サイトトップ >> 会社案内 >> 住宅検査・診断(ホームインスペクション)の第三者機関
住宅検査・診断(ホームインスペクション)の第三者機関

 弊社は不動産会社や建設会社、もしくはその子会社などではなく、本当に第三者の立場を貫いております。アネストは、真の第三者機関として住宅の検査・診断(ホームインスペクション)サービスを提供する会社です。
 最近は、住宅検査・診断(ホームインスペクション)と不動産会社との兼業も増え、住宅の検査・診断を利用する消費者にとっても、本当の第三者かどうかを見分けにくい状況のようです。自ら「第三者」と言いつつも、不動産・建設業と兼業したり、資本関係をもっていたり、、、
第三者機関
 住宅検査・診断と不動産・建設業(リフォーム業含む)の兼業は、物件の販売や工事の受注を目的とするものもあり、消費者を混同させてしまっています。
 事実、弊社にも「アネストは本当に第三者として検査してくれるのか?」と質問されることが増えてきました。
 今後は、不動産会社や工務店、リフォーム業者が、不動産の販売および工事の受注目的で、住宅検査・診断(ホームインスペクション) を集客のきっかけとして利用することが更に増えていくでしょう。
 リフォーム業者による検査・診断を利用された方が、その結果に不信感を持ち、弊社の検査を利用されました。その結果、リフォーム業者の診断結果とアドバイスが心配を煽りすぎていると感じるものでした。つまり、不要と思える工事の受注目的で診断結果を大袈裟に誇張して、消費者に伝えていたのです。

 今後は、このようなことが増えていく可能性がありそうです。たとえば、以下のようなことが考えられます。
 ・不動産業者が自社物件の販売促進に有利な検査結果を出す
   → その物件を売ることで利益を得る会社の検査・診断結果を信用できますか?

 ・不動産業者が他社物件の販売を止めて、自社物件の販売や仲介物件の販売に結びつける
   → 検査・診断の前後に他物件の販売や仲介の案内、営業行為を受けて信用できますか?

 ・リフォーム業者が劣化等を大袈裟に伝えて、高額な工事の受注を行う
   → 工事受注が目的の会社の検査・診断結果を信用できますか?
 「住宅検査・診断(ホームインスペクション)を利用して、物件販売や工事受注で利益をあげる」
 このような事業モデルに載せられてしまっては、消費者は安心できません。
 不動産会社や建設会社が自社物件などを検査することは良いことだと考えます。しかし、それを第三者によるものと誤認させると解釈が異なってきますよね。
 住宅検査・診断(ホームインスペクション)の利用を検討している方で、自分自身にとって必要なものが、本当の第三者性だと考えるならば、不動産業や建設業、リフォーム業の兼業ではない会社による住宅検査・診断をお奨め致します。
 最近では、不動産業者が不動産業者である事実を隠して、第三者と自称するケースも出てきました。この事実を知った方からご相談をお受けしたことで発覚しましたが本当に驚きです。確かに「第三者」という言葉は解釈次第なので言い訳もできそうです。第三者と言うだけではなく、「不動産業・建設業・リフォーム業をしていない」と明示している会社を選択されると安心でしょう。
 もちろん、アネストは本当の第三者性にこだわり、運営しております。不動産業や建設業、リフォーム業を兼業しておりませんし、それらとの資本関係もございません。住宅・不動産業界の第三者機関として各サービスを行っております。
アネストの会社情報
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
建売住宅の購入相談・サポートの一覧
注文住宅の相談・サポートの一覧
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アネストの特徴
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル