新築アパート工程検査(建築中の検査)新築アパート工程検査(建築中の検査)

住宅診断(ホームインスペクション)年間2000件超えの実績住宅診断(ホームインスペクション)年間2000件超えの実績


HOME >> アパート・収益物件 >> 新築アパート工程検査(建築中の検査)

新築アパート工程検査
(建築中の検査)

建築中の新築アパート

投資用・収益用の不動産物件(新築アパート・小規模マンション)の着工から完成までの建築中の検査(ホームインスペクション)をするサービスです。着工後に途中からの検査も可能です。


対象物件の条件とリスク・メリット

新築アパート工程検査(建築中の検査)サービスの対象となる物件の条件や新築アパートを建築するリスク、インスペクション(建物調査)を利用するメリットの紹介です。

インスペクションの対象物件

対象のアパート・マンション

  • 居住用の建物(店舗・オフィス専用は対応外、住居と兼用は対応可)
  • 木造・鉄骨造・RC造・混構造
  • 着工前および建築工事中の物件新築完成済はこちら中古アパートはこちら
  • 原則、3階建て以下
  • 建物延床面積500㎡以下
  • 依頼者は個人(または不動産業・建設業以外の法人)に限る

新築アパート購入のリスク

  • 引渡し後・入居後に欠陥・施工不良が見つかる
  • 施工不良を原因とした入居者からのクレーム
  • 補修工事・メンテナンスの想定外の支出
  • 引渡し後に建設会社の対応悪化と建築トラブル
  • 入居者との立ち退き交渉(補修工事のために)
  • 結果的に収益利回りが悪化

インスペクション(建物調査)のメリット

インスペクションのメリット


工程検査のコース比較表 
※木造軸組工法(在来工法)の場合

検査内容 6回 8回 11回
サービスの
事前説明

ご依頼前に無償
検査内容等をご説明致します
上記の検査回数には含まれません
初回打合せと図面確認
実施致しますが
上記の検査回数には含まれません
地盤改良工事の検査 オプション
(地盤改良工事がある場合のみ)
掘り方(遣り方)の検査 - -
基礎配筋検査
(底盤)
基礎配筋検査
(立上り)
基礎コンクリート打設時の検査(※1 -
基礎コンクリートの仕上り・土台敷きの検査
構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)の検査
防水工事(外壁の防水シート等)の検査 -
断熱工事(主に外壁面)の検査
設備配管、電気配線 - -
下地材等の検査 - -
竣工検査(内覧会立会いと同等)
補修後の確認検査 オプション

※1:基礎コンクリート打設時の検査は工程・プラン等によっては実施しない、もしくは基礎配筋検査(立上り)と同日に実施することもございます。個々の工程に合わせて対応することとなります。
※上の検査タイミングは一例であり、構造・工法・工程によって、より適切な検査を実施します。
※既に着工済みの場合は工事の進捗に合わせて検査回数・内容を組み立てますので、お気軽にご相談ください。
※水回り設備が多い場合は追加料金が生じます。


新築アパート工程検査(建築中の検査)の内容

建築中の検査(インスペクション)に関する検査回数、担当者、建築中の物件への対応についてご案内します。

検査回数等

検査内容・検査回数は、お客様のご希望や建設プラン、建物規模、工程によって異なります。5回程度~15回程度の検査を行うことが多いです。最終的にはお客様とご相談の上で検査回数や検査のタイミングを決めさせて頂きます。

検査担当者

必ず、アパートやマンションの設計及び監理の経験が十分な一級建築士が担当させて頂きます。

建築途中からの検査

本サービスは着工時から完成までの検査サービスですが、既に工事に着手しているアパートやマンションの検査にも対応可能です。

< 注意事項 >

  • 検査当日に目視にてわかる範囲が対象となります。
  • 検査精度はご利用頂く検査回数によって異なります。
  • 空調・衛生・電気設備は確認できないことが多いです。
  • エレベーター設備及び機械式駐車場は対象外です。
  • 構造計算のチェックは対象外です。
  • 報告書の作成も含まれます。

検査当日の立会い

新築アパート工程検査(建築中の検査)の検査当日の立会い者について説明します。

お客様(依頼者)の立会いを推奨

各検査の内容と検査結果をご理解頂くために検査の際に可能な範囲でお立会いください(必須ではございません)。遠方・多忙等のご理由で立会いが難しい場合は、検査後の報告書をご覧頂いてから質疑応答に対応致します。

ただし、完成時の検査へのお立会いは原則として必要です。難しい場合はご相談ください。

建築会社の立会いは原則、必要

施工不具合の指摘事項を伝達するため、原則、検査の際に建築会社の立会いが必要です。全ての検査への立会いが難しい場合は可能な範囲で立会いをお願いしてください。

立会いが無い際に見つかった施工不具合(指摘事項)は電話・メール等によって伝達することになります。


料金・支払方法・必要書類など

新築アパート工程検査(建築中の検査)の料金・支払方法・必要書類・キャンセル規定などを紹介します。

ホームインスペクションの料金

基本料金 30,000円(税込33,000円)
現場検査料金(1回あたり) 50,000円(税込55,000円)

料金の例

  • 検査回数 5回の場合: 280,000円(税込308,000円)
  • 検査回数10回の場合:530,000円(税込583,000円)
  • 検査回数15回の場合:780,000円(税込858,000円)
※室内調査は別途

支払方法・キャンセル料等



対応エリア


お問合せ・サービス説明・お申込み・検査開始の流れ

1. お見積り・その他のお問合せ
お問合せは「お問合せフォーム」「お電話(0120-346-679)」「LINE(スマホ)」をご利用ください。

LINEでお問合せ

2.事前説明のお申し込み

事前説明とは、検査内容・タイミングなどの説明を検査担当者が行うものです。検査回数が5回以上でご検討の方を対象としております。

  • 事前説明は建物プランが決まってからお申込みください。目安は着工時期の2~6週間前です。
  • 事前説明は無償です。その後、サービス利用の是非についてご判断ください。
  • 事前説明は、検査サービスの説明です。設計プラン等のご相談には応じておりません。
  • 施工会社に第三者検査を依頼検討中であるとお伝えください。
  • 事前説明のお申し込みは「E-mail」「お電話(0120-346-679)」「LINE(スマホ)」。

LINEでお問合せ

3.本サービスの事前説明を実施(無償)

検査担当者より、検査内容・タイミングなどの説明を行います。説明方法は以下からご選択ください。

  • 面会
  • お電話
  • オンライン(Zoom、LINEなど)
4.施工会社に第三者に住宅検査を依頼することを正式に伝える
5.弊社へ正式にお申込み
お申込みは「お申込みフォーム」をご利用ください。
6.弊社より受付メールを送信
7.お客様と弊社のご契約と代金(半金)のご入金
  • 弊社とのご契約は次の初回打合せと同日に同時実施となることが多いです。スケジュール等を考慮しながら調整させてください。
  • 原則、ご契約後5日以内に前半金のご入金です。スケジュールの都合で異なる場合は、案内させて頂きます。
8.初回打合せ
  • お客様、施工会社(一般的には現場監督)、検査担当者(一級建築士)の3者で行います。
  • 顔合わせ、工程の確認、検査タイミングの伝達等を目的としています。
  • 所要時間:30~60分程度を想定しています(施工者からのご質問量等で前後)。
  • 場所:施工者のオフィスで行うことが多いですが、別の場所も対応可能です。
  • 日程:第1回検査日より前ですが、検査日が近い場合、同時実施することもあります。
9.検査開始
  • 原則、検査担当者と施工会社にて検査日時の調整を行います。
  • 確定した検査日時をお客様へ連絡致します。日程が合えばお立会いを推奨致します。
  • 毎回の検査後、報告書を作成・送付致します。
  • 後半金の支払時期が近くなりましたら弊社より案内致します。
住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み


アパート等の収益物件・不動産のインスペクション一覧



  • お問合わせ
  • お申込み
  • 0120346679
  • LINEでお問合せ
  • 会社概要

メディア出演・実績

メディア出演・実績

出版実績

出版実績
お問合せ
お申込み
LINE問合せ