既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を

住宅購入・建築の基礎知識


HOME >> 住宅購入の基礎知識 >> 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を

既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を

Last Updated on 2021-9-16

中古物件を購入するときに第三者の住宅診断(ホームインスペクション)を利用することが多いですが、住宅診断(ホームインスペクション)ではなく、もしくはこれと共に既存住宅瑕疵保険を利用することもできます。

既存住宅瑕疵保険とは、建物の主要構造部が基本耐力性能を満たさない場合や雨漏りした場合に、保険金で補修費用や調査費用などを賄うことができるものです。但し、全ての中古物件が対象となるわけではなく、保険をかけるためには建物の診断を行って基準に適合している物件であることを確認しなければなりません。

この既存住宅瑕疵保険は、売主によって取扱いが異なり、「売主が不動産会社(宅建業者)である場合」と「売主が宅建業者以外である場合」にわけられます。不動産業者が中古住宅を仕入れ(下取り・買取り)して、再販する場合は前者に該当するのですが、その場合には売主である不動産業者が保険への加入手続きを行います。

多くの中古物件は売主が一般個人ですが、その場合は後者に該当し、アネストなどの検査機関に保証してもらって、その保証に保険がつくような仕組みになっています。検査機関が倒産したとしても保険金がおりるために安心感につながります。この後者のケースの場合、保険の依頼は売主でも買主でも可能ですが、多くの場合は買主が依頼しています。買主が安心感をプラスするために利用しているのです。

ただ、注意しなければいけないのは、保険の対象範囲が主要構造部の瑕疵や雨漏りに限定される点です(給排水管等のオプションも可)。建物の不具合は、この保険対象範囲以外にも多く現れるものですから、保険に頼るだけではなく、一緒に第三者の住宅診断(ホームインスペクション)を利用しておくことが大事です。

住宅診断会社による住宅診断(ホームインスペクション)のオプションとして、既存住宅瑕疵保険付きの建物保証サービスがあるので、これが買主にとってよい選択肢となるでしょう。

中古住宅の購入で後悔しないために

Tags:

アネスト
会社概要
お問い合わせ


住宅購入の基礎知識

ホームインスペクション(住宅診断)対応エリア

  • お問い合わせ
  • お申し込み
  • 会社概要
メディア出演・実績
メディア出演・実績
出版実績
出版実績
求人情報求人情報
株式会社アネストブレーントラスト
  • 0120-346-679
  • 営業時間
  • アフターサービスのご案内
  • お問い合わせ
  • お申し込み
ホームインスペクション(住宅診断)株式会社アネストブレーントラスト
お問合せ・申し込み