HOME >> 一戸建て住宅検査・診断の一覧 >> 住宅の点検・建物調査(居住中の一戸建て) >> 売主・工務店が倒産したので早めに点検

売主・工務店が倒産したので早めに点検

ご自宅の新築業者、不動産会社等が倒産した後の第三者の一級建築士による住宅住宅点検・診断(ホームインスペクション)について。
住宅の点検(床下)
畳をあげて点検
自宅を建築した工務店、不動産会社が倒産したら、、、
購入した住宅の売主や工務店、ハウスメーカーが倒産してしまった場合、売主等から適切な点検やメンテナンスを受けることができなくなります。
このようなケースの場合、建物を早め早めに点検し、適切な維持管理、修繕を心掛けて自らの手で住まいを守っていく意識をお持ち頂かなくてはなりません。しかし、建築知識をお持ちでない方がご自身だけで適切な維持管理をしていくのは簡単ではありません。
第三者の一級建築士の住宅点検・診断を活用
そこで、一度は専門家の目で建物の状態をチェックしてもらうことで、建物の現状を把握しておき、その後の住宅の維持管理などに活かして頂くことが、売主や工務店などが倒産した住宅の所有者にとっては大事な選択肢となっています。
このような住宅の点検・診断には、補修工事やリフォーム工事の受注を目的としない利害関係のない立場である第三者の一級建築士が適していると言えるでしょう。

第三者の住宅点検
住宅の点検・建物調査
住宅の点検・建物調査に関するコンテンツ一覧
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル