サイトトップ >> 住宅購入の基礎知識 >> ホームインスペクターは建築士であるべき

ホームインスペクターは建築士であるべき


Pocket

2000年代前半から徐々に普及してきたホームインスペクション(住宅診断)は、今では大変多くの人に利用されていますが、普及に伴って1つの問題が顕在化してきました。それは、ホームインスペクション(住宅診断)を実施する人(ホームインスペクター等と呼ばれる)の質の問題です。

ホームインスペクターは建築士であるべき

今回は、ホームインスペクターの人的な問題点とどういった人がホームインスペクターにふさわしいのか、まとめてみました。前提として、コミュニケーション能力に優れた人というものがありますが、今回の話の中ではこの点は当然のこととして触れず、知識や経験、技能という点についてまとめています。

ホームインスペクション(住宅診断)の実施者に法的制限はない

建物の劣化具合や施工不良の調査を行うホームインスペクション(住宅診断)といえば、建築系の専門的な知識や経験が必要であろうと誰もが想像できることですね。専門家であるべきにも関わらず、意外と実施者に資格等の制限がないということをご存知でしょうか。

実施者をホームインスペクター、住宅検査員と呼ぶ

ホームインスペクション(住宅診断)を行う人のことを最近ではホームインスペクターと呼ぶことが増えています。他にも住宅検査員や住宅診断士などの呼称が使われることもあります。

アネストでは、特にホームインスペクター等の呼称を使用しているわけではないですが、これらは民間団体・会社などが使用している呼称や資格として存在しています。

資格の制限がなく誰でもホームインスペクション(住宅診断)をできる

ホームインスペクション(住宅診断)は、2000年代になって日本でも普及し始めるようになり、その後、多くの人が利用する状況になってきましたが、当初は国や自治体が利用促進したものではなく、民間企業が独自の考えで始めたものです。

特に法的な拘束があるわけではないため、特定の資格を保有している必要などはなく、誰でもホームインスペクション(住宅診断)業務を始めることはできます。

知識・経験が無くてもできるという怖さ

誰でもできると聞けば、なかなか怖い話のように思われるかもしれませんが、さすがに建築関連の知識や経験が全くないまま業務をされている人はいないでしょう。現場ですぐにわかってしまいます。但し、知識や経験が十分でないにも関わらず、業務をされている人はいます。

ホームインスペクション(住宅診断)を依頼する人は、建築関連の専門家ではありませんから、担当者の知識・経験が不足していたとしても、なかなか気付きづらいものです。これを狙ってどうかどうかわかりませんが、知識・経験が不足した自称専門家もいることを理解して警戒しておく必要はあります。

誰がホームインスペクターにふさわしいか

次にホームインスペクターにふさわしい人とは、どういった人であるか考えてみましょう。この分野の専門家となり得るのはどのような人物でしょうか。

必要な知識や経験とは?

ホームインスペクション(住宅診断)を適切にこなせる人に必要な知識や経験をもっている人が良いのは言うまでもありませんね。その知識とは、建築基準法等の関連法規、新築や増改築(リフォーム等)の施工技術、新築や増改築の設計・工事監理、現場管理、そして、これらに関する現場の実情に関することです。

机上で学んだことだけでは、インスペクションをするために必要な知識や経験を得ることは絶対にできません。

法規に関することは机上で多くを学ぶことができますが、実際の確認申請業務などを通して経験できる実情もあります。施工技術も実際に現場で多く見たり聞いたりしなければなりません。設計や工事監理なども同様です。

そして、一般的な考え方ならば、「こうすべきだ」「こうあるべきだ」ということでも、建築業界の現場の実情がどうであるかを知っておくことでアドバイスできることなどもあります。現場経験が不足する人では、実情を考慮したアドバイスをできず、トラブルをただ大きくしてしまうだけのことも多いでしょう。

建築士の資格があるからできる業務経験が活きる

上で挙げた知識や経験というものを得られる資格が建築士です。設計や工事監理を責任ある立場で行うためには、建築士資格がないとできません。建築確認申請もそうです。

建築士資格があるからこそできる業務経験が、ホームインスペクション(住宅診断)をしたときに見つかった症状・問題点などに関して、その現場の背景や理由などを予測するときに活きることは多く、これによる見解やアドバイスを受けられることは、依頼者にとって大きなメリットになります。

民間資格は乱立していて信頼度が不足がち

建築士は国家資格ですが、関連ありそうな民間資格は多数あり乱立している状況です。建築・不動産業界におけるインスペクションブームとでもいうべき状況ですが、資格取得は難しいものではなく、また資格試験でもホームインスペクション(住宅診断)の技術的に必要な知識・経験以外の比重を高めることで、必要な知識・経験の不足する営業系の人でも容易に取得できることもあります。

ホームインスペクターは建築士であるべき

建物を診断するホームインスペクターは、最低限の資格として建築士を持っているべきだと言えます。法的には保有していなくとも実施できますが、適切に業務を遂行するためには、必要な資格です。

ちなみに、建築士にも一級建築士・二級建築士・木造建築士という種類がありますが、木造住宅のインスペクションに必要な知識・経験は二級建築士や木造建築士でも基本的には得られます。

ホームインスペクション(住宅診断)を依頼するときは、建築士資格を持っていることを最低条件として、経験も考慮して選ぶとよいでしょう。アネストでは最上位と言える一級建築士である者で、且つ必要な経験を積んでいる者のみを採用し、現場研修も行った上で業務を担当しています。

【 関連サービス 】

Pocket


アネストHOME 会社案内 お問合せ

  住宅購入の基礎知識のカテゴリー一覧  

■全般
 住宅購入の流れ(建売住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古一戸建て住宅の場合)と注意点
 住宅購入の流れ(新築マンションの場合)と注意点
 住宅購入の流れ(中古マンションの場合)と注意点
 住宅購入に関する売主の瑕疵担保責任

■物件探し
 住宅選びと点検口

■申込・契約
 住宅購入の申し込みと注意点
 住宅購入の売買契約と注意点
 契約前の注意点(設計図書の要求と受領)
 購入前に価格交渉しやすい住宅の条件(住宅の値下げ)

■契約後・引渡し前
 火災保険の相談にご用心
 新築住宅の引渡しの流れと注意点(建売住宅編)

■引渡し・引越し
 購入した住宅の立会い時や引渡し前のチェックリスト
 新築住宅の引渡し前の注意点(内覧会と引渡し)
 新築住宅の引渡し後、入居後(引越し後)の不具合への対応方法と流れ、注意点

■引渡し後・居住中
 住宅の10年保証と10年点検(定期的な点検とメンテナンス)
 自宅を賃貸するメリット・デメリットと住宅診断(ホームインスペクション)

■新築一戸建て住宅を購入する方へ
 住宅の工事(施工)監理者がいない!(監理・監督と住宅検査)
 大手ハウスメーカーなら安心か?
 認定工法だから安心か?
 工業化されたから安心か?
 デザイナーズ住宅は大丈夫?
 低価格住宅(ローコスト住宅)は大丈夫か?
 様々な住宅検査制度の問題点
 建売住宅(建て売り)と住宅検査(住宅診断)
 契約前の注意点(建て売り住宅の第三者検査の許可)
 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ
 不動産業者が言う「新築住宅の住宅診断は不要」は本当か?
 パワービルダーの建売を買うならホームインスペクション(住宅診断)
 建売住宅に欠陥が多いのは本当か?
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(1)
 建築確認や瑕疵保険の住宅検査で安心できるか?(2)
 建築会社が工事と監理をするデメリット
 建築中の住宅検査(ホームインスペクション)で隠れる前に見るべき4つのポイント

■中古一戸建て住宅の購入の注意点
 遠慮は禁物!物件はゆっくり見る
 既存住宅瑕疵保険を利用した中古物件の購入で安心感を
 中古住宅選びは築年数と建物状態の比較検討が大事
 リノベーション済み中古住宅を購入するときの注意点
 中古住宅の寿命と資産価値
 中古住宅購入時のホームインスペクションはスピードが大事
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)に既存住宅瑕疵保険も?
 中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)と仲介業者の斡旋

■住宅購入時の建物のチェックポイント・チェックリスト
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)建物外部編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)床下・屋根裏編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)玄関・居室等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)台所・洗面等編
 住宅診断のチェックリスト(新築・中古)和室・設備編

■その他
 住宅の第三者検査
 住宅・不動産業界の知人のアドバイス
 打ち合わせ記録(約束事項は記録しよう!)
 住宅の個人間直接取引(売買)
 既存住宅のホームインスペクション(住宅診断)が一般化
 ホームインスペクション(住宅診断)を利用する時の注意点