新築アパート・中古アパート(一棟)向けのアネストのホームインスペクション(住宅診断)サービスに関するよくある質問と回答(FAQ)です。

サービス内容・調査内容

新築アパート(建築中)の検査範囲は?

基礎工事や上棟後などの工程ごとに施工ミスの有無をチェック致しますが、項目は多岐に渡るため新築アパート工程検査(建築中の検査)のページでご確認ください。また、検査担当者と面会して頂いて検査内容や進め方等について、サービス申込前に事前説明を無償で行っております。

新築アパート(完成物件)の検査範囲は?

建物の外部は、基礎周り・外壁面・軒裏がある建物は軒裏も確認致します。屋根の上にあがる調査は行っておりませんので、屋根面は地上やベランダから見える範囲の簡易的な確認となります。

建物の内部(室内)は、各居室などで床や壁の傾きを計測したり、建具や水周りなどの設備で動くものの動作チェックをしたり致しま(ただし、室内調査のご利用がある場合に限る)す。床下や屋根裏は、点検口などの覗ける箇所があれば覗いて見えるところまでが含まれます。

床下や屋根裏の中へ担当者が進入して行う調査は別途オプションです。

中古アパートの調査範囲は?

建物の外部は、基礎周り・外壁面・軒裏がある建物は軒裏も確認致します。屋根の上にあがる調査は行っておりませんので、屋根面は地上やベランダから見える範囲の簡易的な確認となります。

建物の内部(室内)は、各居室などで床や壁の傾きを計測したり、建具や水周りなどの設備で動くものの動作チェックをしたり致しま(ただし、室内調査のご利用がある場合に限る)す。床下や屋根裏は、点検口などの覗ける箇所があれば覗いて見えるところまでが含まれます。

床下や屋根裏の中へ担当者が進入して行う調査は別途オプションです。

隠れて見えない箇所も調査を行いますか?

調査範囲は目視できる範囲です。建物の一部(床や壁等)の解体を伴う調査は行いません。但し、目視できる範囲で確認された症状等から見えない箇所の問題点について推測できることがあれば、その内容やリスクについて説明できることもございます。

住宅診断(ホームインスペクション)で、建物を壊す(解体する)ことはないですか?

主に目視と非破壊の調査器具を使用して住宅診断(ホームインスペクション)を行いますので、建物を傷つけたり壊したりすることはございません。

室内の調査は必ず行いますか?

室内の調査は、お客様がご希望の場合のみ行います。ただし、中古アパートの場合、入居中の室内の調査は実施できません。

調査する室数に応じて調査料金が異なりますので、依頼前にお見積り料金をご確認ください。

対象となる物件

新築でも中古でも対応可能ですか?

対応可能です。新築の場合、建築途中の検査も完成物件の検査も対応可能です。中古の場合、築浅でも古い建物でも対応可能です。

木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造のいずれも対応可能ですか?

対応可能です。木造と鉄筋コンクリート造の混構造でも対応可能です。

建物規模が大きくても対応可能ですか?

建物面積や階数と所在地によっては、対応不可の場合もございます。一度、お問合せフォームよりご確認ください。

インスペクション当日のこと

誰の立会いが必要ですか?売主の立会いは必要ですか?

(新築・完成物件の場合)

お客様(依頼者)のほかに、原則、売主、建築会社、不動産仲介業者のいずれかの立会いが必要です。契約後、引渡し前であれば、建築会社も立会いしていると指摘事項を直接お伝えすることができます。

(新築・建築中の場合)

お客様(依頼者)の立会いは必須ではございません。原則、建築会社の立会いが必要ですが、無理な場合はご相談ください。

(中古の場合)

お客様(依頼者)が買主の場合、売主、不動産仲介業者、管理会社のいずれかの立会いが必要です。

お客様(依頼者)が所有者の場合、お客様、不動産仲介業者、管理会社のいずれかの立会いが必要です。

アネストの調査中、ずっと立ち会う必要がありますか?

新築の場合は必須ではありませんが、指摘事項の伝達のため、検査時間の最後に30~60分程度は立会いをお願い致します。

中古の場合は入居者がいるため、調査開始時から完了までお立会い頂くことが原則となります。万一、立会い不可の場合、入居者への事前通知を十分に実施してください。

お問合せ・お申込み

申込する前に売主・不動産会社の承諾が必要ですか?

購入前にインスペクション(住宅診断)を利用する場合、インスペクションの申し込み前に売主や不動産会社の承諾を得ておいてください。

契約後でも実施可能ですか?

契約後でも対応可能です。

申し込みは何日前までにすればよいですか?

お申込みはご希望日に空きがございましたら、前日でも対応可能です。

申込方法を教えてください

専用のお申込みフォームよりお手続きください。

必要書類

必要書類を教えてください

必要書類は対応サービスによる異なるため、以下のページにてご確認ください。各ページの目次より必要書類をクリックしてください。

必要書類の送付方法を教えてください

書類をE-mailまたはLINEに添付してご送信ください。FAX、郵送でも結構です。

不動産会社がデータでお持ちのことが多いため、不動産会社等からPDFファイルで入手し、それを弊社へ転送して頂く方法をお勧め致します。

必要書類をいつまでに送ればよいですか?

遅くとも調査日の前日のお昼頃までに届くようにご送付ください。早めにご送付頂ければ幸いです。

調査の所要時間・開始時間

インスペクションの所要時間はどれぐらいかかりますか?

間取り・面積・質問量など、個別の物件の条件により非常に大きな差異がございますので、お問合せフォームよりご質問ください。

調査の開始時間に制限がありますか?

特に開始時間を制限しておりません。但し、既にご希望の日時が予約一杯の場合は、ご予約をお受けすることができませんので、日時調整をお願いすることもございます。

また、11月~2月は日が落ちるのが早いため、13時頃までの開始をお奨め致しております。さらに、3月中旬頃までは、14時頃までの開始をお奨め致しております。懐中電灯などを使用しても、昼間より視界が悪くなるため、この推奨時間を参考にしてください。

他社様のように季節に関係なく14時以降の調査を積極的に実施することで、自社の利益を最大化する方法もございますが、調査精度を犠牲にしてしまうことになるために上の時間を推奨致しております。

担当者のこと

診断の担当者は社員ですか?

弊社の社員または契約している一級建築士のいずれかが担当となります。

診断の担当者は一級建築士ですか?

弊社では建物の診断は全て一級建築士が対応しております。当業界では、一級建築士以外のものが診断することも多いですが、弊社は必ず一級建築士が担当しておりますので、ご安心ください。

担当者によって対応にばらつきがないでしょうか?

経験や実績、コミュニケーション力などの能力を確認して採用しており、その上で現場研修も行っておりますので、大きなばらつきはございません。

ただ、ご心配でございましたら、弊社HPのプロフィール欄(ホームインスペクター一覧)をご覧頂いてご指名頂くことも可能です。但し、地域によっては担当外ということもございますので、ご了承ください。

多くの専門家のプロフィールが公開されていますが、担当者を指名できますか?

担当者のご指名は可能です。但し、担当者によって対応エリアが異なりますので、指名できない場合もございます。また、担当者によって得意分野・不得意分野がございますので、不得意分野の担当者をご指名いただいた場合は、弊社からその旨をご説明の上、別の担当者を提案させて頂くこともございます。

担当者が一級建築士の資格を持っていることを確認できますか?

現地でお会いした際に資格証をお見せ致します。

その他

賃借人が居住中ですが、調査できますか?

賃借人が居住中の室内は、原則として調査することができません。外部・共用部は調査することが可能です(所有者・管理会社等の立会いが必要)。

売主が調査を拒否することはありますか?

ほとんどございませんが、稀に拒否されることがございます。ただ、売主ではなく不動産仲介業者が勝手に「売主が拒否している」と話している事例もあり、事実はわかりづらいです。不動産仲介業者は、できれば住宅診断(ホームインスペクション)をせずに買って欲しいと考えている人も少なくありません。

また、一般的には拒否されることはございませんので、拒否される場合には何らかの事情、問題がある可能性も考えられます。拒否された事実も合わせて購入判断されるとよいでしょう。

購入前に調査する場合、売主側へ補修を求めることができますか?

新築アパートの場合、購入前のインスペクションで見つかった不具合は売主に補修を約束してもらってから購入するようにしてください。

中古アパートでは、多くの場合は現状の状態のままで取引することが多いです。住宅診断の結果は、購入判断の参考にするためです。ただし、売主と交渉して売主負担により補修対応して頂くケースもあるため、状況に応じて交渉するのもよいでしょう。しかし、弊社で交渉のサポートはしておりません。

購入前のインスペクションを依頼する方は多いですか?

2003年に弊社が創業した頃は多くはございませんでしたが、最近では大変多くの方にご利用頂くようになりました。