作りが
可能です。もちろん、指摘すべきことははっきり言いますよ。

建築会社・不動産会社との契約前ですが、いつ頼めば良いですか?
建築中の検査(チェック)に協力して頂く為にも、契約前に売主または施工会社に、
第三者の専門家(一級建築士)の検査を承諾して頂く必要があります。
そのためにも、契約書に記入して頂く承諾の文言についてもアドバイスいたします
ので、ご契約前にお問合せください。
建売住宅にも注文住宅にも対応しています。また、不動産会社や工務店との
契約前なら、 売買契約書建築請負契約書のチェックもご検討ください。
契約して後戻りできなくなる前にどうぞ。
役所の住宅検査や保険制度もあるようですが、アネストの住宅検査と何が違いますか?

住宅あんしん工程検査サービスの報告書のサンプル


建築中の検査の報告書

調査結果(拡大

報告書

調査結果(拡大

報告書

調査結果(拡大

  • 毎回の検査ごとに報告書を作成しメール送信(PDFファイル)し、全検査の終了後に全検査の報告書をまとめて送付いたします。
  • 報告書には写真が添付され、その横に検査内容と結果が記載されます。補修等の必要がある場合はその旨を記載いたします。
  • 写真の数に上限を設けていませんので、指摘箇所が多いほど写真の枚数が多くなる傾向にあります。指摘箇所がない場合も写真は添付されます。
  • 検査に立会いした会社(売主・施工者など)を記載いたします。

新築住宅における住宅業界の問題点

建築中の住宅検査で実際にあった指摘事項の実例

住宅あんしん工程検査サービスを利用されたお客様の声

■埼玉県 O.Y様
企業理念からもわかる安心感ですね。一つ一つのサービスが細かく設定されており、当初から出会っていればより満足度の高い家作りができたかもしれません。残念ながら現在の住宅業界は不信感の塊と思っても言い過ぎではないと思います。一言で言うと適当!自己防衛の為には、アネストさんのようなプロにお願いするしかないと思います。

ありがとうございました。の一言に尽きます。特に山本覚さんには大変お世話になりました。偶然ではありますが、人と人との出会いの大切さを身をもって感じました。本来ならば、住宅メーカーさんがそうでなければならないんですよね!これからもがんばってください。

住宅あんしん工程検査を利用されたお客様の声をもっと見る方はこちら

住宅あんしん工程検査でよくある質問(FAQ)

専門家のプロフィール 現場レポート
アネストの特長

住宅あんしん工程検査の前(建築前・契約前)に利用するサービス

■面談によるご相談 オススメ!
  • 契約前に売主や施工会社、ハウスメーカーに確認しておくべき建物の仕様などについてレクチャーを受けることができる。(詳細な図面が無い・大手メーカー以外で建築する・建売住宅の場合にオススメ)
  • 図面を見て建物のプラン上の問題点の相談ができる。
  • 不明点や心配な点などの相談ができる。
  • 詳しくは面談によるご相談をご覧ください。
■第三者の打合せ立会い オススメ!
  • 売主や施工会社、ハウスメーカーから建物の仕様・プラン等の説明を受けたり質問したりする場に立ち会う。
  • 売主等の説明におかしな点が無いか、確認すべき大事な点が漏れていないか等をアドバイスしたり、代わりに質問したりする。
  • 詳しくは第三者の打合せ立会いをご覧ください。
■売買契約書チェック ・ 建築工事請負契約書チェック

住宅あんしん工程検査サービスの代金等

■代金
前述の検査コース比較表の通りです。
北海道は料金が異なります
※料金は2度にわけて半金づつ、1回検査は検査後10日以内にお支払いです。

■追加料金
エリア及び建物面積(150平米超)によっては追加料金が生じます。お見積りはこちら

■支払い方法等
支払時期:後払い(詳細は支払方法・支払時期・キャンセル料について

■必要書類

■売主等への説明
不動産会社等に弊社サービス利用を説明するための資料をご自由にご利用ください。
住宅あんしん工程検査の業者向け資料(ココを右クリックして「対象をファイルに保存」)

住宅あんしん工程検査サービスの対応エリア

申し込み方法とサービスの流れ

1. 住宅あんしん工程検査サービスの事前説明のお申し込み
  • 事前説明は建物プランがある程度、決まってからお申込みください。
  • 原則、売主や施工会社と契約を交わす前にお申し込みください。
  • 事前説明は、当社または担当の建築士のオフィスにて行います。ご希望に応じてご訪問することも可能です。
  • 事前説明は無償です。その後、サービス利用の是非についてご判断ください。
  • 事前説明は、あくまでサービスの説明ですので、プランの内容等についての個別のご相談には応じておりません。
  • 売主または施工会社に第三者の調査を依頼することを検討中であるとお伝えください。
  • 事前説明のお申し込みはこちら(お問合せフォーム)もしくはお電話にてどうぞ。
     フリーダイヤル 0120-346-679
矢印
2. 本サービスの事前説明を実施(無償)
矢印
3. 売主または施工会社に第三者に住宅検査を依頼することを正式に伝える
矢印
4. 弊社へ正式にお申込み
矢印
5. 弊社より受付メールを送信
矢印
6. お客様と弊社及び担当者のご契約と代金(半金)のご入金
矢印
7. 売主または工務店とお客様、建物検査の担当者(一級建築士)で打ち合わせ
  • 調査の進め方等についての打ち合わせを行います。場所は、建築現場や売主の会社等で結構です。
    この打合せの後は検査が始まります。

住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み

一戸建て関連サービス一覧

お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
建売住宅の購入相談・サポートの一覧
注文住宅の相談・サポートの一覧
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アネストの特徴
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル