第三者の一級建築士による住宅購入・建築サポート第三者の一級建築士による住宅購入・建築サポート

住宅診断(ホームインスペクション)年間2000件超えの実績住宅診断(ホームインスペクション)年間2000件超えの実績


HOME >> マンション >> 内覧会立会い・同行(マンション) >> 内覧会同行のホントのトコロ

内覧会 同行の
ホントのトコロ

内覧会同行の意味、できること、業者の意義など、内覧会の真実を説明します。内覧会同行のことを誤解しない為に「本当のこと」を知っておいてください。
一級建築士による内覧会立会い・同行(マンション)はこちら


自分たちだけでチェックできるか?

内覧会のセルフチェック

「マンションの内覧会は本当に自分たちだけでチェックすることはできないのか?」

このように考える方は少なくありません。知人・友人から内覧会の話を聞いたり、インターネットで多くの情報を目にするうちに不安になった方もいます

内覧会の立会い・同行を行う業者のなかには、消費者の不安を実態以上に煽り、依頼を受注しようとするケースも見られます。弊社は「いたずらに消費者の不安を煽らない」というポリシーに則り、内覧会の本当のことを以下のようにお伝えします。


マンション内覧会のホントのトコロ

マンション内覧会

マンションの内覧会は、施工上の不具合をチェックする機会です。しかし、実際には内覧会時に発見されずに入居後に発見された不具合も、売主に補修してもらえることは非常に多いです(アフターサービスがあるからです)。

そのような内覧会のホントのトコロを挙げると以下のとおりです。

  • 不具合は、入居後でも対応できることが多い
  • 生活に影響を与えるような大きな不具合・問題事項は、それほど多くない
  • プロが動く以上は、それなりに大きな費用がかかる
  • 内覧会で発見されなくとも、再内覧会や入居後の定期点検もある

いかがでしょうか?専門家(業者)に依頼するかどうかの判断材料にしてください。ほかにも次のことを覚えておきましょう。

内覧会で「欠陥マンションかどうか見て欲しい」と言われることがあります。マンション内覧会は、主に専有部分の内側(表面的な部分)と共有部分の一部のみしか調査することができません。

建築物の構造部分に欠陥があるかどうかを判断するには、基礎・構造を検査する必要があります。でも、内覧会ではそれができないのです。マンションの致命的な欠陥が心配なのであれば、どんなに優れた専門家(業者)に内覧会への立会いを依頼しても、その点での安心は得られませんので、お気を付けください。

つまり、マンション内覧会で発見できることは、極論すれば、仮にそのままであっても住めないことはないものです。


内覧会同行のプロへの依頼は
100%無駄か?

それでは専門家に同行してもらうことは完全に無駄なことかと言えば、そうではありません。以下のようなメリットが考えられます。

  • 入居後に補修工事を行うのは面倒である(時間や労力を費やす)
  • プロがいる方が交渉し易い、判断がより正確である
  • 素人が気づかない点も指摘してもらえる
  • 売主側に誤魔化されない(指摘した時の売主側の「こんなものです」が本当か判断します)
  • 指摘して良いかどうかわからない点を判断・アドバイスしてもらえる

社長からの一言
こうして見ると専門家(業者)に同行してもらうメリットがあるのも確かです。「内覧会のホントのトコロ」と「プロに同行してもらうメリット」をよく比較して判断することが必要です。マンション内覧会に関しては全ての方が、依頼するべきだとは思いません。
スタッフからの一言
一戸建て住宅の場合は、構造部分の一部を確認できるため、できれば専門家(業者)に同行して頂くことを推奨いたします。



  • お問合わせ
  • お申込み
  • 0120346679
  • LINEでお問合せ
  • 会社概要

メディア出演・実績

メディア出演・実績

出版実績

出版実績
求人情報求人情報
株式会社アネストブレーントラスト
  • 0120-346-679
  • 営業時間
  • アフターサービスのご案内
  • お問い合わせ
  • お申し込み

ホームインスペクション(住宅診断)のアネスト

お問い合わせ・申し込み