基礎配筋検査(底盤・立上りの鉄筋等の検査)

住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)の1つである基礎配筋の検査(診断・チェック)のご案内です。基礎の底盤や立上りの配筋等の検査項目(チェックポイント)の例も公開します。
基礎の配筋検査
基礎の鉄筋検査(チェック)
配筋検査・診断
配筋のピッチを検査
配筋のピッチを検査
基礎の配筋検査
住宅の建築が始まってすぐに、建築中の検査の最初の重大ポイントとなる基礎の配筋(鉄筋)の検査です。配筋工事は、基礎の底盤(ベース)部分と立ち上がり部分の2つにわけることができます。そして、基礎の配筋検査(鉄筋の検査)も、底盤(ベース)部分と立ち上がり部分の2度にわけて実施することも多いです。
「住宅あんしん工程検査」では、この2度の配筋検査を行っております。
基礎配筋検査の具体的な内容
基礎の配筋検査(鉄筋の検査)やこれに関連する検査としては以下の項目があります。但し、工事の進捗・建物のプラン・工程等によっては以下と異なることもあります。
・鉄筋等
 配筋の形状
 鉄筋の径
 配筋の配置
 配筋のレベル
 配筋の継手の位置
 配筋の継手の長さ
 配筋の定着長さ
 配筋のピッチ
 補強筋
 かぶり厚
 スリーブ
 逃げ配管の状態
 開口部補強筋

・金物:アンカーボルト
 埋め込み状態
 通心
 首手寸法
 位置
 本数
 型枠への固定

・金物:ホールダウン金物
 埋め込み状態
 通心
 首手寸法
 位置
 本数
 型枠への固定

・換気
 床下換気孔
 基礎パッキン

建築中の住宅検査(1回検査)  建築中の住宅検査(複数回)
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル