サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> 事例(11)新築一戸建て(木造在来工法)の住宅診断(ホームインスペクション)

事例(11)新築一戸建て(木造在来工法)の住宅診断(ホームインスペクション)


Pocket

アネストで実施したホームインスペクション(住宅診断)の事例のご紹介の第11弾です。今回の対象物件は、木造在来工法の新築一戸建ての完成物件です。在来工法とは、軸組工法と呼ばれるもので、柱や梁で主要な構造部分を構成する日本で昔からある最もポピュラーなものです。

事例(11)新築一戸建て(木造在来工法)の住宅診断(ホームインスペクション)

今回の住宅診断(ホームインスペクション)では、ご依頼者様がオプションサービスである床下の詳細調査と屋根裏の詳細調査もご希望でしたので、実施しております。

外構部分のインスペクション

外構部分のインスペクションは対応していない会社が多いですが、アネストでは目視確認しております。外構も施工不具合などがあれば補修等の対応を求めたいのは同じですよね。

フェンスや敷地境界から玄関までのアプローチ部分、カースペースの仕上げ状況などを確認した結果、特に問題はありませんでした。ただ、隣地との境界プレートが無く、設置を要望することになりました。

境界プレートは新築工事の途中で地中に埋まってしまったり、取り外されて戻されなかったりと完成時点で見えなくなっていることは多いです。引渡しを受けて、何年も経過してから境界があやふやになってしまう前に、購入段階で売主に対応を求めておいた方がよいです。

建物外部(外壁・基礎・軒など)のインスペクション

基礎のひび割れ(クラック)、ジャンカなどの問題はなく、外壁サイディングの割れや仕上げ材の問題、継ぎ目のコーキングなどの問題もなく、良い施工状態でした。

外壁や基礎を貫通する開口部の周りのコーキングも丁寧で安心できるものでした。

建物外部である外壁、基礎、軒には全く指摘が無く、良い施工で安心できます。

建物内部(各居室・廊下・階段など)のインスペクション

リビングや寝室などにおいて、床や壁の傾きを計測していきますが、許容範囲の数値であり、指摘はありません。キッチンや洗面台、トイレなどの水周り設備の動作状況も問題なく、扉・サッシなどの建具の動作チェックも問題なくクリアです。

細かな傷や汚れがあるものの、買主が気になる点は補修をお願いすることとなり、大きな指摘が無く調査が進んでいきます。

屋根裏・天井裏のインスペクション

2階建ての建物であったため、2階の上(屋根裏)や浴室の天井裏をそれぞれの点検口から確認していきます。屋根裏はオプションのご希望があったため、担当の一級建築士が点検口から屋根裏へ上がり、安全に移動できる範囲において確認作業を進めていきます。

梁などの構造材、構造金物などの施工品質はよく、安心できるものです。野地板に雨漏りの痕もありません。

屋根裏の断熱材

上は浴室の天井点検口から調査した時の様子です。ここまで大きな指摘もなく順調な調査であったのですが、ここで断熱材に関する指摘が出ました。

写真で、断熱材が垂れ下がるようになっているのがわかるでしょうか。これにより、隙間が出てしまい本来の断熱性能を発揮できない状況になっていますので、補修対応が必要です。幸い、簡単に補修できる箇所でした。

床下のインスペクション

床下もオプションを希望されていましたので、担当者が点検口から潜っていき、奥まで調査していきます。

建物外部から見た基礎に問題は見つかりませんでしたが、床下側からも基礎の状態はよく指摘はありません。他にも、土台や大引きといった構造部構造金物などを見ていき、さらに床下配管も確認しましたが、施工は良いものです。

床下の断熱材の施工忘れ

ただ、床下でも断熱施工に関して指摘がありました。1階の収納スペースの真下部分において断熱材の施工漏れがあったのです(上の写真)。

今回の新築の住宅診断(ホームインスペクション)では、非常に施工品質の良いものでしたが、床下も屋根裏も断熱材の施工に問題が見つかりました。断熱材に関する指摘は非常に多いですが、いずれも容易に対応できる場所であったため、安心して購入できますね。

Pocket


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点