サイトトップ >> 第三者の一戸建て住宅検査・診断等の一覧 >> 新築一戸建て住宅診断(建売住宅のホームインスペクション)

新築一戸建て住宅診断(建売住宅のホームインスペクション)

新築一戸建て(建売住宅)の購入前に第三者の一級建築士が住宅診断(ホームインスペクション)を行うサービスです。建物の施工精度や不具合・施工ミスの有無をチェックし、この診断結果を購入判断に活用したり、売主等へ指摘して補修して頂いたりできます。中古住宅の診断(ホームインスペクション)はこちらです。
住宅診断
建物診断
新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断)の対象
新築住宅の購入後のリスク・問題点
  • 購入後に発見された瑕疵(水漏れなど)の為に、生活に支障がある
  • 購入後に上記のような瑕疵が発見されたが売主が真摯に対処してくれない(対応が遅い・不誠実である)
  • 購入後に上記のような問題箇所を補修してくれることになったが、その補修工事の為に、荷物を運び出す・平日に立会いするなどの面倒なことが多い
  • 購入前に知っていれば買わなかった・・・

新築一戸建て住宅診断(建売住宅のホームインスペクション)のメリット
  • 一般消費者に代わって、専門家の視点でチェックしてくれる
  • 原則、住宅診断(ホームインスペクション)の当日に補修箇所を売主側へ指摘してくれる(購入する場合)
  • 売主側の主張が正しいか判断してくれる(誤魔化されない
  • 専門家のチェック(ホームインスペクション)のおかげで入居後、安心して住むことができる
「新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断)」は、建売物件のご契約前にご依頼
頂くサービスです。ご契約後の引渡し前の建物診断は、内覧会立会い・同行
サービスをご利用ください。
住宅診断はホームインスペクションとも呼ばれており、住宅購入の際に多くの方に
利用されています。
売主側や仲介業者よりの住宅診断会社(ホームインスペクター)に要注意です。

新築一戸建て住宅診断(建売住宅のホームインスペクション)の調査範囲

壁の傾きの調査
小屋裏の調査
玄関タイルの調査
    【屋外部分】
  • 基礎、外壁、軒裏、雨樋、バルコニーが調査対象となります。
  • 屋根へは上らないため、屋根については地上やバルコニーから目視できる範囲における確認となります。
  • 建物外部の調査範囲は、地上・バルコニーから目視確認できる範囲が対象です(足場や梯子を使用致しません)。
  • 外構はオプション対応ですが、現在は無料キャンペーン中のため、診断時に外構部分が存在する場合に限り自動的に調査対象となります。

    【屋内部分】
  • 各スペース(居室・リビング・洗面室等の全て)の床・壁・天井・建具、床下、屋根裏が調査対象となります。
  • 基本サービスでは、床下及び屋根裏は点検口からのぞいて目視できる範囲が対象です(点検口が無い場合は対象外)。床下、屋根裏の内部へ進入調査をご希望の場合はオプションをご利用ください。
  • 家具・電化製品・その他荷物等がある場合、弊社で移動させませんので、診断時の現状のままで確認できる範囲が対象となります。

    【設備】
  • 診断時に水道・電気が使用できる場合、確認可能な範囲で設備も調査対象となります。使用できない場合、その関連項目は対象外となります。
  • ガス設備は調査対象外です。

※上記範囲でも診断時に確認できない箇所は対象外となります。
※上記範囲でも診断時に撤去済または未完成の箇所は対象外となります。
※売主又は居住者等が確認を拒否する箇所がある場合、その箇所は対象外となります。
建売の診断
建売住宅の完成物件に対応可能です。未完成物件の場合は、「住宅あんしん
工程検査(建築中の住宅検査)
」で対応致します。未完成物件の場合は完成
後に内覧会立会い・同行サービスをご利用頂きますと、よりご安心頂けます。
建売住宅の建築中の「住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査)」は、
検査項目が上記の検査項目と完全には一致しません。完成後でないと確認
できないことは対象外となり、逆に建築中だからこそ確認できることが検査対象
となります。現地に伺うタイミングによって検査項目が異なります。
現地での住宅診断(ホームインスペクション)の流れを写真付でご説明しています。
住宅診断(ホームインスペクション)は建売住宅にも注文住宅にも対応しています。

詳細報告書と標準報告書からいずれか1つを選択できる

調査報告書は、詳細報告書と標準報告書の2種類から選択可能です(詳細報告書は+5,000円税別)。ページ数は平均的な間取り・規模であれば、詳細報告書なら35〜45ページ程度、標準報告書なら20〜25ページ程度です。いずれの報告書を選択されても全く同じ項目を調査しており、掲載する項目数も同じです。異なるのは、以下の点です。
  • 詳細報告書 : 写真と総評、補足コメントが記載・掲載される ・ 郵送及びPDFをメール送信
  • 標準報告書 : 写真と総評、補足コメントが記載・掲載されない ・ PDFをメール送信のみ

□詳細報告書
基本的には詳細報告書を推奨致します。購入判断やリフォーム・メンテナンスの参考とするため、また大事な記録として残すために写真と総評が記載・掲載されている方が便利だからです。

□標準報告書
例えば、以下のようなケースでは標準報告書を選択してコスト負担を抑えるのもよいでしょう。

  • 購入判断のために依頼したものの、診断を進める中で購入意思がなくなったとき。
  • 診断を進める中で指摘箇所が少なく、詳細報告書がなくとも十分に理解できるとき。

詳細報告書とするべきか、標準報告書とするべきか最終判断するのは、診断の当日で構いません。診断を終えたときに、その場で診断担当者にいずれの報告書を選択するかお伝えください。

新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の報告書のサンプル

レポート(報告書)
建売住宅の住宅診断(ホームインスペクション)の後、不動産会社との契約前に、
売買契約書チェックもご検討ください。 契約して後戻りできなくなる前に、不利な
契約でないかチェックします。
本当は、契約前に専門家に見てもらう方が安心ですよね?良くなければ購入を
中止することもできますし、そのまま購入するにしてもメリットもデメリットも把握
して 判断できる>ので、後悔せずに済みます
から。内覧会同行よりも契約前の
新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)をオススメします。
不動産業者が「瑕疵保険の検査や第三者検査が入っているので買主が
住宅診断を入れる必要は無い」とよく話されますが、実際には不動産業者が
話す検査は細かなものはチェックしておらず、弊社が診断すると見逃されて
いる施工ミスが多くあります。買主が入れることに意味があるのです。
住宅性能評価や長期優良住宅、瑕疵保険などの検査が入っているから大丈夫
だと不動産業者から説明を受けることもありますが、これらの施工品質の検査は
簡易的なもの(もしくは品質チェックはしていない)です。ご注意ください。実際に
今でも欠陥住宅問題がなくならないことからも明らかです。
「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?

新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)を利用されたお客様の声

■神奈川県 F.K様

建売の購入ではこのようなサービスは必須になっていくのではないかと思います。数千万の買い物なのに、第三者的な評価なしで購入するのはリスクが大きすぎと思い、手付金振込み直前にこちらをみつけ、すぐ翌日に見ていただき、結果的には安心して契約できました。またいくつか指摘していただいた細かい点は、内覧会の際に修正事項として使わせていただきました。きめ細かい対応をしていただいた担当の山本様には感謝しています。

新築一戸建て住宅診断(建物診断)を利用されたお客様の声をもっと見る方はこちら

新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)でよくある質問(FAQ)

新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断)で使用する調査器具の一例

住宅診断の調査機器
上記の水平器(オートレーザータイプ)、水準器、打診棒などの調査器具を用いて調査を行います。
専門家のプロフィール 建売住宅の診断の現場レポート
アネストの特長
指摘事例

新築一戸建て住宅診断(建売住宅のホームインスペクション)のオプション

■床下の詳細調査、屋根裏の詳細調査
  • オプション利用が無い場合の床下および屋根裏の調査は、点検口などの確認できる箇所から覗いて目視できる範囲が調査範囲となりますが、この「床下の詳細調査」「屋根裏の詳細調査」は床下や屋根裏に入って移動できる範囲で目視調査を行います。
  • 但し、点検口等の入り口が無い場合や入口があってもスペースの関係で検査担当者が進入して移動できない場合には対応致しかねます。
  • 床下と屋根裏の詳細調査のご利用率は58.6%です。
  • オプションの利用有無について現地判断をご希望の場合は、必ずお申込時にその旨を仰ってください。事前にお申し出が無い場合には、準備がなく対応できないためです。
  • 詳しくは床下及び屋根裏の詳細調査をご覧ください。
■売買契約書チェック

新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)サービスの代金等

■代金
基本料金(標準報告書) 55,000円(税別)
詳細報告書(オプション) 5,000円(税別)
床下の詳細調査(オプション) 30,000円(税別)
屋根裏の詳細調査(オプション) 25,000円(税別)
外構調査(オプション) 3,000円(税込3,240円)
無料キャンペーン中
※外構調査はオプションですが、無料キャンペーン中のため、診断時に外構部分が存在する場合に限り自動的に調査対象となります
北海道・東北・北陸・中国・四国・九州の建売住宅の診断は料金が異なります

■追加料金
エリア及び建物面積(150平米超)によっては追加料金が生じます。お見積りはこちら

■支払い方法等
支払時期:後払い(詳細は支払方法・支払時期・キャンセル料について

■必要書類
必要書類の一覧(ココを右クリックして「対象をファイルに保存」
※但し、全ての図面が揃わないこともあるので、可能なものだけご用意ください。

■売主等への説明
不動産会社等に弊社サービス利用を説明するための資料をご自由にご利用ください。
業者向け資料(ココを右クリックして「対象をファイルに保存」)

■申込日
空き状況にもよりますが、前日のお申し込みでも対応可能です。但し、ご予約が一杯の場合はお断りさせて頂く場合がございますので、お早めにお申し込みください。

新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の対応エリア

新築一戸建て住宅診断の申し込み方法とサービスの流れ

1. 新築一戸建て住宅診断のお見積り・予約状況の確認及びその他のお問合せ
□お問合せは「お問合せフォーム」「お電話(0120-346-679)」のうち、
 お好きな方法をお選びください。 急ぎの方は「お電話」がオススメです。
矢印
2. 新築一戸建て住宅診断のお申し込み
お申し込みフォームからのお申し込みはこちら
□お電話でのお申し込みはこちら 0120-346-679
矢印
3. 弊社より「受付メール」を送信
矢印
4. お客様より当社へ必要書類を送付
矢印
5. 担当者よりお客様へ連絡(待ち合わせ場所・時間の確認のため)
矢印
6. 当日に現地にて住宅診断を実施  ※調査後、10日以内に代金のお支払い
矢印
7. 報告書を送付
矢印
8. 質疑応答
矢印
9. アフターサービス
□入居前後や入居後などにご不明な点がございましたら、ご相談ください。
アフターサービスのご案内はこちら
住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み

一戸建て関連サービス一覧