内覧会立会い・同行(マンション)のFAQ

内覧会立会い・同行(マンション)に関してよくあるご質問と回答内容です。こちらに掲載されていないご質問がございましたら、お気軽にお問合せください。
【 サービス内容(診断内容) 】
 建物は、機械が作るのではなく人が作るものです。多少のキズ・汚れの類は当然に発生いたします。キズ・汚れが全くない建物はまずないと考えて良いでしょう。弊社はそのことを充分に承知いたしておりますので、あまり細かなキズなどは指摘いたしません。
 ご指摘いただくのは、そこへ実際にお住まいになられる方ご自身の目で見て、「これは気になる」と感じられる点をご指摘いただくことが良いと考えます。
 また、これらの細かなキズを指摘し修繕していただいても、修繕時に別の細かなキズがつくことが非常に多いです。だからといって、キズ・汚れを全て見逃して良いかというとそうではなく、気になる点は遠慮なくご指摘ください。もちろん、判断のつかないものについては仰っていただいて結構です。アドバイス致します。
 調査対象範囲は、専有部分(お部屋の内部)と専用使用できる共用部(対象住戸のバルコニーや玄関ポーチ)のみです。室内のシンクの下部などで目視できる配管については漏水有無などを確認致しますが、範囲は限定的なものです。
 調査対象範囲は、専有部分(お部屋の内部)と専用使用できる共用部(対象住戸のバルコニーや玄関ポーチ)のみですので、対象外です。
 マンションでは原則として使用しておりませんが、ご希望の場合はお申込み時に仰って頂ければ対応致します。マンションでは一戸建てと異なり、内覧会で確認できる範囲が仕上げ面や設備に限られます。フローリング等の仕上げをレーザー水平器で計測したとしても構造的な瑕疵がわかるわけではなく、意味がありません。
 一部の検査会社で消費者の不安を煽るためか、レーザー水平器が必須であると誤解を与えるような表現がございますが、マンションにおいてはほとんど意味が無いと言えます。
 既に隠れて見えない箇所は調査不可能であるため、建物全体にかかわるような重大な欠陥は確認できません。内覧会で欠陥マンションでないか確認すべきだと記載しているHPもあるようですが、実際には内覧会では基礎・構造に関する調査はできません。
 よって、内覧会では、主に専有部分の表面的な部分(仕上げなど)や設備関連の調査を行ないます。もちろん、床・壁などの傾斜や水周りなどの専有部分の重要な箇所は調査を行ないます。
【 内覧会当日のこと 】
 基本的には事前に売主側へお伝えして頂いても、お伝えされなくてもどちらも問題ございません。同行さ  する買主が多いため、売主側もその対応には慣れていることが一般的で、事前にお伝えされない方も多いです。
 但し、売主によっては事前に連絡するよう買主へ案内していることもあるため、その場合にはお伝えくだ  さい。
 基本的には問題ございません。過去にも何度もこのようなことがございましたが、専門家が同行して拒否されたことはございません。本来なら、このようなことをお客様に伝える姿勢が疑問視されることだと考えます。
 原則として、その間の立会いは対象外です。但し、短時間であれば問題ございません。
 現場によって、受付から内覧までの順序が異なりますので、内覧を行なうまでの順序は現場へ伺ってからの判断となります。一般的には以下のような流れとなります。

 1.売主側の受付を済ませる。
 2.室内へ案内される。
 3.売主側より設備等の使用説明が行われる(無いこともある)。
 4.弊社の担当者より作業の流れ等を説明する。
 5.調査を開始する。

 調査中、お客様がお部屋の採寸等をされても問題ございませんが、重要な箇所や大事な指摘箇所については、お声がけさせて頂き、一緒に見ながら説明を行うケースもございます。指摘箇所は、発見される都度、もしくは調査終了後にまとめて売主側へお伝え致します(売主によって進め方が異なります)。
 内覧会の当日に担当者から売主側(通常は施工担当者)へ補修箇所の指摘を行ないます。
【 お問合せ・お申込み 】
 正式なお申込みと受付は、日時の確定後となります。確定次第、お早めにご連絡ください。
【 必要書類 】
 間取図のみで大丈夫です。但し、マンションの公式HP等で地図が確認できない際は追加で地図のご用意をお願いすることもございます。
 お客様ご自身では、メジャー・スリッパ・デジタルカメラを持参されるケースが多いようです。弊社の担当者が使用する調査に必要な道具は、こちらで用意しております。
【 調査時間・日程 】
 1時間30分〜2時間30分程度が多いですが、施工品質やお部屋の広さ、売主側の対応、またお客様によっても異なります。「お客様によっても異なる」とは、キズ・汚れに対するとらえ方の違いからきます。 キズ・汚れに関しては、お客様ご自身で見ていただくことになりますが、どの程度までのキズ・汚れが気になるかは、千差万別です。
 また、売主側から40分程度などと身近な時間の指定がございましても、当日の時間延長をほとんど全ての売主(もしくは施工会社)が受け入れて頂けます。短時間の調査では十分な対応ができないこともございますので、上記の所要時間がかかることをご理解ください。
 基本的には変更して頂くことが可能なケースが多いです。売主側から届く日程の通知には変更不可と記載があっても変更対応して頂けることがあるようですので、一度、販売担当者へご相談ください。
【 担当者 】
 弊社の社員または提携している一級建築士のどちらかが担当となります。
 必ず、一級建築士の資格を保有しているものが同行いたします。もちろん、現場経験も豊富なものが同行いたします。
 経験や実績、コミュニケーション力などの能力を確認して採用しており、その上で現場研修も行っておりますので、大きなばらつきはございません。ただ、ご心配でございましたら、弊社HPのプロフィール欄をご覧頂いてご指名頂くことも可能です。但し、地域によっては担当外ということもございますので、ご了承ください。
 担当者のご指名は可能です。但し、担当者によって対応エリアが異なりますので、指名できない場合もございます。また、担当者によって得意分野・不得意分野がございますので、不得意分野の担当者をご指名いただいた場合は、弊社からその旨をご説明の上、別の担当者を提案させて頂くこともございます。
 現地でお会いした際に資格証をお見せ致します。
【 その他 】
 マンションは一戸建てに比べて隠れて見えない箇所が多く、仕上げや設備の動作チェックが主となります。主要な構造部分がご心配であれば、依頼する意義はございません。
 但し、ユニットバスの天井点検口の内部などは一般の方が見てもわからないことが多いことや、買主が自ら指摘した箇所について売主側の担当者が「許容範囲」や「そういうものです」と安易に回答することも多く、そういったときに第三者が立ち会っておれば適切な意見を確認することができます。つまり、売主側に誤魔化されることが無いという点でメリットがございます。
 再内覧会への同行は、サービスに含まれておりません。必要な方には別途ご依頼頂く必要がございます。但し、最初の立会い時に指摘箇所を補修後の確認方法をご説明いたしますので、ほとんどの場合で必要ないとお考え下さい。年間で再内覧会への立会いも希望される方は10組程度の方です。
 サンプルを公開しておりますので、報告書のサンプルはこちらでご確認ください。
 事前に開けて頂く箇所はございません。当日、弊社の担当者が必要に応じて開けて確認することがございます。
住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み

お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
建売住宅の購入相談・サポートの一覧
注文住宅の相談・サポートの一覧
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アネストの特徴
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル