住宅あんしん工程検査(着工後の場合)

既に新築工事が始まっている(着工後・建築中)の住宅の工事中から完成までの検査のご案内です
着工前の方はこちらを、完成済みの方は内覧会立会い・同行をご覧ください。
基礎・土台


筋交い・断熱材
着工後の住宅検査が増えている
既に着工している(建築中)の住宅を購入する方は多く、そのような場合、着工時から住宅検査をできません。その為、建築工事の途中から検査を依頼する方が増えています。
また、着工前に契約したものの、着工後に不安を感じた為に、住宅検査を依頼する方も増えています。
様々なタイミングから建築中の住宅検査
基礎コンクリートを打った後や上棟後、断熱工事中など、様々なタイミングで住宅検査をお受けすることがあります。
検査回数・内容は、構造・工法・工程等によって異なりますが、弊社より内容に応じてご提案いたします(ご要望も伺います)。但し、検査開始時点で既に隠れて確認できない箇所は検査できません。

着工済みの住宅の検査は多いです。もちろん、着工前からの検査が理想です
が、今からできる範囲でしっかり検査しませんか? 完成後の内覧会のみの
調査よりもお奨めです!

着工後の住宅あんしん工程検査の具体例

■基礎の配筋を確認できる状況の場合
 ・配筋を確認できるうちに、急ぎの検査を強く推奨いたします。
 ・構造体を中心とした非常に重要な箇所の検査であれば、以下の5回となります。
    1.基礎配筋検査(底盤・立上りの鉄筋等の検査)
    2.基礎コンクリート打設の立会い検査
    3.上棟後(棟上げ後)の構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)の検査(診断・チェック)
    4.断熱工事(断熱材)・防水工事(防水シート)の検査(診断・チェック)
    5.完成後の検査(内覧会立会い・同行と同じ内容)

■基礎のコンクリート打設後の場合
 ・構造体を中心とした非常に重要な箇所の検査であれば、以下の4回となります。
    1.コンクリートの打設状況などの検査(診断・チェック)
    2.上棟後(棟上げ後)の構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)の検査(診断・チェック)
    3.断熱工事(断熱材)・防水工事(防水シート)の検査(診断・チェック)
    4.完成後の検査(内覧会立会い・同行と同じ内容)

■上棟後の場合
 ・構造体を中心とした非常に重要な箇所の検査であれば、以下の3回となります。
    1.上棟後(棟上げ後)の構造躯体(柱・梁・筋交い・金物等)の検査(診断・チェック)
    2.断熱工事(断熱材)・防水工事(防水シート)の検査(診断・チェック)
    3.完成後の検査(内覧会立会い・同行と同じ内容)

※上記は構造体や断熱・防水といった非常に重要な箇所に絞った検査のご提案内容です。
 但し、断熱・防水工事の全てを1回で検査できるものではなく、できる限り広範囲を効率よく確認できる
 タイミングで検査します。
※壁などの下地や配線、設備工事等の検査も行う場合は、上記に1〜2回分のプラスが必要です。

着工後の住宅あんしん工程検査サービスの代金等

■代金
検査回数によって異なりますので、お問合せください。
※所在地・面積によっては、別途、出張料や追加料金が必要な場合がございます。
※1回検査をご利用頂き、その検査時に追加検査についてご相談させて頂くことも可能です。

既に着工済みであれば、検査をできる限り急いだ方が良いことが多いです。検査
回数等で迷われている場合は、まず現状で1回検査をご利用いただき、その検査
時に検査担当者と相談して以降の検査回数を決めて頂くと良い
でしょう。1回検査
の後に回数を追加するパターンでも代金総額は同じです。
住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み

お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル