HOME >> 第三者の一戸建て住宅検査・診断等の一覧 >> 住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) >> 基礎コンクリートの仕上りまたは土台敷きの検査

基礎コンクリートの仕上りまたは土台敷きの検査

住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)の1つである基礎コンクリートの仕上りまたは土台敷きの検査のご案内です。基礎コンクリートの仕上り検査の項目(チェックポイント)の例も公開します。
基礎コンクリートの仕上り検査
基礎コンクリートの仕上りチェック
基礎コンクリートの仕上り検査
基礎コンクリートの打設を終えれば養生期間を経て、型枠を撤去します。撤去した後のコンクリートの仕上り具合や金物の状況などを検査するタイミングです。ひび割れ、ジャンカ、コールドジョイントなどをチェックします。
「住宅あんしん工程検査」ではいずれのコースにおいても、この基礎コンクリート型枠撤去後の検査を1度行います。工程によっては、土台の施工中に行うこともあります。
基礎コンクリート仕上りの具体的な検査内容
基礎コンクリート打設時の立会い検査としては以下の項目があります。但し、工事の進捗・建物のプラン・工程等によっては以下と異なることもあります。
 ひび割れ
 じゃんか
 空洞
 コールドジョイント
 ブリージングによるレイタンス

建築中の住宅検査(1回検査)  建築中の住宅検査(複数回)
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル