HOME >> 一戸建て住宅検査・診断の一覧 >> 住宅の点検・建物調査(居住中の一戸建て) >> 住宅の売却前の住宅点検・診断(ホームインスペクション)

住宅の売却前の住宅点検・診断(ホームインスペクション)

自宅を売却するときのリスクを抑制するための住宅点検・住宅診断(ホームインスペクション)のご案内です。
住宅の点検(床下)
畳をあげて点検
ご自宅を売却するリスク
ご自宅などの不動産を売却した場合、その対象物件に隠れた瑕疵があれば、売主は買主に対して補修等の義務を負う(瑕疵担保責任)ことが多いです。これは売主が知らなかった瑕疵でも対象となります。
瑕疵の内容によっては補修費用が多大なものとなり、買主との間でトラブルとなるため、売主はリスクをできる限り抑えておきたいものです。
リスクを抑えるための住宅点検(インスペクション)
売却後のリスクを完全になくすことは無理ですが、それでもできる限り抑えておきたいものです。リスク抑制のために活用されているのが、第三者による住宅点検・住宅診断(ホームインスペクション)です。
売却する前に一級建築士に診断してもらって問題箇所があれば、補修してから売却するか、買主にその瑕疵を通知して補修しないことを条件に売却します。
ただし、瑕疵があるまま売却する場合は値引きの要求額が大きくなる傾向にあるため(もしくは売れないため)、補修してから売却するケースが多いです。

ご自宅の売却前の診断のタイミング
売却活動を開始する前であるのはもちろんですが、できれば不動産仲介業者に査定してもらう前に利用しておき、不動産仲介業屋に診断結果を伝えてから査定してもらうとよいでしょう。診断結果によっては査定に影響することもあります。
売却時の有効な資料として活用
第三者の住宅点検・住宅診断(ホームインスペクション)の結果があることは、買主によっては安心感を与えることがあります。つまり、状況によっては売りやすくなることもあるため、売却前の利用も増えています(買主によっては売主側の診断結果を信用しないこともあります)。
仲介業務を行う不動産会社やその提携会社が行う診断では、第三者性が乏しいために買主が診断結果を信用しないことが多いため、売主が自身でホームインスペクション会社を選んで依頼することが重要です。利害関係のない立場の診断にこそより大きな価値があります。
第三者の住宅点検
住宅の点検・建物調査
住宅の点検・建物調査に関するコンテンツ一覧
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル