断熱工事(断熱材の施工)の検査

住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)の1つである断熱工事(断熱材の施工)の検査のご案内です。断熱工事の検査項目(チェックポイント)の例も公開します。
断熱材の検査・チェック
断熱材の検査、診断
断熱工事(断熱材の施工)の検査とは
上棟を終えてしばらくすると、断熱工事や防水工事(防水シートの施工等)などが始まります。断熱材の種類はいろいろありますが、いずれにしても検査対象となる重要なものです。
工法・工程にもよりますが、断熱工事を1回の検査で全てチェックするのは困難です。例えば、1階の断熱材を設置して2階の断熱材を設置し始めると、同時に1階の内壁の下地材を設置していく現場は多いです。
この場合、1階の断熱工事の検査をしようとすると2階を確認できませんし、2階を検査しようとすれば1階が確認できません。つまり検査範囲を広げるためには回数を増やす必要があります。
防水工事と断熱工事が同時進行することが多いため、同時に検査することが多くなります。外壁と一体となった断熱材も検査対象です。
「住宅あんしん工程検査」の11回コースでは、防水・断熱工事から下地材の検査までに4回の検査を行います。8回コースでは2回、6回コースでは1回の検査を行います。

断熱工事(断熱材の施工)の具体的な検査内容

断熱工事(断熱材の施工)の検査としては以下の項目があります。但し、建物の工法・プランや工事の進捗、工程によっては以下と異なることもあるため、一般的に考えられるチェックポイントだとご理解ください。
  • 断熱材の固定方法・施工方法
  • 断熱材の隙間
  • 施工箇所の適否
  • 気密層の確保

ハウスメーカーによっては、パネルと断熱材が一体となった製品である場合があり、その場合はパネル設置時か設置後に確認することになります。また、断熱工法・使用する断熱材によって、チェックポイントが異なることがあります。

建築中の住宅検査(1回検査)  建築中の住宅検査(複数回)
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル