サイトトップ >> その他サービス >> 売買契約書チェック

売買契約書チェック

住宅購入前に第三者の専門家が売買契約書及び重要事項説明書のチェックを行うサービスです。第三者チェックにより住宅購入者のリスクを抑制致します。
売買契約書
売買契約書チェック
売買契約書に捺印
売買契約書チェックの対象
  • 初めての不動産購入で不明点が多い方、不安な方
  • 売買契約書の内容に買主不利がないか心配な方
  • 営業マン・不動産会社の対応が不親切で心配な方
  • 大きな買い物の契約なので、第三者チェックをしたい方
売買契約書の内容を理解していますか?
マイホームの購入申込をして、いよいよ売買契約を行うというときに、あなたは「本当に契約書の内容を理解している」と自信を持って言えますか?不動産の売買契約は、高額な金銭が絡みます。
高額な不動産取引であるにもかかわらず、売買契約書の内容を理解せずに印鑑を押す方が非常に多く、後々のトラブルを招いております。
多くのトラブルの原因は売買契約にある?
不動産売買におけるトラブルは非常に多いですが、それが売買契約書の内容に起因することがよくあります。逆に言えば、売買契約書の内容に問題がなければ防げていたトラブルが多いということです。
あなたにとって不利な契約内容であるがために予想外の金銭的負担を強いられることがあります。さらには、精神的な負担もあるのです。

売買契約で失敗しないための方法とは?
売買契約書は、通常、売主である不動産会社や仲介する不動産会社が作成します。自らが作成する売買契約書に不動産会社に不利となることは記載しませんよね?どのようなことで後々トラブルになるか理解している不動産会社が、トラブル時に自分達に有利な内容になる契約書を作っていたら・・・
契約書で失敗しないための最良の手段は、あなた自身が売買契約書の内容を全て理解することです。具体的には、以下のことを最低限やっておきましょう。
 ・必ず、売買契約書類は契約日より前の日にもらって熟読しておく
 ・売買契約書だけでなく重要事項説明書も熟読しておく(重要事項説明書とは契約書よりも重要な書類?(クリック)
「知らなかった」「素人だからわからない」そのような言い訳は、契約の後では
通用しません。何度も、契約後に後悔している方を見てきています。その多く
が、売買契約書と重要事項説明書さえ理解しておれば防げたことです。
売買契約書に潜むリスクとは?
  • 顧客に不利な条文をいれることによって、契約を解除したときにときに手付金や損害賠償などでよくトラブルになる。
  • 住宅ローンに関する特約の部分で顧客にとって不利な記載をすることが多く、これにより予定外の購入プラン(資金計画)を強いられることがある。
  • 建築条件付きの土地の売買契約において、顧客にとって不利な内容や契約の仕方などがあり後々のトラブルに発展することがある。
  • 聞いてなかったことが条文に入っており、それが原因でトラブルになることが多い(印鑑を押していれば、聞いてなかったではすまされない)。
上記のほかにも、不利な条文が入っており後々トラブルになることがあります。それどころか、本来なら無効である条文が入っていても無効であることを知らない為に、不動産会社の要求を拒否できず金銭的な負担を強いられることがあります。

売買契約書チェックサービスの具体的な内容

上記のようなリスクやトラブルを未然に回避し、安心して取引していただくための第三者による売買契約書と重要事項説明書のチェックサービスです。「自分たちだけで契約書及び重要事項説明書を理解することは困難」と感じられた方へのサービスです。お客様の取引内容や考えに適したお取引であるかチェックするためにも弊社からお送りするヒアリングシートに記入していただき、契約書類と一緒に送付していただきます。

売買契約書チェックサービスの報告書のサンプル

売買契約書
表紙
契約書チェック
チェック内容(拡大

チェック内容
総評
総評・注意事項など
・7ページ程度(表紙除く)
・各条文ごとに、問題の有無や確認すべき事項がないかチェックしている。
・訂正や追記の必要な箇所があれば、その内容を記載。
・総評に全体の評価や補足事項などを記載。
弊社としては契約書類を事前にチェックしておき問題箇所等の訂正・アドバイスを
することにより大部分のリスクを回避できると考えており、原則、立会いは行って
おりません。
立会いを行いますと、お客様の費用面の負担も大きくなります(数万円単位で)。
しかし、立会いしなくても大部分のリスクを防げるため、契約書類の事前チェック
のみの対応としております。これは、弊社(アネスト)のポリシーでもある「本当に
意義あるサービスの提供」を考慮したものです。
契約書は契約日より前にもらえるものでしょうか?
お客様の方から催促しないと事前にもらえないことが多いですが、要求すれば、
通常はコピーをもらうことができます。万一、契約日まで見せないという会社が
あれば、そのような会社から購入するかどうか慎重に検討した方が良いでしょう。

売買契約書チェックを第三者に依頼するかどうかの目安



以上のいずれかに該当する場合は、第三者による売買契約書類のチェックをご検討ください。

売買契約書チェックの対象物件

全ての住宅が対象です。
新築一戸建て・中古一戸建て・土地・新築マンション・中古マンション

売買契約書チェックは以下のサービスとご一緒のご利用が多いです

  • 新築一戸建て住宅診断 : 新築戸建の建物診断
  • 中古一戸建て住宅診断 : 中古戸建の建物診断
  • マンションの通信簿 : 新築マンションのモデルルーム同行
  • 中古マンション建物調査 : 中古マンションの建物調査、管理チェック
  •  ※但し、新築マンションは指摘事項も少ないことから、売買契約書チェックの依頼の必要性は低いと考えられます。

    売買契約書チェックサービスの代金等

    ■代金
    売買契約書        40,000円(税別)
    建築工事請負契約書  40,000円(税別)
    ※新築マンションは上記代金に10,000円(税別)が加算されます。
    ※同一物件で上記の両サービスをご利用の場合は、75,000円(税別)。
    ※当社への郵送費用はお客様負担、当社からの返送費用は当社負担。

    ■キャンセル

    ■必要書類
    【不動産会社に用意していただく書類】
     売買契約書、重要事項説明書、諸費用の概算書(項目と概算金額の一覧)
     建築確認済証・建築確認申請書(新築の場合)
    【法務局で集める書類】
     登記事項証明書(土地・建物)、建物図面、地積測量図、公図
     ※不動産会社に用意していただいても結構です。
    【ご自身もしくは不動産会社に用意していただく書類】
     住宅地図
    建築工事請負契約書チェックを依頼する場合の必要書類はこちら

    ■売主等への説明
    不動産会社等に本サービスの利用を伝える際に説明が面倒な方は、以下のファイルをダウンロードして、不動産会社等にお見せください。
    売買契約書チェックの業者向け資料(ココを右クリックして「対象をファイルに保存」)

    ■報告日
    必要書類の到着後、2日程度でのご報告が可能です。

    対応エリア

    全国対応

    売買契約書チェックサービスの申し込み方法とサービスの流れ

    1. 売買契約書チェックのお見積り・予約状況の確認及びその他のお問合せ
    □お問合せは「お問合せフォーム」「お電話(0120-346-679)」のうち、
     お好きな方法をお選びください。 急ぎの方は「お電話」がオススメです。
    2. 売買契約書チェックのお申し込み
    お申し込みフォームからのお申し込みはこちら
    □お電話でのお申し込みはこちら 0120-346-679
    3. 弊社より「受付メール」を送信
    4. お客様より当社へ必要書類を送付
    5. 弊社にて書類をチェック後、報告書を作成・送付
    必要書類が届いた当日〜2日以内に報告書を作成いたします。
    早期のご報告をご希望の場合は、E-mailに添付またはFAXにて送付いたします。
    お電話やE-mailにて補足説明を行うことがございます。
    6. 質疑応答
    7. お客様より代金のご入金


     契約前によくご利用いただくサービス
     マンションの通信簿 ・・・新築マンション
     中古マンション建物調査
     新築一戸建て住宅診断・・・新築一戸建て
     中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
     土地調査
     住宅あんしん工程検査・・・未完成物件

    住宅診断・検査のお問合せ
    住宅診断・検査のお申込み