基礎コンクリート打設の立会い検査

住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)の1つである基礎コンクリート打設の立会い検査のご案内です。基礎コンクリート打設時の検査項目(チェックポイント)の例も公開します。
基礎コンクリート打設前のチェック
基礎コンクリート打設の検査
コンクリートの納品書のチェック
基礎コンクリート打設時の検査
配筋工事を終えれば、基礎コンクリートの打設です。最近の工事では、2度打ちと言って基礎の底盤(ベース)部分と立ち上がり部分の2度にわけて打設することが多いです。もちろん、1度でコンクリートを打設することもあります。
「住宅あんしん工程検査」の11回コースと8回コースの場合は、この基礎コンクリート打設時の立会い検査を1度行います。6回コースでは、原則立会いしておりません(ご要望があれば追加可能。
11回と8回コースであっても、コンクリート打設の日時を早めに知らせて頂かないと、良いタイミングで実施できないこともありますので、施工者の協力が大事だといえます。通常は施工者から早めに日時を伺うことができるのですが、非協力的である場合に対応が困難なこともあります。
基礎コンクリート打設時の具体的な検査内容
基礎コンクリート打設時の立会い検査としては以下の項目があります。但し、工事の進捗・建物のプラン・工程等によっては以下と異なることもあります。
・基礎コンクリート工事(打設前)
 型枠組立
 レベル(天端の水平)
 配置寸法
 基礎形状寸法
 先行配管
 スリーブ状態

・基礎コンクリート工事(打設時)
 打込み
 生コン工場から現場までの所要時間(聴聞)
 生コンの納品書
 打込み箇所の清掃
 打込み箇所の散水
 締固め
 打継ぎ面の処理

建築中の住宅検査(1回検査)  建築中の住宅検査(複数回)
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル