中古一戸建て住宅診断の調査の流れ

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の流れと調査内容の一例をご説明いたします
建物診断の前の説明 現場で待ち合わせ後、調査の進め方や注意点などを説明させていただきます。

図面を見ながら、事前にチェックしてきたことで気になる点なども説明させていただきます。
外壁の調査 調査は、いきなり建物内部に入るのではなく、外周りから始めます。

敷地の境界位置を確認し、外構(門扉など)、基礎や外壁の状態などを確認していきます。
基礎の調査 基礎パッキンをチェックしているところです。住宅によっては換気口ですね。

調査担当者だけでなく、お客様にも見て頂いて説明させていただいております。調査内容と結果をよくご理解いただく為です。

換気状態、防虫網なども確認しています。
塀 左の写真をご覧ください。中古住宅の塀及び外壁です。
塀のアップ 塀に近寄ってよく見てみますと、
塀にひび割れ(クラック)があるのがわかりますね。
外壁のクラック さらに、同じ場所から塀の向こう側の外壁を見てみますと、外壁にも塀と同じようなひび割れがあるのがわかりました。

外壁と塀のひび割れがほぼ同じ位置にありました。これは、単に建物の劣化というわけではなく、地盤に問題があるという信号です(この物件の場合)。

中古住宅の建物調査は、このように様々な建物の症状を検証していきます。これは、あくまで建物調査の一例です。
畳下の調査 次に建物内部(室内)に入り調査を進めていきます。

床や壁の傾きを調べたり、設備の動作チェックをしたり、、、
調査項目は多岐にわたります。
左の写真は和室の畳下の状態を確認しているところです。
建具 建具の枠をチェックしているところです。
床下 床下の確認をしているところです。

基礎・土台の状況や配管の状況も確認できます。
懐中電灯が必須ですね。
床下の調査 お客様にも覗いていただき、状況を説明させていただきます。
防水状況 バルコニーの防水状況をチェックしています。

下記のようになっていると雨漏りの原因になります。

防水層の破断
図面確認 図面確認
調査結果を記載して用紙ですが、書き込まれたチェック内容で図面が真っ赤になっています。
説明 最後に、調査結果を説明させていただきます。

売主が居住中の場合は住宅の外部でお話することもございます。

調査報告書が、後日、届きます。
住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み

お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
建売住宅の購入相談・サポートの一覧
注文住宅の相談・サポートの一覧
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アネストの特徴
アフターサービス
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル