サイトトップ >> 第三者の一戸建て住宅検査・診断等の一覧 >> 別荘(ログハウス等)の建物調査

別荘(ログハウス等)の建物調査

第三者の一級建築士が別荘(ログハウス等)の購入前後などに行う建物調査(診断)です。建物の瑕疵・劣化状態を調査し、購入判断やメンテナンスの参考にして頂くためのサービスで、ホームインスペクション(住宅診断)とも呼ばれています。
ログハウスの建物調査
サービスのメリット
  • 一般消費者に代わって、専門家の視点でチェックしてくれる
  • 入居後の想定外の補修費用の発生を可能な限り抑えられる
  • 早期に補修が必要な箇所がわかる
  • 一級建築士のチェックのおかげで入居後、安心して使用できる

対象の別荘・セカンドハウス(ログハウス等)
  • 新築・中古でも建物調査に対応
  • 購入前でも購入後(使用中)でも建物調査に対応
  • 木造・ログハウス・鉄骨造に対応
  • 那須高原・河口湖・伊豆・白浜などほぼ全国の別荘が対象(但しエリアによっては出張料が必要)

別荘の建物調査の調査範囲

別荘の建物調査
畳下の調査
玄関タイルの調査
    【屋外部分】
  • 基礎、外壁、軒裏、雨樋、バルコニーが調査対象となります。
  • 屋根へは上らないため、屋根については地上やバルコニーから目視できる範囲における確認となります。
  • 建物外部の調査範囲は、地上・バルコニーから目視確認できる範囲が対象です(足場や梯子を使用致しません)。
  • 外構はオプション対応ですが、現在は無料キャンペーン中のため、診断時に外構部分が存在する場合に限り自動的に調査対象となります。

    【屋内部分】
  • 各スペース(居室・リビング・洗面室等の全て)の床・壁・天井・建具、床下、屋根裏が調査対象となります。
  • 基本サービスでは、床下及び屋根裏は点検口からのぞいて目視できる範囲が対象です(点検口が無い場合は対象外)。床下、屋根裏の内部へ進入調査をご希望の場合はオプションをご利用ください。
  • 家具・電化製品・その他荷物等がある場合、弊社で移動させませんので、診断時の現状のままで確認できる範囲が対象となります。

    【設備】
  • 診断時に水道・電気が使用できる場合、確認可能な範囲で設備も調査対象となります。使用できない場合、その関連項目は対象外となります。
  • ガス設備は調査対象外です。

※上記範囲でも診断時に確認できない箇所は対象外となります。
※上記範囲でも診断時に撤去済または未完成の箇所は対象外となります。
※売主又は居住者等が確認を拒否する箇所がある場合、その箇所は対象外となります。
↑ 屋外(建物外部)、床下、屋根裏、屋内における具体的な調査項目の一覧 ↑
建物調査の範囲は、目視可能な範囲です。床下は点検口や床下収納庫など
から目視可能な範囲、屋根裏も点検できる箇所から目視可能な範囲です。
もちろん、建物の外周りや設備、壁・柱の傾きなどもチェックします。
那須高原、河口湖・山中湖、軽井沢、蓼科、伊豆・熱海、白浜、琵琶湖など
全国の別荘地の別荘・セカンドハウス(ログハウス等)が対象です。

詳細報告書と標準報告書からいずれか1つを選択できる

調査報告書は、詳細報告書と標準報告書の2種類から選択可能です(詳細報告書は+8,000円税別)。ページ数は平均的な間取り・規模であれば、詳細報告書なら35〜45ページ程度、標準報告書なら20〜25ページ程度です。いずれの報告書を選択されても全く同じ項目を調査しており、掲載する項目数も同じです。異なるのは、以下の点です。
  • 詳細報告書 : 写真・総評・補足コメントが記載・掲載される ・ 郵送及びPDFをメール送信
  • 標準報告書 : 写真・総評・補足コメントが記載・掲載されない ・ PDFをメール送信のみ

□詳細報告書
基本的には詳細報告書を推奨致します。購入判断やリフォーム・メンテナンスの参考とするため、また大事な記録として残すために写真と総評が記載・掲載されている方が便利だからです。

□標準報告書
例えば、以下のようなケースでは標準報告書を選択してコスト負担を抑えるのもよいでしょう。

  • 購入判断のために依頼したものの、診断を進める中で購入意思がなくなったとき。
  • 診断を進める中で指摘箇所が少なく、詳細報告書がなくとも十分に理解できるとき。

詳細報告書とするべきか、標準報告書とするべきか最終判断するのは、診断の当日で構いません。診断を終えたときに、その場で診断担当者にいずれの報告書を選択するかお伝えください。

別荘の建物調査サービスの報告書のサンプル

レポート(報告書) 標準報告書サンプル 詳細報告書サンプル

別荘の建物調査サービスのオプション

■床下の詳細調査、屋根裏の詳細調査
  • オプション利用が無い場合の床下および屋根裏の調査は、点検口などの確認できる箇所から覗いて目視できる範囲が調査範囲となりますが、この「床下の詳細調査」「屋根裏の詳細調査」は床下や屋根裏に入って移動できる範囲で目視調査を行います。
  • 但し、点検口等の入り口が無い場合や入口があってもスペースの関係で検査担当者が進入して移動できない場合には対応致しかねます。
  • 床下と屋根裏の詳細調査のご利用率は58.6%です。
  • 詳しくは床下及び屋根裏の詳細調査をご覧ください。
アネストの特長
指摘事例

別荘の建物調査サービスの代金等

■代金
基本料金(標準報告書) 55,000円(税別)
詳細報告書(オプション) 8,000円(税別)
床下の詳細調査(オプション) 30,000円(税別)
屋根裏の詳細調査(オプション) 25,000円(税別)
外構調査(オプション) 無料キャンペーン中 3,000円(税別)
境界確認 無料
越境確認 無料
地盤調査報告書の確認 無料
※外構調査はオプションですが、無料キャンペーン中のため、診断時に外構部分が存在する場合に限り自動的に調査対象となります
北海道・東北・北陸・中国・四国・九州は料金が異なります

■追加料金
エリア及び建物面積(150平米超)によっては追加料金が生じます。お見積りはこちら

■支払い方法等
支払時期:後払い(詳細は支払方法・支払時期・キャンセル料について

■必要書類
必要書類の一覧(ココを右クリックして「対象をファイルに保存」
※但し、中古物件は間取り図程度の資料のみであることが多いです(調査対応可能)。

■申込日
空き状況にもよりますが、前日のお申し込みでも対応可能です。但し、ご予約が一杯の場合はお断りさせて頂く場合がございますので、お早めにお申し込みください。

別荘の建物調査サービスの対応エリア

申し込み方法とサービスの流れ

1. お客様にて、以下をご確認ください。
1. 以下の2点を確認する。
 ・売主が居住中の場合は室内を見学できる日時
 ・不動産会社が立会い可能な日時
2. どのような図面が用意可能であるか確認する。
2. 上記1の確認後にお客様の調査希望日時を決める。
□当社へお電話かお問い合わせフォームより、お客様の希望日に調査可能かどうか
 お問合せください。( フリーダイヤル 0120-346-679 )
3. お申し込み
お申し込みフォームからのお申し込みはこちら
□お電話でのお申し込みはこちら 0120-346-679
4. 弊社より「受付メール」を送信
5. お客様より当社へ必要書類を送付
6. 担当者よりお客様へ連絡(待ち合わせ場所・時間の確認のため)
7. 調査日に現地にて建物調査を実施  ※調査後、10日以内に代金のお支払い
□現地にて建物調査を行います。この際、調査結果について口頭で丁寧にご説明致します。
 調査時間は物件により異なりますが、2時間程度だとお考えください。
□土地調査もご利用の場合、原則、事前に役所等の調査を実施します。
8. 別荘(ログハウス等)の建物調査の報告書を送付
調査日から2日程度で報告書を作成し発送いたします。建物調査日当日に口頭で
ご説明いたしますので、お急ぎの場合は、購入判断にお役立てください。
9. 質疑応答
10. アフターサービス
□入居前後や入居後などにご不明な点がございましたら、ご相談ください。
アフターサービスのご案内はこちら

住宅診断・検査のお問合せ
住宅診断・検査のお申込み

お問合せ
お申込み
フリーダイヤル
会社案内
建売住宅の購入相談・サポートの一覧
注文住宅の相談・サポートの一覧
一級建築士・事務スタッフの募集・求人
お客様の声
住宅検査の現場レポート
専門家プロフィール
メディア出演・実績
出演実績
出版実績
出版実績
住宅購入の基礎知識
アネストの特徴
お問合せ
お申込み
フリーダイヤル