住宅の工事監理・施工監理

新築一戸建て住宅の工事監理(施工監理)についての説明と関連するサービスのご案内です
建築士の建物検査
建築中の工事監理
工事監理については、建築士法の第2条において次のように定義されています。
「工事監理」とは、その者の責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認すること
施工監理という言葉をこの工事監理と同義で用いていることもよくあるようです。そして、ここに出てくる設計図書についても以下のように定義されています。
「設計図書」とは建築物の建築工事の実施のために必要な図面及び仕様書
つまり、その建物が図面等の通りに施工されているかどうかを確認することを工事監理(施工監理)と呼んでいるのです。 ちなみに、一級建築士や二級建築士といった資格の種別によって工事監理できる建物に制限があります。
本来であれば、工事監理者がいて図面通りに施工されているかチェックしているべきものですが、現実にはそうではない現場が 多数を占めています。工事監理(施工監理)を適切に行うにはコストがかかるためか、この非常に大事な業務が適切に行われていないのです。
そこで、この工事監理(施工監理)の代わりとして、消費者が自ら第三者に住宅建築中の検査を依頼することが増えており、自ら住宅の安全性を守ろうとしています。弊社で行っている「住宅あんしん工程検査」がこれにあたるものです。

住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み

お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル