サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 一戸建て住宅の屋根裏調査のメリットと重大な指摘事例

一戸建て住宅の屋根裏調査のメリットと重大な指摘事例


Pocket

住宅を購入するとき、床下と並んで重要なスペースなのが屋根裏です。建物の最上階の上にある屋根裏に限らず下屋裏も重要なスペースです。ホームインスペクション(住宅診断)を利用する多くの人は、屋根裏調査を希望しています。

一戸建て住宅の屋根裏調査のメリットと重大な指摘事例

この屋根裏では、建物の主要構造部分を直接に目視確認できるところが魅力です。床下でも主要構造部を確認できますが、屋根裏もそうなのです。今回は屋根裏を調査することによるメリットと重大な指摘事例を紹介します。なお、床下については「一戸建て住宅の床下調査のメリットと重大な指摘事例」をご覧ください。

梁や小屋束など主要構造部分を直接確認できる

ホームインスペクション(住宅診断)の際に、屋根裏調査を行う最大のメリットは建物の主要構造部分の状態を確認できることです。屋根裏で確認できる主要構造部分とは、梁や小屋束などの木部とこれらを留める金物のことです。建物によっては筋交いを確認することも可能なことがあります。

主要構造部分の調査

柱などの構造部分の全てを目視確認できるわけではありませんが、これらのうちのいくつかを確認できる箇所があれば参考になりうると言えるでしょう。

必要な構造金物が無かったり緩んでいたりすれば耐震性に問題があることになりますし、木部が腐食しておれば耐久性にも問題が生じます。

屋根裏では断熱材の施工不良がよく見つかる

屋根裏で最も多い指摘事例は断熱材に関するものです。

断熱材がそもそも全くない住宅というものもあります。建築時が1970年代という古い時代の建物であれば、断熱材を使用していなかったことが多いためやむを得ないものですが、その中古住宅を購入するのであれば、断熱性能を上げるために設置を検討した方がよいでしょう。

1980年代以降の住宅でも断熱材が無いケースはありますが、その場合は評価を低く考えたくなりますね。

これより新しい住宅では断熱材が全くないことは少ないのですが、適切に設置されていないことは非常に多いです。新築住宅でも乱雑に設置されていて隙間だらけになっている物件を数多く見てきました。また、劣化が進んでいて交換すべき状態ということもあります。

以下の写真は新築住宅で乱雑に置かれた断熱材です。

断熱材が乱雑

次の写真は、断熱材の隙間です。僅かな隙間に見えますが、このために断熱性能が下がってしまうのです。

断熱材の隙間

そして、次は中古住宅で断熱材がなく天井材が見えている状況です。よく見ると断熱材がある場所もありますね。施工する際に、必要な場所全てに設置しなかったようです。

断熱材がない

雨漏り痕が見つかる

状況次第では構造的な問題にも発展しうる指摘事例は、雨漏りです。ホームインスペクション(住宅診断)では雨漏りしているかどうかを確認するわけではなく、原則として雨漏り痕があるかどうかを確認する調査となります。

雨漏り痕が見つかったときに、今の時点でも継続して持っているのかどうかまでは判断できないことが多いですが、継続している可能性を考えておいた方がよいでしょう。

雨漏りは、屋根面の裏側(下側)にあたる野地板で確認されることが多いですが、母屋や垂木といった部材で確認されることもあります。ひどい雨漏りのときには梁や天井板の上面に水滴が垂れていることもあります。

結露

屋根裏調査で見つかることのある症状のなかで意外とやっかいなのは結露です。屋根裏の換気状態が悪い場合に、新築直後の住宅でも結露が確認されることがあります。換気が十分にとれず、ひどい結露が生じている物件が何度も確認されています。

以下は結露の写真です。野地板(上の板)に染みが広がっていますね。

結露

施工ミスによって換気不足になっているケースもありますが、設計上の問題であるケースも少なくありません。

早めに見つかったときには新たな換気口を設けるなどの対処をしてその後のリスクを抑えることができますが、発見が遅れて屋根裏の結露がひどくなりすぎているときには、いろいろな部材が腐食していることもあり、その交換工事が大変なこともあります。

居住しているときに、部屋の天井の染みを発見して雨漏りだと思っていたら結露だったという事例もいくつもあります。染みを発見したときには、雨漏りと決めつけず結露のことも考えた方がよいでしょう。

Pocket


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点