サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
住宅購入の流れ(中古一戸建ての場合)と注意点

 中古一戸建て住宅を購入する場合は、多くのケースにおいて不動産仲介業者による仲介(媒介)によって取引をすることになります。その理由は、中古物件の売主の多くは一般の方なので、自ら買主を探すことが困難なため、不動産仲介業者に売却の仲介を依頼しているからです。
 もちろん、買主も何ら宣伝等をしていない一般個人の売主を探すことは現実的ではありませんので、不動産仲介業者に購入の仲介を依頼することになります。
 以下が一般的な中古一戸建て住宅購入の流れです。
1.物件を探す
  ・新聞広告、インターネットの物件検索サイト等で物件情報を探して、不動産仲介業者に問い合わせる。
  ・新聞広告、インターネットの物件検索サイト等で物件情報を探して、オープンルームに行く。
  ・稀に不動産会社が売主の場合もある(不動産会社が一般個人から買取りリフォームして再販する場合等)。
  ・物件見学時は、売主が居住していても、遠慮しすぎずにしっかり室内外をチェックする。
  ※第三者に建物調査を依頼する(次の申し込み後に依頼するケースもある)
2.申し込みをする
  ・原則、先着順である。
  ・売買価格等の交渉結果によっては、次順位の購入希望者が購入することもありえる。
  ※第三者の専門家に売買契約書チェックを依頼する
3.売買契約を交わす
  ・手付金を契約時に支払う。
4.住宅ローンを申し込む
  ・契約後の早い時期に金融機関に住宅ローンを申し込む。
   通常、上記の審査にパスしない場合は解約となり、手付金は返金される。
5.代金の決済および引渡しを行う
6.引っ越す
 中古一戸建て住宅は、建物の劣化状態などを確認して、補修の必要な箇所の有無をしっかり確認しておきましょう。購入後に想定外の補修をすることになって予算オーバーになることもあります。既存の建物なので、全てを事前に把握することは難しいですが、できる限りの対処をしておくことが望ましいでしょう。
 マンションに比べると、当該土地や周辺との権利関係や複雑である可能性が高いです。道路の種類、権利などはしっかりチェックした方が良いでしょう。

  住宅購入の基礎知識のTOPへ  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心

■引渡し・引越し
 購入した住宅の引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化