建築中の住宅検査の指摘の実例

住宅あんしん工程検査(建築中の検査)での指摘事項の実例を参考までに公開いたします
下地ボードの施工
1階トイレにボード下地の欠損箇所がありました。
巾木で隠れない場合は、部分補修が必要です。
現場監督に指示済みです。
補強金物の取り付け
2階小屋梁の受け金物の釘打ちに施工不良がありました(釘の曲がり)。
早急な釘の打ちなおしを現場監督に指示済みです。
外周底版の巾
設計図書には、矢印で示しております底版巾の寸法は50cmと明記されております。
実際の寸法計測では、外周南側の全面と西側の南から一間程度は巾40cmで、不足致しております。
業者への指摘により、巾50cmへの是正と、その完了写真を提出する事で合意致しました。
ホールダウンと土台と通し柱
ホールダウン金物の傾斜を、垂直方向へ丁寧に直して頂く様、大工に依頼致しました。丁寧に直して頂ければ、特に問題は御座いません。
尚、普通の柱(管柱と言います)が105mm角に対して、通し柱は、120mm角あります。これを予め、図面で位置を明示して寸法の差(15mm)を納まりによって、外部へ出すことがあり、これは施工ミスでは御座いません。
トイレと洗面所の床材
トイレと洗面所の床材を、チェック致しました。
図面はフロアー材とありましたが、大工さんの書類ではCF(クッションフアー)と記載されており、大工さんもそれに基づいて施工される直前でしたが、確認したところ耐水用のフロアー材の施工と判明し、未然にミスを防ぐ事が出来ました。
スリーブ
1階浴室基礎コンクリート部分にある「スリーブ」の穴を間違えて空けた箇所の補修が適正でないため、再補修を行うように指示しました。
床下地材
床下地材の品質や床に傾きがないかを確認しました。
品質は合板の厚さ、規格品であるかなど問題はありませんでしたが、2階洋室床の一部に5/1000以上の傾きが見られましたので、是正するように指示しました。
サッシビス
2階北側WCL窓の外側サッシを留めているビスが1箇所鋼製の釘を使用していたので、指定のビスに取り換えるように指示しました。
2階洋室
2階洋室の南側サッシ枠の一部にビスがない箇所がありました。
きちんとビスを設置するように指示しました。
1階洗面所
1階洗面所壁入り隅部分に隙間がありました。
このままだと余計に開く可能性があるので、この隙間にボンドコークを充填するように指示しました。
給排水管の状況
給水、給湯、排水などの管は、概ね問題なく施工されていました。
玄関ホール天井裏の給水管が天井下地に接し、近くで固定されていないので、天井下地と離して固定するように依頼しました。
基礎と土台の設置状況
前回の基礎配筋検査後に打設されたコンクリートの状況と、土台の設置状況を確認しました。
一部で土台の継ぎ手部分と埋め込まれたアンカーボルトの位置が重なり、土台の継ぎ手を弱めている箇所がありました。
施工会社の担当の方に電話にて連絡をとり、ジョイントプレートなどの補強を行うことを前提に現地確認をしてもらうことにしました。
補強の方法とその施工状況は、電話連絡と次回の外壁雨仕舞い検査時に確認いたします。
防湿シート
防湿シートに欠損が多々見られましたので、ガムテープで塞いでおくよう指示しました。
また、落ちていた鉄筋や番線を撤去するよう指示しました。
アンカーボルト
アンカーボルトとホールドダウン金物の位置、及び数量の確認を行いました。
一部、写真のようにアンカーボルトが基礎の中心からずれている箇所がありましたので、このアンカーボルトに接続される土台に補強するように指示しました。
数量については図面にて確認し、問題はありませんでした。
筋かいの確認
筋かいの位置と種類、数量の確認を行いました。
その際、すべての箇所で図面と違うため、現場施工者へ確認したところ、2種類の図面があり、当方で見ている図面と現場の図面で筋かいの位置や種類に大きな相違がありました。
当方持参の図面は官公庁に提出している確認申請図書と同じものなので、すべての筋かいをこの図面通りに入れ直すように指示しました。


お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル