中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?

住宅購入・建築の基礎知識


HOME >> 住宅購入の基礎知識 >> 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?

中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?

Last Updated on 2021-9-16

アネストでは、中古一戸建て住宅を購入するときにご利用頂くサービスである「中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)」が人気で多くの方にご利用頂いております。

この中古住宅の診断を利用される方から、既存住宅瑕疵保険を付けるべきかどうか相談をお受けすることがあります。

既存住宅瑕疵保険を付けておけば、引渡し後に主要な構造部分や雨漏りに関する瑕疵が見つかった場合、補修費用に保険金が出ます。

売主が不動産業者である場合はその不動産業者が保険を付けなければならず、売主が一般個人の人ならばアネストが保険に加入しなければならないものです。買主が保険に加入するのではなく、不動産会社や検査会社が保険に加入するのですが、この点を誤解している人もいるようです。

買主は、保険に不動産業者か検査会社が保険に加入している中古住宅を購入し、不動産業者または検査会社に保証してもらうという仕組みになっています。ちょっとわかりづらいですね。

アネストが検査して保険に加入した物件を購入するときの仕組みは以下の図のようになります。

既存住宅瑕疵保険の仕組み

検査を受けて保険法人の基準に適合した物件であれば、アネストが保険に加入して買主に建物保証をすることになります。検査費用も保証料もかかります。

冒頭の「既存住宅瑕疵保険を付けるべきかどうか」についてですが、なかなか難しいところです。アネストの住宅診断(ホームインスペクション)には保証や保険は付いていませんので、保証や保険を希望する方であれば前向きに検討してほしいところです。

但し、保険加入を検討する上で知っておいた方がよいことがあります。それは、保険加入した物件で雨漏りが生じて保険を利用することはあっても、主要な構造部分の瑕疵の存在を理由に保険を利用するケースはほとんどありません。ちなみに、アネストが検査して保険に加入した物件では、この執筆時点では雨漏りも構造の瑕疵でも保険のお世話になった物件は1つもありません。

雨漏りはどうしても生じることがあるものですが、構造上の瑕疵は保険に加入しなくとも住宅診断(ホームインスペクション)で問題ある症状が確認されなければ、そう問題となることはないということを保険の実績が示しているとも言えます。

主要な構造部の瑕疵と雨漏りが保険の対象ではありますが、雨漏り被害にあったときのために入る印象の強いものです。

ちなみに、保険加入のための基準は厳しく、不適合となる物件が多いため、希望しても保険に加入できないことも多いです。

既存住宅瑕疵保険への加入を積極的に検討する方は、保険をつけたいという目的ではなく別の目的で希望する方が多いです。その目的とは、住宅ローン控除、登録免許税の減税といった税金面でのメリットを得ることです。

非耐火構造(木造)で築20年(耐火構造の場合は築25年)を超える中古住宅を購入して、住宅ローン控除等を受けるには、耐震基準に適合しているか、既存住宅瑕疵保険に加入する必要があり、この築年数に該当する人にとっては減税メリットを得るために大事なものとなっています。

詳しくは、以下をご覧ください。

中古住宅の購入で後悔しないために

Tags:

アネスト
会社概要
お問い合わせ


住宅購入の基礎知識

ホームインスペクション(住宅診断)対応エリア

  • お問い合わせ
  • お申し込み
  • 会社概要
メディア出演・実績
メディア出演・実績
出版実績
出版実績
求人情報求人情報
株式会社アネストブレーントラスト
  • 0120-346-679
  • 営業時間
  • アフターサービスのご案内
  • お問い合わせ
  • お申し込み
ホームインスペクション(住宅診断)株式会社アネストブレーントラスト
お問合せ・申し込み