HOME >> 一戸建て住宅検査・診断の一覧 >> 住宅の点検・建物調査(居住中の一戸建て) >> 自宅(住宅)を賃貸する際の住宅点検・診断

自宅(住宅)を賃貸する際の住宅点検・診断

自宅を賃貸するときのリスク、第三者の住宅点検・診断の必要性について。
住宅の点検(床下)
畳をあげて点検
ご自宅を賃貸するリスク
転勤や家庭の都合等で長期間、ご自宅を空家にする際に、そのご自宅を賃貸にする方もたくさんいらっしゃいます。しかし、賃貸すれば借主から様々なクレームが入ることがあり、ご自宅を賃貸するかどうか悩まれる方も少なくありません。
特に建物が古い場合には、構造的な問題が心配され、不測の事態の際に借主から住宅所有者であるあなたへ責任を求められる可能性も考えられます。建物の安全性を考えるのは貸主(家主)としての責任です。
リフォームしてから長く賃貸する価値があるか?
ご自宅を賃貸する場合、痛んだ箇所などをリフォームしてから賃貸することが多いです。しかし、建物の構造部分などで劣化が著しい場合などには、せっかく表面的な部分のリフォームをしたとしても、賃貸するリスクが高いために賃貸しない方が良かったということも考えられます。

賃貸するか判断する前に第三者の住宅の点検・診断を
そこでご自宅を賃貸に出す前に、第三者の一級建築士に住宅の点検・診断を依頼し、構造的に問題がある等の結果が出た時には、賃貸することを中止したり、補修・補強をしてから賃貸したりするという方法があります。
また、住宅の点検・診断の結果次第では、賃貸ではなく売却するという考えに至るケースもあります。賃貸するか、売却するか、もしくはそのまま何もせずに保有しておくかを検討するための判断材料として、住宅の点検・診断は活用されています。
第三者の住宅点検
住宅の点検・建物調査
住宅の点検・建物調査に関するコンテンツ一覧
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル